そんなで昨日は、安定した大企業に入社できる下地を作ってあげられなかった自分を責めた。 といっても、今振り返っても、それは無理だったろうと思う。今人生をやり直したとしても(そしてブログがなかったとしても)たぶんわたしの性格と価値観では無理だか[…]

2月に就活スーツの色について書いた。 末次郎の就活が終わらない。 少し前の自分だったら、まだ8月なのだから当たり前では? と思ったところだが、調べると、大方の大学生は8月には内定が取れて就職先が決まっているものらしいのだ。(参照:就職活動と[…]

わたしのgoogle+、まったくもって更新が進まない。かろうじてan naka – +1 – Google+だけは細々と追加しているけれど、それとても、重苦しい気分になるばかりなので、読むのが追いつかない。 とてもじ[…]

2002年から2008年まで政府の経済政策の中心にいた大田弘子・元経済財政担当相のインタビューを表にしてみた。
なんで表にするのかというと、その方が分かりやすいからだ。
このような立場の人の話は、親身に聞くような性格のものではないし、開陳する内容も、言えることだけを言い、伏せたい情報は伏せ、自身に都合の悪い話しもしてないはずだ。だからその分は差し引きつつも、この人の立場だからこそ言ってることがソースになると考えた。

といっても、最後の方はダラダラ長くなってしまって表にした意味が薄くなった

→続きはタイトルクリック

この下にあった表を別のページに移した(16日)   前回、毎日新聞の「失われた20年インタビュー」から「就職氷河期とコレカラ」へ情報を付け足した。 インタビューされてたのは、小泉政権時代(2001~2006年)と、つづく第一次安倍[…]

就職氷河期とコレカラの、省略していた2025年~2045年の20年間をちゃんと下に付け足しました。 さらに1997年の欄に、専門家の説明(失われた20年インタビュー-毎日新聞)から情報を付け足しました。 長期的な時間軸を眺めていると、なんと[…]