Skip to content

昨日の日記。父、母、見舞金、他

先日母から長い手紙がきた。要約すると「見舞金を送ってこない総領に怒りと悲しみをお父さんは感じている」と、いうもの。

いったいなんの事かと思った。必要そうなお金なら適宜、けっこう送っている。何年か前は月々ン万円を楽天バンクから母の口座に振り込んでいた。しばらくして、三菱UFJが手数料タダなのでそっちからに変えたら、三菱という財閥名に拒否反応を起こした共産党の母が、「もう送らないで」という信号を発したのでバカらしくなって中止した。

手紙には、見舞金などと言い出されあげくに「もっと思いやりをもって」とかいろいろ書いてあってもー 「結局金かよ、あんたたちは!!」と腹がたって腹がたって。

見舞金の具体的な金額もそれとなく文中に折り込んであった。その額がいくらかなどというのは書きたくない。うちより裕福な人には「その程度か。ずいぶん少ないな」と思われそうだし、うちより貧乏な人には「そ、そんな大金。すげーな金持ちは」とか見当外れに思われそうで、どっちもいやだからである。

(どっちかつうと、後者のがイヤかな)

しかし、ここでわたしのとった行動は、今までと違っていた。わたしはひとりで悩みを抱えるタイプなので、今までなら、この手紙の内容も自分ひとりの胸に納め、色々なトラウマを蘇らせ両親への憎悪を燃やしつつムシャクシャしながら、先方の望む金額を送金しただろう。(三菱以外から)

今回は、ダンナッチから子どもたちから、妹から、たまたま側にいた同僚にまで、「わたしの悩み」と題して公開したのである。

ダンナッチは頭を抱えつつも、返事を書いてくれたし、妹もいろいろとLINEで励ましてくれた。(妹には「総領」でないせいか、そういう要求はいってない) 同僚は、親から見舞金の請求がくることに驚いていた。(まあ、励ます意味で驚いてみせたのかもしれない。実際はけっこうあるのかも) 娘は、祖母の手紙を読んで、祖母に同情していた。

一段落したころ、母に電話したら「気持ちをわかってほしい」という。
が、正直、どういう気持ちなのか、わたしにはほとんど分からない。

そもそも「気持ち」と、見舞金という「金」が混同することがよく分からない。
お金が必要ならば、そう言ってくれれば送るのに、人を責めるようなことが書いてあり、わたしの心理は硬化しかけた。
ここまできて、ハタと思いついたことがあった。

わたしの父は宝くじが大好きで、昔からよく買っていた。
必ず連番で10枚か、それ以上買うから、かなりの投資ってことになる。
が、「当たった」という話は一度も聞いたことがない。

宝くじの当たり券を最後に引きたくなったのではないだろうか? 「総領」のわたしから。

・・・・・うーーーん違うかな・・・・

ひょとして不謹慎なことを書いているかも~~

ともかく、お金は届いたと、さっき母が電話で知らせてきた。向こうがほのめかした金額の1.5倍を送ったこともあり、とても喜んでいた。

うちみたいなボケ-っとした人間が忘れがちな金の力がよく分かった気がするので、手帳にMEMOっとこ。←すぐ忘れるので笑。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野) – Spotlight (スポットライト)

↑↑醜い大人同士の争いになっているというので、読んだ。
ゴミ人間の話なのに絵がゴージャスという矛盾がすごい。誰が描いたのか?
この絵は大変な労働力が投入されてますね。
文章はさほどでもない印象だけど。
後書きの文章に、登場人物の父の言葉として、こうある。

他の誰も見ていなくてもいい。

黒い煙のその先に、お前が光を見たのなら、

行動しろ。思いしれ。そして、常識に屈するな。

お前がその目で見たものが真実だ。

あの日、あの時、あの光を見た自分を信じろ。

信じぬくんだ。たとえ一人になっても。

これの反対がどうなるかというと

いつでも他の誰かに認めてもらえ
黒い煙のその先に、お前が光を見たとしても、
行動するな、思いしるな。そして、常識に屈しろ。
お前がその目で見たものが真実とは限らない。
あの日、あの時、あの光を見た自分を信じるな
信じちゃ駄目だ。他の大勢と一緒でないならなおさら。

確かにこれはイヤだ。


日記・雑談 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

記事の分類:日記

Be First to Comment

コメントを残す