Skip to content

月別: 2016年9月

みんなの介護、あなたの介護、わたしの介護

記事の分類:社会系
父と病院食
父と病院食です

おんとし83才の父親とさっき電話で話した。
父は、糖尿病と高齢によるもろもろの合併症で、しょっちゅう入院を余儀なくされている。
先月も腎臓をやられ、相当に危なかった。
妹一家も、わたしも、うちの長男君も、今生の別れになるやも知れぬと、自分の休日にそれぞれお見舞いに行った。
今度こそダメじゃないか? と緊張ぎみの日々がしばらく続いた。

死のイメージを変えた、Bowie”★”

記事の分類:レビュウ
ブラックスターのアルバムジャケット、当方の手書き
全角文字の★がタイトルっておもしろい。英語圏では単にBlackstar とあらわしていた。

30年ぶりにボウイのアルバムを聴いた。この30年間は音楽がなくても生きていけるくらいに自立していたので、聴いてなかった。

音楽は楽しく聴く趣味であって、それがないと朝布団から出れないとか、働きに出れないとか、そんな事はなくなった。

今回お盆シーズンに死者のことを考えていてボウイを思い出し、ボウイの死の直前にリリースされた“★”を聴くことにした。
DLすると、7曲あった。

NHKの子どもの貧困報道について自分の考えたこと。人の考えたこと

記事の分類:社会系
昔の貧困女子高生のイラスト
つぎはぎだらけの服を着、学校帰りに思い切って100円で長ネギを買った高校生。「これで今夜はおかっつあんに栄養たっぷりのネギ味噌を食べさせてあげられるわ」と喜んでいる。ちなみにバッグは弟の着れなくなったズボンをばらして学校のミシンで縫いました。(というイメージ)
もくじ

  1. 高校生は、「子どもの貧困」を当事者として語れる、子どもとしての最後の年齢jump
  2. 文字数にして6万字超のコメント欄jump
  3. ONE PIECEもアニメもEXILEも、消費者の「好き」という感情を糧にしている産業。ここで女子高校生を責めるのは、日本の内需を縮めるだけjump
  4. リンクプラス (とくに当方の目に目立ったリンクを時系列に並べ、コメントをしました。時間のない人はここだけ見てください)jump