平成最後の七月に

前回(7月7日AM3時頃)、酔っ払いながら酒レビューをwrite and postしたんだけど、その時に思ったのは「こんなに呑んでるのにこんなにシッカリした文章を書けるあたしってスゴイわフフフ」だった。

したっけ、翌日に見返したらひどい文だった。

ことに場違いな「、」が乱発されてかっこう悪いったらなかった。

というか、そんなのは枝葉末節な些事も些事些事。どうでもよいことなのだった。

酒レビューを書いていた時を同じくして、九州四国中国あたりは雨の大災害に襲われていたからだ。

わたしはシラフになると同時に青くなった。もし、もしも、わたしのブログの長年の読者で岐阜、京都、滋賀、兵庫、岡山、広島、山口、愛媛、高知、福岡で災害に遭われた方がいたらどうしたらいいのだろうか? 読まないで!前回記事だけは読まないで~!!

と一人でジタバタしていた。

相当にエゴイスティックなジタバタである。「読まないで~」じゃなくて無事を祈るべきだ(なので祈る)。それに、自分と関係ない人なら無事でなくていいというのだろうか? それとも人様に不謹慎と思われたくないためのジタバタなのだろうか?

 

7月6日の夜は末次郎が家に帰ってきていて、わたしは上機嫌で酒をかっくらっていた。
文中のワインも末次郎が買ってきてくれた赤ワインだ。食事をしながらテレビを付けていたんだけど、ずっと災害警報が流れていた。

「今まで経験したことのない大雨災害に襲われる」と、
気象庁の人が、とても深刻な顔で警告し続けていた。

「今まで経験したことがない」「すでに取り返しの付かない大被害が起きていてもおかしくない事態」といった表現だった。(うろおぼえ)
過去にも何度も災害警報がテレビで流されたけれど、ここまで真に迫った警告はなかったと思う。
そんな緊迫したテレビがずっと放送され続けていた。

一体、安倍晋三とか何やってんだろうな、とは思った。気象庁の人が慣れないテレビの前で必死で言うよりも(気象庁の人はテレビ素人であるから、緊迫して必死なのか、通常の緊張なのか分かりにくかったりする)総理大臣が言った方がよほど効果があるのじゃないか? 総理がやっちゃいけない理由でもあるのか? なんなら官房長官とか国土交通省の大臣とか。

ところで、 【平成30年7月豪雨】政府の「空白の66時間」を視覚化|犬飼淳 / Jun Inukai|note に、今回の災害において最初の警報が出た時間と、政府が非常災害対策本部を設置するまでに66時間もかかった経緯が明瞭に視覚化されている。

これによると、西日本に未曾有の大災害が起こりえる発表が気象庁からあった5~6時間後に、自民党は宴会を開いたようだ。

何をやっているのだろうか政府は。自民党は。

いっかいの市井の撫呂臥ーじゃないんですよ、政治家は!!

(無理にそこへ結びつけたいわけじゃない)

ともかく、上記記事はとても有意義な記事だと思ったので、寄付をした。寄付するにはnoteの会員にならないとダメみたいで、窮屈だったが、背に腹は代えられないので会員になって寄付した。

 
あらためて参照した映像: 上空から見た豪雨被害=広島:時事ドットコム
記録的豪雨 岡山、広島は県内の7割で観測史上1位 – ウェザーニュース

酒レビュー「飲みごたえガツン!セブンプレミアム ザ・ブリュー ストロング・セブン|サントリー」

一口飲んでの感想。
「甘いなあ。
これ、ビールなん?なにこれ?」

よくわからん。ただ、7%なんで、それなりに酔っ払えるかと、思う。

味はビールに近い。缶チューハイのたぐいとは違うっぽい。

うーーーーーーん。酔えればよい、それでよい、あとはどうでもよか。

もっともこれを飲む前に、ワインを一本あけている。なので、これの力で酔えているのか、よく分からない。

味は、まあまあ。たいしておいしくない。でもまあ酔えればなんでもいい。

そう思うなら、買ってさほど損はない、と言えるぞ。

Hagex氏が受けた誤解をはらしましょ。旧題「最近気になった出来事。インターネットをもっと楽しい場所にするために」

低能先生はなぜHagex氏を刺殺した?報道とは違う“ネット民が見た経緯” | 日刊SPA!

わたしも既読かつ既レビューの『ネットの釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』を書いたHagex氏が殺害されたと最初に聞いた時は、それこそ釣りじゃないかと一瞬疑った。が、とても残念なことに正真正銘の真実だった。

氏のサイトのプロフィール欄を見ると「三度の飯よりインターネットが大好きなネットウォッチャー」で、好きなものは「発言小町、2ちゃんねる、炎上、有料メルマガ、はてな、デマ」。なので、もともとあぶなっかしい場所に生息していたのだけど、だからって殺されるとは、何が起きたのか?


最初わたしは、Hagex氏が松本容疑者を「低脳」呼ばわりしてのだと思った。そのような印象の報道だったからだ。そのため「Hagexさんて人間の怖さを知らない人だったんだな」「いくら何でも低脳呼ばわりはよくないよ」と思ってしまった。

が、SPA!の記事を読んだら、事態はまったく逆であることが分かった。

他人のことを「低脳」呼ばわりしていたのは、松本容疑者だったのだ。「はてなブックマーク」というネットサービスにて他人を攻撃し続けていた。「はてな」が松本容疑者のIDをBANすると再度新しいのを作って同様に他人を「低脳」と罵っていた様子だ。

そのため、Hagex氏は、相手を「低脳先生」と呼んだ。

それはいたって自然な成り行きでもあったろう。なにせ、松本容疑者はこの時点では、IDを何度も作り替える匿名の人物だったのだ。特徴といえば人を低脳呼ばわりすることだったのだから、他の呼び方は思いつかない

低能先生の捨てIDをわかる限り集める(2018/5/31まで) は、松本容疑者が尋常じゃない数のはてなIDを作ってはBANされ、作ってはBANされを繰り返していたことが分かる。正気のさたじゃない。そのたびに「低脳」「低脳」と連呼していた。

報道とは、事実を視る視点と、伝え方の意識次第で、人を簡単に侮辱できるのだと、思った。Hagex氏も人を理由もなく低脳先生と侮辱する人にされてしまった感があるので、ここで強調して訂正したい。

 

☆~★~☆~★~☆~★~

そんなで、本稿の一番言いたいテーマは言い終わった。

あとの問題は、「低脳先生」はなぜそんなことをしたのか? しないではいられなかったのか? これからも、こういう人間が現れるのか?

ということだが、通常、そんなことまでを考える義務はない。

ただ、こうなった以上、再度の悲劇を防ぐ意味と、インターネットが不愉快な場所になることを防ぐ意味でも考えてみよう。

ひとつは、松本容疑者がボーダーである、可能性だ。

以前、精神科医の人が「ボーダーの主戦場はリアルからネットに移った」とツイートしていたけど、そういう感じではなかろうか? ボーダーの正式名称は「境界性パーソナリティ障害」だ。わたしが働いているせいしん病棟にもよく入院してくる。が、以前よりも少ない気がする。ネットで発散できているせいかもしれない。

ボーダーについてはぐぐっていただくとして、ボーターとして育ってしまう原因は、確定的にはわかっていない。ソースによっては「母親の育児放棄」「母親の虐待」「母親が悪い」とあるが、必ずしも母親とは決まっていなくて、乳幼児期に泣く、ぐずる、などで示した欲求に応える者がいなかったためだろうと、言われている。

 

松本容疑者がそれにあたるのかよく分からない。

が、もしもこれから、松本容疑者みたいな人が現れたら、本人に直接会って話しを聞くチーム態勢を作ってもいいのではないか? 人生経験豊富な中高年~リタイアしてヒマになった高齢者でつくってもいい(専門家含む)(ひとりでやっちゃだめ)。

ネットサービス会社にそこまでの義務はないとは思うが、気の持ちようとして。

 

ID→誹謗中傷などの言語的暴力行為→BAN を繰り返すだけでは解決しないのではないかと危惧するためだ。

どうか、Hagex氏の死が、むだになりませんように。

2018/08/19、旧題の記事をもとに、内容が明快になるよう訂正しました

高度プロフェッショナル制度、参議院で可決されてしまった!!!!

高度プロフェッショナル制度、参議院で可決されてしまった。

なんてこったろう(凹)

今回初めて知った言葉に「立法事実」というのがあるのだけど、法律を作るときの根拠となる事実のこと。

高プロ制度では、「労働者が望んでいるから」と、労働者に聞き取って得た事実が「立法事実」のはずだった。なのに、実は聞き取りはしていなかった。
ということが、野党の追及で判明した。

しかも安倍総理、高プロ制度の設立理由は「経済人や学識経験者(労働者側の人物ゼロ)の発案で決めた」だの、「経団連の会長からは高度プロフェッショナル制度を導入すべき、とのご意見を頂いている」と、ぶっちゃけ放題ぶっちゃけているのである。(国会審議を徹底検証!高度プロフェッショナル制度をめぐって今、何を問われているのか▼上西充子×荻上チキ▼ ←これの31分からが該当箇所。全体的に聞き応え有り)

さすが安倍総理。お祖父ちゃん(岸信介)や佐藤栄作(おじさん)をふくむ政治一家で、経済界財界とのつながりも強固だから、こういうの悪いことだとはちっとも思っていない。思ってないから堂々と非民主的な、社会の基盤を壊すこと言いまくっている。

厚生労働大臣の 加藤勝信 – Wikipedia は、さすがに東京大学経済学部出身であるから、立法事実もなく好き勝手に法律作るのはまずいってことくらいは知っているんだろう。追求されて多少狼狽する場面もあったが(それでも鉄面皮に変わりはない)、安倍総理にはどこ吹く風だ。

まずもって労働者がのぞむはずない法律だ。
今まで一応残業代もらっていて1075万円の年収だったのが、残業代が出なくなるというのだから、給与が減ることはあっても増えることはないのだ。
こんなの望む抜けた人はいないだろう。

でもって、今まで、1075万円クラスの裁量労働者をめざしていたろう人も、この制度で二の足を踏むことになると思う。

ここらだけでも、平均年収の3倍という前提条件はすぐに崩れそうだ。

全体的にいえば、雇用者の立場でいうなら給料を節約したい、というだけの話しだ。でもって自身の財産を殖やしたい。格差もどんどん広げたい。でもって、自身の一族だけが安泰に生き延びたいということだ。
だって、こんなに働いてばかりだったら、結婚もできないし、子どももつくれないし、まともに育てることもできない。

日本の権力者の悪いクセが露骨に出てきたなと思う。
アメリカにヘイコラする日米地位協定は死守するけど、自国民はいじめたり、不条理な要求をする、というの。

本当に非正規の賃金は正規雇用との不当な格差がなくなるのだろうか?

「正規・非正規の不当な賃金格差をなくす」というのが、働き方改革の中に入っている、という。
正規雇用者は簡単に首にできない。
非正規はできる。
ここだけをとっても、すごい差なのだから、これで給料まで差をつけられてはたまらない。