Skip to content

一生お金に困らないのは簡単。どんなにお金がなくても困らなければいいのだから!!

天まで積まれた札束のイラスト
お金がありあまってる図

前回、中島さんという方のブログをチラ見した話を書いた(余談の域だったが)。
いったいこの人何者なんだろうと思い調べると、

一生お金に困らない人 死ぬまでお金に困る人 | 中嶋よしふみ |本 | 通販 | Amazon
という本を書いていた。

Chapter 1
家計簿はいらない。

・年収1100万円なのに貯金ができませんという男性に、本気でアドバイスをしてみた。
・支出の分類は3つでいい。
・30歳で年収600万円の友人が結婚後に貯金を増やせなかった理由。

この本読んでもいないのにヒハンする気は無いが、「家計簿はいらない」というのは、家計簿を一定程度付けて家計の形を体得した場合じゃなかろうか。この方も、さんざんと試行錯誤したあげくに、一定の結論を得、そして書籍をものにしているはずだ。

そういったプロセスを経ずに「あ、家計簿いらないのね」と真似っこする人が出てこないよう願う

あと似たタイトルの本でこういうのもある。

一生お金に困らない生き方 | 心屋 仁之助 | 本 | Amazon.co.jp

これはわたしはちゃんと読んだ。

なぜ読んだかといえば、娘が貸してくれたから。

よほどわたしが金に苦労して愚痴をこぼしていたのか(無自覚)、助けるつもりで貸してくれたのだと思う。

レビューアーの人も書いているけど、著者は企業で長年働き思考を重ねて来たからこそ、こういう境地に至っているのであって、そうでない人がやって意味があるのか? 金もないのに賽銭箱に1万円入れたり。

必要なのは、こういう「個人救済」ではなくて、社会全体が良い方向へ向かうことのはず。

個人救済ものを書いて、一定の経験値を持った特定の個人が儲かる、という構図がえんえんと続いている気がする。


社会・経済 ブログランキングへ
日記・雑談 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

別に結論はない。家計簿付けにも実際飽きたしな・・・

記事の分類:家計と暮らし

Be First to Comment

コメントを残す