メディアと自民党

西田氏の力作研究書、『メディアと自民党』を読んだ。
正直、かなりイラついた。なにゆえにわざわざ過去の自民党とマスコミの関係を「慣れ親しみの時代」などと繰り返し表記するのか?

学者だから批判的な表現ではなくてニュートラルな線をねらったのだろうか? あるいはこの関係にはメリットもデメリットもあるからだろうか。あるいは、旧世代のマスコミ&自民党への批判といっしょになりたくなかったからなのか・・・・

ともかくこれじゃ読者が煙に巻かれるだけと心配した田原氏が、帯にわかりやすく〝隷従〟という言葉をもってきてくれた。

マスコミの人だって自民党の議員だって個人としてはみないい人のはず。そう思えば、隷従などと古くさい上目線に抵抗があるのも分かる気はするのだが・・・・・・。

が、組織になったときに怪物化する人間の恐ろしさをもうちっと意識してほしいなと、思ったり。

さて。

 

事の発端は、2015年6月26日深夜。朝生の出演を自民党と公明党の国会議員が蹴ったことだ。

それまでは、与党と野党の議員、プラス論客たちで議論できていたものが、肝心の与党議員が参加しないとなると、政策を巡ってのオープンな議論と、それを見て判断する一般有権者という図式が成立しなくなる。

大変な損失である。

いやさ、大変な損失のはずだし、そのことはまずメディア(この場合テレ朝)が与党議員を批判し、民主主義のどだいとしての議論の場を軽視したと論客たちも批判し、判断材料を失った一般有権者も批判しなくてはならない事態だった。

が、それはあまり起きなかった。
その一方で安倍晋三は、7月6日に「ニコニコ生放送」で直接国民に安保法制について語りかけていた!!

これは、メディアを頼らずとも、メディアはスキップして直接メッセージを伝えることができるようになった、技術の進歩のおかげだろう。

よかったよかった。

いやいや、よくないよくない。というか、よいと決めるとここで話は終わってしまう。

その後本書は、世耕弘成議員(@SekoHiroshige)の巧妙なビジュアル戦略などを詳しく紹介している。
→→→巧妙な、という言い方は悪者視したかのようなわたしの言い方で、西田氏はそんな言い方はしていない。

その他、ほんとうに詳しく微に入り細に入りいろいろと書いてあるのである。
が、その大方はITテクノロジーの進歩ってすごいよね、って話であって、人間の何か、政治家のものの考え方が、すごいってわけではないと思う。つまり、アップル社とかマイクロソフトとかgoogle社がすごいねえってことにすぎないのだ。

モンダイは、野党の連中が、ぜんぜんこの事態に付いていけていないってことにある。

自民党は付いていっている。
(その方法は本書に詳しい。せめて野党はこれを読んで勉強すべき)

かたや政府に対して劣勢となったマスメディアは、これらの技術の進歩に対してどうだろう? あまりはかばかしく付いていっていない。

が、マスメディアには他に大きな役割がある。本書の最後の方は大学生の話になるのだが、

 彼らの主たる情報源は、(デジタル機器やモバイルデバイスに媒介された)口コミとインターネットである。インターネットは、伝播性、双方向性、相互浸透性といった、その技術特性で、確実にメディアを変えつつあるかに見えることだろう。

憧れになるのはオールドメディア

ところが、そうであるにもかかわらず、大学生の多くが就職活動で志望するのは、圧倒的にマスメディアであり、それらの人気はインターネットメディアをはるかに上回っている。人間の行動規範や社会の習慣はそれほどに惰性的なのである。

惰性的というよりも、オールドメディアが果たしている他の役割がある、ということだ。

それは、学歴社会という秩序を守る、という役割だ。

この秩序が守られないと、まずもって予備校産業が困ることになるだろう。

ことにノーベル賞という目指す先のある理系と違って、文系には優良企業に入れるという目標以外に、とくに目玉はない。(あるかもーだけど、わたしはしらん)

本当ならそれじゃ困るわけで、このままドンドン先を走って行く技術に対して、生命倫理にしろ、ほかのなんかにしろ、きちんと論陣をはれ、思考を積み上げていかないと、人間はもういなくていいじゃん? 的になりかねない。

目先の就職のことばっか考えてていいのか、大学は。って思う。

ともかく、オールドメディアに就職した若者たちが、いづれ秩序の保持ばかりではなく、ちゃんと時代の流れに応じ、つまりは自民党のメディアすっ飛ばし作戦に負けない方法を思いついてくれるといいのだが。

その際の方法が、自民党との癒着やなれ合い、隷従であってはならない、ということだ。

下手すると、そうなりかねないので、若者たち、そこんとこヨロシクだ。


社会・経済 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

11月の義務と権利

献立のイラスト
Instagram見ててマネっこすることに決めた、今夜の献立。ソテーした鶏肉に「ネギシオたれ」をそえるのがポイント

 タイトルにたいした意味はない。11月ときたらギムと付けたいだけ。笑。

 最近、高齢者の交通事故が増えている。
交通事故たって被害者の方ではない。加害者だ。しかも死亡事故の加害者になっているケースが目立つ。
これは、オートマ車の特徴、ブレーキとアクセルが似た形状で隣同士、ということに大きな原因があるようだ。

 自分運転できないので、人の意見を調べた→→相次ぐ「高齢者のペダル踏み間違い事故」ーー解決のヒントはあの世界的名車にある | GetNavi web ゲットナビ

 うーーん、解決策があるなら早く採用してほしい。
そして、お金なら頑張ってわたしが出すから、父親の車をそれに変えたい。

 先日は母と電話で話をした。
父が毎晩、「小難しい哲学的な悩みばっか言っている」とのこと。 “11月の義務と権利”の続きを読む

2:謝罪を求めたキャンペーンの行方、どうなった!?

モンスターたちのイラスト
★モンスター★

10月25日に謝罪を求めたキャンペーンの行方、どうなった!?という記事をPOSTした。かなり頑張ってPOSTした。

が、ほんとうの「行方」は、25日以降に起きていたのである。わたしはぜんぜんそれに気づかなかった。それもそのはず、わたしはchromeの設定でSNSのコメントやボタンや広告全般をブロックし、不要な情報は目に入れないようにしている(しててもどんどん入ってくるが)。気が散ってブログが書けないからだ。

先日、同記事に奇跡的にありがたいコメントがあり確認すると、change.orgには署名者用コメント欄とは別に、「ディスカッション」なる欄があったのである。「ディスカッション」にはFacebookにログインすることで参加(投稿)できるらしかった。

でもって野上氏は、ハフィントンポストへの寄稿や長谷川氏本人との対談を経験することで、さらに関心を深め、それ以上どうにもなりそうもない長谷川氏の「謝罪」は置いておいて、「保険証ゴールド免許」について小泉議員に質問を送った模様であった。

ここらへん、わたしは寄稿も対談も読んでいたので、その自然な流れだなと思い、その報告メッセージを見ても「ふーん、頑張るなあ」というノンキな感想をもったのみであった。

ところが、寄稿も対談も読んでいない、というか、そんなには深く考えずに署名した人というのもけっこういる。

もともと署名とはそういうもんだろう。

その件について、たくさんの時間や労力を捧げることはできないけれど、名前だけで力になれるのなら。と、そういう考えで署名する。

発起人に比べたらはるかにちょっとしか考えていないのが、一般の署名者なのである。(わたしとてそう)

そのせいばかりではないだろうが、小泉進次郎議員の提案について というメッセージのあとやたらと荒れ始める「ディスカッション」。

といっても、最初の上記「ディスカッション」、92件あるコメントのうち、中立的、もしくは野上氏へ肯定的な意見は1/9はある。反対に二名いるバッシング専門の人が全コメントの1/6。

見るとバッシング専門の人は、自分のコメントが、動揺した他者に影響を与える風なのに気を良くして、より強化増幅する方向へ動いているようだ。

最初の中立、肯定の意見を言う人は、だんだんと姿を見せなくなる。

当然である。同じことを何度も言うほど暇ではないし、そんな退屈なことはやってられない。言うべき意見を言ったらそれ以上言う内容はなくなる。

2ちゃんねるも同じで、まともな意見は最初の方に出て、あとは姿を消す。

あとはどうでもいいというか、目的が違う方へ向いた人が自身の存在アピールのためかなんかしらんけど、いつまでも板に粘着する。

要するに「ディスカッション」でもなんでもない。change.orgは、Facebookユーザーだから信頼できると思っているらしいが、ぜんぜん実名顔出しでもなんでもなくて利用できているのだし、適当なところで「ディスカッション」を切る仕組みにした方がよくないか?? て思った。


日記・雑談 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長谷川さん、よく聞きな

謝罪を求めたキャンペーンの行方、どうなった!? | Six Yearsの続き。

長谷川さんの立派なネクタイと顔が入れ替わったイラスト
長谷川さん、服とネクタイだけは立派なので顔と入れ替えた

「長谷川豊さんになぜ強く反論しなかったのか」対談した腎臓病の女性患者が疑問の声に答える(ハフィントンポスト)

確かに、聞き役に徹している印象もある対談だったけど、それには理由があった。
長谷川さんは、自分への抗議の声をあげている野上さんの話を聞く姿勢をもっておらず、自分の主張をするばかりで、野上さんの話もさえぎってまで言いたいことを言っていたからだった。

「節制ができなかった」患者を「脱法ドラッグを吸った、ラリった状態で車を運転して事故を起こした」という風に喩えました。この言葉は、彼の倫理感覚に不安をおぼえる喩えでした

脱法ドラッグって、危険ドラッグに名前が変わって、それでラリって運転して事故ったら犯罪でしょう? 犯罪というのは、この社会で「やってはないけない」と法律でちゃんと区分けされていること。

法律がダメといっていることをやったら犯罪者になるんで、ダメといってないことをやるのは基本自由。

それですら法廷で弁護士もついて、手続きを踏んで裁かれるというのに、長谷川さんの場合、トンチンカンな尺度で人を裁いて正義漢ぶってるのだから、いい加減にしてほしい。

しかしなんといっても、

長谷川さんは対談中、医療が崩壊すると「みんな死ぬんです」と何度か言いました。病人は、自分の死をある程度覚悟しています。中にはもう既に死にかけたことがあるような人もいるでしょう。「いずれみんな死ぬ」のはわかっています。生きるのはつらい、でも死ぬのもつらい。だからこそ、そのような、気を引くために生死を気易く持ち出す感覚こそが神経を逆撫でするのです。そのことをもっと考えてほしいです。

「気を引くために生死を気易く持ち出す感覚」を根本的に改めないといけないね、長谷川は。できるのかな。

「先天的に既に病を抱えている人は含まない、ちゃんと治療に取り組んでいる人は含まない」というのは、単なる恣意的切り分けだと思います。

この言い方もほんと、イヤらしい。(当然、「」の中の言葉がイヤらしいという意味)
このイヤらしい人の裁き方。なにを偉そうにまあ。

■「モンスター患者」を知らなかったのはある意味気の毒

このパターン、他でもみかける。

<生保受給者は、清貧にあえぐ心美しい人でないといけない>

<病気で福祉受けてる人は、肉体が病気になったがため精神性は高められ、高潔な人格となり、言葉や態度も礼儀正しく、世間様にいつも手を合わせて感謝していないといけない>

的な。

んなわけないでしょう。

あったとしても、強盗や殺人者~すごくいい人までバリエーションがある社会と、同じ割合でいるだけだ。たぶん。

透析患者に「泣くなら殺せ」とまで言っていた人が、いきなり「移植は推進したい」と言ったら、もう本当に何も知らないで言いたいこと言ってるんだな、ってなりますよ。

長谷川サンほんと虫がいいから「腎臓移植を推進したい」とか言い出せば逆転勝訴になるかなーと思ったんだろうけど、そうは問屋が卸さないよと。

(長谷川サンはともかくとしても、腎臓移植についての一端を、ここで知ることができた。

ここまで真剣に考えてくれる人、これからはもう現れないよって、長谷川サンに言いたい。