沖縄の米軍基地の地図

4日が投票日だった名護市長選

◇名護市長選確定得票
当 20,389 渡具知武豊 無新
16,931 稲嶺  進 無現

という結果になった。なんでも、当選した渡具知氏は、雇用や結婚、子育てといった生活者の暮らし改善を約束して、おもに若い層に支持されて当選した。
そして、現職だった稲嶺氏は、普天間基地の名護市辺野古への移転を反対するばかりだったため、愛想を尽かされて落選した。

…………というわけでは実はなくて、稲嶺氏とて反対運動一辺倒ではなかったのに、そうであるかのようなデマがばらまかれた、という指摘もあった。また、移設問題から逃げた渡具知氏は卑劣である、という指弾もあった。今日の新聞の特報欄を見たら、「パンダ誘致が悪かった、あれを争点かされたのがまずかった」と書いてあった。

 

どれが正しいのやら… ところで、2011年の3月に自分のブログにアップした画像なんだけど、今見ると、まるで米軍基地が小さな点としか描けてなくて、焦る。

沖縄に集中する米軍負担
沖縄に集中する米軍負担

あの頃は、新聞社サイトにしか、沖縄の米軍基地の地図はなかった。仕方なく下手だけど自作したというわけなのだ。

今は、時代が一変した。沖縄の基地の地図がたくさんある。

下は、US Military bases in Okinawaの画像検索で出てきたもの。

US Military Presence in Okinawa | UWGB Commons for the Digital and Public Humanities
という、なんとなく良心的っぽいサイトから拝借。

↓こちらは沖縄県ホームページ 知事公室 基地対策課/沖縄県 米軍提供施設・区域の概要/沖縄県 単に基地だけではなく、訓練用提供エリアも図解してある。サイトへ飛ぶと、沖縄県周辺の海は広範にアメリカに提供されているのが分かる。

点どころではない。沖縄がアメリカ物件すぎる。

数字でいうと、沖縄の約10%というから、227.1 km²くらいをアメリカが占拠している。

ここで怒りを燃やすと、「沖縄だけが米軍の犠牲になっているわけではない」と、厚木基地などを例にあげる人がいる。確かに→ 県内米軍基地の現状 – 神奈川県ホームページ 見ると、神奈川県の場合は17.399km²が米軍用地。一理あることはある。けど、それで沖縄ばっかりなぜ? と怒るのは筋違いじゃないのか?

しかも「沖縄の北はジャングルで使い道のない土地だから別にいい。神奈川と違って」みたいなことまで。

そういうモンダイじゃない。
先日「期間サーチ」したら、「地位協定」における日本の主権放棄については、何年も前から言ってる人は言ってる。なのに、ちっともその考えが浸透しないのは、よほど避けたい論点なのだろうか??

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す