Skip to content

日別: 2017年3月11日

長野県のヘリ墜落事故について

記事の分類:社会系

長野県で防災訓練中のヘリが墜落し、乗っていた9人全員が死亡した事故。

新聞で読んだけど、そもそも全国的に防災ヘリのパイロットの数がものすごく少なくなっているという。

その原因のひとつが、若者が訓練の場としてきた「農薬散布」や「空中撮影」の機会が、機械に取って代わられていることとのこと。

一定の飛行時間がないと防災ヘリのパイロットになれないこともあり、次世代が育っていない、という。

機械やロボットがやれることでも、人間がやる必要って、場合によってはあるんじゃないか? と思った。

ちなみに、今回亡くなったパイロットの方は、長野県で唯一の防災ヘリパイロットで、計算上5日に1日は出動している。その他にも防災訓練としての出動も加わる。これ、もう過重労働もいいとこじゃないかって思うんだけど(休みの日も、いつ要請あるかわからないし)。

当面、なにかあっても、ヘリで救助に来てくれると大きな期待はしない方がいいかも(泣)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

亜混迷の日本、アジア、世界

記事の分類:戦争系政治系日記

最近気になったニュースは、北朝鮮がまたもやミサイル(4発)を日本海に打ったという話で、一説によると極秘裏にアメリカがvx製造工場やミサイル基地を中心に北を攻撃するという噂がある、という。

いい加減調子に乗りすぎの北だが、北国内においても強制収容所の非人道性や気に入らない人間の粛正など、放置できない問題があれこれあって、もはや限界に来ている、と言われれば確かにもう我慢の限界値を超えている。その場合、誰が、どう行動に出るのか、それは国際的な話し合い(国連とか)の元なのか、それとも日韓米とかそういうことなのか、あるいはアメリカ(orトランプ)がやるのか。考え出すと浮き浮きワクワクしてくる‥なんてことがあるはずなくて不吉すぎて胸騒ぎがしてきて気分が悪くなる。

この感じは福島第一原発事故以来かもしれない。日本は戦争は放棄しているため「専守防衛」しかできないはずだが、北のやり方は自衛隊が動いてもいいくらいの悪質さじゃないか‥‥ とすら思ってしまうがしかし今は中途半端すぎると、安倍は考えていると思う。安倍晋三は憲法を変えて、ほんとうに戦争ができる状態になるまで北に待っていて貰いたい。まさか待っててくれと本当に頼んじゃいないだろうが。

マスコミ
今までの経験上から想像するにNHKが使命と(勝手に)自負しているのは、日本史作り(過去、現在、未来に渡って)と、国民をパニクらせないことと上手に動かすことだ。政府-NHKは連携プレーをしている。他のマスコミもだいたいそれにならう。ならうけどダッシュするときは猛然とする。「しても大丈夫、国民はNHKの報道とのバランスを取るはずだから」と一般マスコミは思う。ただしTwitterというダークホース(しかも駄馬にして荒馬)もいるので要チェックだ。もっとも、Twitterなどマスコミ人だろうが政府の人間だろうが、一般ユーザーとしていくらでもツイートできるのだから、Twitterの声イコール国民の声ってわけじゃない。

その一方、トランプを軍産と戦う英雄的に捉える向きもあるようだ。儲け方として軍需ほど下品で卑怯なものはないから、資本主義の化身のトランプにとっては「じっちゃんの名にかけて」(by金田一少年)も唾棄すべき存在。

片や本邦に目を向けるに、稲田つう防衛大臣が教育勅語がどうのと言い出しているらしく頭が腹痛だ。コレといってすがるものがなくなると日本会議的になっていくのが、この国の悪いクセだ。でもって一番健全な左派思想の持ち主が天皇だったりするから、ねじれ国会どころではないねじくれ方。

ちなみに、天皇陛下の「お気持ち」をテレビで放映した時。

今までで一番、わが病院の患者サマ向けホールに人が集まってきた。

サッカーワールドカップやフィギュアスケートの決勝でも多く集まるけれど、その4倍くらいは集まっていて(職員もふくむ)、驚いた。誰も言葉にしないけれど、奇妙な、ほんとうに奇妙なこころの動きが世の中にはたくさんあって、面白い。


社会・経済 ブログランキングへ
社会・経済 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村