Skip to content

月別: 2015年9月

自民党一党独裁時代を終わらせるためには?それを考える前に、自民党最強伝説がうまれた理由

記事の分類:政治系

halloween_002

この前、『橋本治という立ち止まり方』についてupしたけど、ひきつづき読んだら「なる・・・・」と妙に納得した事が書いてあったので紹介する。
先に要約すると、アジアの他国(特に韓国)とのパイプを持っているのは自民党だけなんだ、だからいつまでも与党であり続ける。

p.131

「戦前」の中に「戦後」はない

 日本の「戦後」というものを考えて、私にとっては不思議だったのが、どうして戦後の日本には「戦前」と手を切った新しい政治家が生まれなかったのかということだった。
 1945年8月15日の終戦を契機として、日本は革命的な変化を遂げる。その変化を実行するのは日本にやって来たアメリカの占領軍で、日本人はその指示の範囲内で「変革」を実践して行く。当然、それ以前の「軍国主義日本」を動かしていた人間達は公職追放ということになるのだけれども、アメリカ占領軍が日本から撤退して行く段階で、この人達の追放は解除になる。
 一度公職から追放され、これが解除されて復帰した人達の中には、戦後日本をリードして行った鳩山一郎、岸信介という二人の総理大臣もいる。ついでに言ってしまえば、市川房枝も公職追放解除組ではあったけれど。私は昔から、この「公職追放→解除→現役復帰」が当たり前であった「戦後」というもののメンタリティがよく分からなかった。一方では、軍国主義から民主主義への革命的な変化がある。しかし他方では、相変わらず「戦前」以来の地続き的な「そのまま」もある。「公職追放」というものは、軍国主義日本のあり方を担った人達の「一時謹慎処分」のようなもので、「一応反省したから、もうなにかを問われることはないということなのか?」などと思った。
 (中略)「新しい時代になっても新しい時代を担う人材が生まれないから、古い時代の人がそのまま時代を担うということのなっていたのか」という理解の仕方をしたからだ。
 現実社会では経験がものを言う。いくら新しい理論が登場したって、それがそのまま現実社会に適応出来るわけはない。国家主導で強引な変革が実現できる国ならともかく、戦後の日本はそうではない。理論と現実の間では、さまざまな妥協が必要になって、そお妥協を実現させる主体は、現実での中で生きて、「経験」を体現している人達だ。
(中略)
 なんでこんなことを考えたのかと言えば、NHKのテレビで「日韓関係」をテーマにするシリーズものをやっていた、(中略)

 韓国をはじめとするかつての日本の植民地だったアジア諸国との戦後に於ける国交回復は、公職追放解除組につらなるような人脈の人達によって達成された。そして、戦後に新しく独立したアジアの国々のリーダーは、なんらかの形で日本の影響を受けている。日韓国交正常化の一方の主役だった時の韓国大統領朴正煕(パクチョンヒ)は、戦前に日本の軍人教育を受けている。彼の中には、日本に対するアンビバレントな感情があるんだろう。しかし、彼が日韓国交正常化のパイプ役として求めた相手は、公職追放から総理大臣になり、六十年安保の改定後にその座を退いていた岸信介だった。
 東条英機内閣の商工大臣だった岸信介は、その以前、満州国の産業部次長で、満州国の産業経済の中心ともいえるような存在だった。その満州国に朴正煕も「日本の軍人」としていた。朴正煕が「アジアのことが分かって、日本の政界に大きな影響力を持つ人物」として岸信介を考えるのは、不思議ではない。
(後略)

(以上、政権交代した2009年までは、という話しなんだけど)

それで思い出したのは、高麗神社近辺の自民党天下ぶりは凄かった。
その一方、嫌韓で反在日運動する人も自民党支持と思われるので、ややっこしいな


社会・経済 ブログランキングへ

再編って言ったって、うまくいくもんかなぁ?

記事の分類:政治系

野党再編、今年度中に選択肢=松野維新代表 | ガジェット通信

野党再編、今年度中に選択肢=松野維新代表

DATE:2015.09.28 19:44

維新の党の松野頼久代表は28日、札幌市内で講演し、野党再編に関して「(来年夏の)参院選で国民に選択してもらえる政治グループを今年度中につくりたい」と述べた。松野氏は年内の新党結成を標ぼうしているが、まずは民主党との統一会派結成などを優先し、共闘関係を強める意向を示した発言とみられる。

松野氏は「本当は一つの党にまでなれれば一番良いが、少なくとも野党が統一するグループまでは固まれると確信している」とも語った。

[時事通信社]

matunoyorihisaわたしは維新の党というものに興味がなかったため、この松野頼久という人の情報に接することも、今までなかった。

本当はあったのかもしれないが、記憶にない。

このまま、維新の党にも松野頼久にも興味がないまま一生を終えたい。
今までのわたしなら、その本音に正直に生きたと、思う。
が、なんとなく、松野氏の顔や風体がどうなのか確認してみることにした。
(写真)
思ったよりも若かった。悪人には見えない。覇気にかける印象。

何はともあれ、投票とは、立候補者に対して行うものである以上、立候補してもいない人物に「スキだから」とか「政治を動かしてほしいから」と勝手に一票を投じるわけにはいかない。と、いうことは、立候補している人をスキでもキライでも注目しなくてはならないのだ。

・・・と考えると、再編が迫られているのは、野党ばかりではなく、こっちもそうなのかもなぁ・・・

さっき、こういうのも見かけた。
↓↓↓↓

共産党の志位さんが、まるで90年代のロックバンド亞無亞危異(アナーキー)を彷彿とさせるビジュアルではじけている。これ見て、ぶっと吹き出したなんてもんじゃないくらい驚いた当方だ。

連立前提の協力に慎重 民主、共産と党首会談:朝日新聞デジタル

↑さらに志位さんが各野党へ、熱いラブコールを送りまくっている様子が一目で分かる図解入りの記事。

生活小沢氏が共産党との連立政権構想に前向き – 社会 : 日刊スポーツ

↑対する小沢一郎さん、共産党とも共闘する気まんまんの、柔軟というか何も考えてなさげな姿勢。

個人的に頭が痛いのは、うちのかーさん(共産党支持)、小沢一郎大嫌いなことで。いったいこの展開をどう受け止めるのやら。

いやさ、今頃かーさんの頭も再編成・再構成・再組織されて、別人みたいになってるかも。


社会・経済 ブログランキングへ

今日の英単語

Reorganization:再編成、再組織、改組、改造

 

2ちゃんねるならぬ4chanというのが、アッチにはあるらしい`-`;

記事の分類:エンタメ

この前ガジェ痛みてたら、へ? と思う記事がパワープッシュされていた。

ひろゆき、英語圏巨大匿名掲示板4chan管理人になる。「ひろゆきのもと4chanで何が起こるのか早く見たくてしょうがない」と前管理人mootさん | ガジェット通信

2つの意味で驚いたね。

これが例の、4ちゃんねるだ
これがそれだ
  • アメリカになんで「巨大匿名掲示板」なんかある?! 自由の国なんだから、何でも実名で言えばいいじゃない!
  • 自由なアメリカ人のくせに匿名で言う(やる)ったら、相当に危険だ。そんなのの管理人になって平気なのか?

しかもその4chanってのを見にいったら、かなりしょぼい感じで、古くさいかんじ~~
でも人は(掲示板は)見かけで判断してはいけないと思い直し、中身を見ることにした。とりあえず、どこにするか? とざっと見回して、目に付いたのはHandsome Men。なになに、どんなハンサムメンよ? と思いつつクリックし・・・・・・・
うわわわわあわわ

いや、わたしもこの年でカマトト(死語)ぶってちゃいけないんだけど、Handsome MenはHandsome Menでも、顔じゃなくて下方がHandsomeだぜと言いたいらしい板だったのだったw

で、もう一回トップに戻ってよく見たら、Handsome Menは、Adult のカテゴリだったんで、一応「区別」は付けている様子だった。あと怖かったけどhentaiも見たら、これはほとんどが日本のエロ、というのかHマンガで、こんなの広まらなくてもいいんだけどなあって思ったけど、案外これでアメリカの性犯罪が減らないとも限らないから、イヤハヤ南友だ。(←永井豪のエロのなんて楽しくも素朴なこと!)

全体的に2ちゃんねるよりぜんぜん小規模な印象だった。ほんとうにそうか確認のために、何年ぶりかで2ちゃんねるにいってみた。

そしたらなんつうか、相当におかしい書き込みが多かった。以前はひどい混ぜっ返しが多くてイライラしたとはいえ、それなりに筋の通った書き込みが多かったのに、いったいどうした? 筋組も混ぜっ返し組もツイッターへ移動したのか。まるで今の2ちゃんねる、薄いキョウキが浴槽に渦巻いた公衆浴場みたいな案配になって皆で首まで浸かっているみたいなのだ・・・

それ見たら、がぜん4chanのがマシに見えてしまった・・・・・

(政治系とか日韓系の板を見てしまったからか)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日記・雑談 ブログランキングへ

「既に国会前では落選運動始まってた 」と政治家の写真が地面に…… 津田大介さんの画像つきツイートが話題に | ガジェット通信

記事の分類:民主主義

この数日間、何から何まで自民党の思い通りになる展開で、ほんとに厭になったし、気分も投げ遣りになった。

何が厭って、人から力をなくさせるもの、無力感を感じさせるもの、人からエネルギーを奪うものが一番罪だと思うわけですよ。

森羅万象、いろいろな出来事があるけれど、人からエネルギーを奪うって広い意味でテロだと思うし、一番許せない!!

のだけど、はっきりと非合法なことが起きているわけではないため――――憲法違反という非合法が起きているはずなのに、「解釈しだい」となってしまっている、とういうのも大きい――――許せない!!と思う気力すら奪われていく、この状況。

そういう事が続くと、人はすべてに無関心になって、自分でコントロールの利く範囲の、たとえば手帳術とか、たとえば片づけとか、そういうのばかりに熱中するようになる。

事実当方も、今が来年の手帳の出始めの時期でもあり・・・(この続きは余談過ぎるので後日へ)

☆..・。.☆・.。☆..・。.☆・.。

戦後70年間で、どうして自民党以外の政権を担える党が育たなかったか? と、せんないことをどうしても考えていたけど、答えが出ないので、気を取り直し
「そういえばガジェット通信を見るという義務wがあったな」
と思い出したので、見てみた。

☆..・。.☆・.。☆..・。.☆・.

9/19のガ通、政経部門とっぷ
9/19のガ通、政経部門とっぷ

「既に国会前では落選運動始まってた 」と政治家の写真が地面に…… 津田大介さんの画像つきツイートが話題に | ガジェット通信

出たー 津田大介 メディアアクティビスト41歳

また何かやらかしたのか?! と思ったら、デモ現場の路上にちらかって踏みつけられた議員の写真をツイッターにアップした模様。したら良心的な人から下品であるとの批判を受けた模様。でもってこの記事自体が下品を拡散しているという、ネットでよくある光景だった。

これが下品かどうかは、見る人によるんじゃないかな。わたしは全然下品だと思わなかった。実際の議員の顔にunkoでも投げたらさすがにそれは下品だ(それ以前に汚すぎる)からやめれ!と思うだろうけど。

こんなこと、これからイスラム国みたいなテロ集団と戦かって死人が出るかもしれないことを思うと、たいしたことじゃないと思う。

敵がいるから戦うんじゃなくて、戦う用意したら敵がじゃんじゃんわいてくると思えて、苦痛でならない。

イスラム国なんてアメリカのせいで中東のイスラム原理主義者が自爆テロばかりを、貧しくてそれしか抵抗手段がないからやり続けて、その荒廃のせいでわきおこったようなものじゃんか。アメリカのせい。

ところがそれがネットワークの力で、貧しいもの同士の、資本主義からはみ出したもの同士の、反アメリカの者同士の連帯を作って(貧しくてもスマホはあるのでネットワークは簡単)、こっちに向かってくる。

ほんとうは、サブカルチャーなりカルチャーなりがほどよく中東にも波及して、自爆テロやってるよりいいことが世の中にはあるなと気づいてくれればよかったわけよ。それも、アメリカ色の強すぎるやつより、日本程度のがちょうど良かったと思うんだよなあ。まあ、偶像崇拝を禁じてるみたいだから、難しいかもーだけど。そんでも、けっこう普及してるところはしてるのに。

自爆テロは、日本の特攻隊よりひどい。特攻隊はまだ「きけ、わだつみの声」とかで、学生の日記が編纂されたりと、死んだ者の言葉が残っているけど、自爆テロはあんまりのあんまり。
今からでも、なんとかなんないのか!! って思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

考えがまとまらず頭に来すぎて、支離滅裂・・・・
明日から、また出直したい。

 

「桜田門、決壊!」 など、デモの様相さまざま

記事の分類:民主主義

ガジェット通信のキャプチャ

「桜田門、決壊!」 民主党・有田芳生参議院議員のツイートに不謹慎だと批難殺到 | ガジェット通信

デモの時期が、ちょうど豪雨で鬼怒川の堤防が決壊した時期と重なっていたため、有田さん自身もそのワードが頭にすり込まれてて使ってしまったのか、そういうわけでもなく使ったのか、どちらかは不明ながら、分厚い警備の壁が崩れて「デモ隊に解放」された瞬間をもって、そう表現したようだ。

で、誰が、不謹慎と非難しているのか?

調べたら案の定、非難している人のタイムラインは、ツイッターのくせにやたらと改行が多くて画面幅をくってて読むの面倒な、二言目には「犯人は在日朝鮮人」だの「反日サヨク」だの言ってる人。

ガジェット通信の人も、「非難殺到」している層が誰なのか、ちゃんと調べてから記事化してほしい。
それに、有田議員が「決壊」という言葉で何を言っていたのか、先に解説してほしい。(ひょっとしてわかってないかも)

↑↑ここを3分くらい熟読して、ようやくおぼろにわかった。これはこれで、排ガス問題という些末なことをぐちぐち言っているのは言っているわけだが。

もう一個有田氏のツイート

こういう時って、興奮するんだよねー 目の前に警察官がたくさんいる、というだけでも非日常だし、大勢の人間のおしあいへしあいの熱気といい。ほんと、デモはへたなライブよりよほど楽しいから、行くといい。強制はしないけど。自分は日々の生活苦で行けないので、余力のある人に行ってほしい・・・(他力本願w)(参考:国会前で行われるデモ、参加するにはどうすればいいの?

☆..・。.☆・.。☆..・。.☆・.。

決壊の件はそれくらいにして、デモについての他のツイートや報道を観てみよう。

↑朝日

↑デモを報道しないNHKへの抗議デモもあったらしく、その効果か。
空撮ができるのは、受信料のおかげ。やっと受信料を有効に使ってくれた。

↑思想家?哲学者?の柄谷行人さん。

「人が普通にデモをする社会」に変わるって、めさうまい事をいう。

デモしたからって、明日から素晴らしい社会がくるとか、デモの後、主張したとおりになるとか、そういうことじゃない。そんなことが簡単にできたら簡単に独裁政権ができてしまう。簡単にいかないように、わざと民主主義ってものにしたのだから。

(だから、安倍晋三の思うとおりに簡単にいったらイケないんだよ。)


 
↑冷笑しているやつなんかほっとけばいいのに、心の優しい方のようだ。エラい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

追記:8月30日の記事→戦争法案に反対する「国会10万人・全国100万人大行動」が開始、国会前は既に決壊状態に | BUZZAP!(バザップ!) 
決壊はすでにデモ用語に近い。
とはいっても、時期が時期だけに、有田さんは議員なんだから使わない方がいい。
とはいっても、全部の事象に気を遣ってられない。世界には、悲惨なことがたくさんあるし・・・・