Skip to content

オープンダイアローグについて

昨年の6月に同僚と出向いた看護学術集会でたまたま「オープンダイアローグは精神科医療に何をもたらすか」という講演を聴いた。

講演者は斎藤環 筑波大学医学医療系社会精神保健学教授。という長ったらしい肩書きよりも、引き篭もりやサブカルに詳しい精神科医としてつとに有名のようだ。あとで調べたら著作物も多数あり。わたしも『承認をめぐる病』を読んだのだが、特に子どもの家庭内暴力に苦しんでいる親御さんにオススメだった。我が家も息子が家庭内暴力をふるっていた時期があり、その時警察を呼ぼうとしたことがあった。そのことに長く罪悪感を抱いていたので(我が子を警察にまかせようなんて、と)、この本を読んで、罪悪感をもたなくてもいいのだと教えてもらった気がして、安堵した。
日本精神科看護学術集会のプログラム集。その該当ページ

そんなこんなで当方、オープンダイアローグは完全に初耳だったのだが、試しに聴いたら、ぶったまげた。

何がたまげたって、それが本当なら革命的事象じゃないかと。19世紀の産業革命、20世紀のIT革命につづく、第3の革命と言っても少しも大げさじゃない。ただし前の二つと違う点があるとすれば「儲かる話じゃない」ということ。というと、ここでまた誤解されそうなのは、そして斎藤氏が冒頭で強調していたことでもあるのだが、オープンダイアローグは反精神医学でもないし(反精神医学とは、たぶん、せいしん病は存在しないと主張するやつ)、反薬物療法というわけでもない。

じゃあ何だ? 一言でいえば、オープンなダイアローグなのだ。
なんのことやら分からないだろうから、やり方を先に説明する。(うろ覚えの点もあるのでご容赦を)

精神的クライシスに陥った者が、家族に出現した。→ケプロタス病院に電話をする。電話は24時間待機体制だ。
専門チームは即座にその家に赴く。チームの人数は4人~6人くらいかな?
専門チームは医師と、日本でいえば男女混成のせいしん科のナース?たちで構成される。
精神的クライシスに陥っている人は、暴力をふるっているかもしれないし、ブツブツと独り言を言っているかもしれない。身体を壁に打ち付けているとか、叫んでいるとかいろいろだ。
日本だと、ここでまずもってセデーションといって鎮静用の注射を打ったりするが、そういう事はしない。聴いててここからして大変そうだなと不安になったが、たぶんしないと思う。

ともかく、言葉で説得し落ち着いてもらうのが第一だから、安易に薬剤使用はしないだろう。
その後、椅子に座れるくらいに落ち着いてからか、チームはその人と関係のある、あらゆる人達を呼ぶ。
学校の先生、友人、親戚、お祖父ちゃんお祖母ちゃん。あと、昔馴染みの近所の人とか。
呼んで何をするかといえば、本人も加わっての対話であるが、しかし、コレと決まった話をするわけでない。
場には、ファシリテーターといって、対話をいわばコーディネイトする人がチームからひとり選ばれる。
ファシリテーターは司会とは違う。通常の対話の場だと、決まった人ばかりが喋り、決まった人はずっと黙っていることが多い。そういう偏りが発生しないように、対話の場を調整するのがファシリテーターの役目だ。
この対話に目的はない。
何かを無理に聞き出したり、問いただしたり、責めたりはない。どこへ向かうというのでもない。
ただ、話をする。
医師もいるが、医師が特に偉い存在としているわけではない。地位や年齢や性別等による上下関係はない。フラットな関係の中でひたすら話しをする。

時間にしてどれくらいか、たぶん、長ければ相当に長い。が、ある程度の地点でお開きにして、チームも呼ばれた人達も帰る。そして、次の日にまた集まるのだ。

次の日に集まり、そしてまた次の日に集まる。そしてまた次の日に集まる。集まって話をする。ただ話をする。
何日間くらい集まるのか? それでも一ヶ月は超えないとたしか言っていた。
一ヶ月超えないうちにその人は「発症」せずに、治っていると。

ここまでの話し、「自分は精神的クライシスなど経験したことがない」、あるいは「家族にそういう人がいない」人にはイメージがしづらいかもしれない。私事を言ってしまうと、わたしも20代のころに精神的クライシスを迎えた。何もかもが洗脳にすぎなかったと悟ったからだ。子どもの頃から、わたしの頭に刷り込まれたすべてのことが「あいつの言ったことだ」「こいつがこうだったからだ」と気づいた。そうしたらおかしくなった。ただ、わたしの場合、それを話して怒りをぶちまける相手がいたため「発症」しなかったんだと思う。いなかったら、相当に脳みそが吹き飛んでいた。それと、よく言われる「ストレス耐性の脆弱性」が閾値を超えてなかったため、いちおう病院には行かずにすんだのだと思う。
つまりわたしは、体力や運動神経には自信ないが、ストレスには強いのかもしれない。

しかし、弱い人もいる。
あるいは、話をする相手がいないとか、話しの内容が複雑or深すぎて自分でも掴めないとか。

あと余談だけど、インターネットやTwitterでやるやつは、対話とは言わないと思う。
対話って、その場に居合わせて話すやつだから。
言葉だけが先鋭化するインターネットやTwitterでは物騒すぎて対話にならない。

オープンダイアローグ、以上を見て「そんなの大変だし無理」と思った人もいるかもしれない。「先生とか友人とかの関係者を呼ぶの大変すぎる」とか、「診療報酬をどうやってとるんだ」とか。わたしも、「それがやれないから今のせいしん科システムになったんじゃないの?」と思ったりもした。

そう思う、思いの流れの片方で、話すということの比重が自分の中でどんどん大きくなっていった。
わたしは上手に話すことはまったく出来ないタチで、今も昔も無口で何日話さなくても苦にならない。だから逆にそう思って普遍的真実のように感じているのかもしれない。けれど、上手い下手の問題ではないのだ。それに、もしもファシリテーター的な人がいたら、わたしだってもっとうまく対話できる。それどころか、人って、誰かと話をするために生まれてきたんじゃないのかとまで、思うようになっている。
それも、何のためにでもなく、ただ話をするために。

そんなこともあるから、「儲かる話じゃない」からといって一蹴してはいけない。

..・☆。..・☆・..。☆・….・☆。..・☆・..。☆・..

そういえば確かに、儲かる話を対話するのは難しそうだ。話すより先に自分が儲けたいもの。


◆以上、memoっていたスマホを紛失したため、記憶を頼りに書きました。「オープンダイアローグ」や「ファシリテーター オープンダイアローグ」で検索すると、良いページがたくさんヒットします。それぞれ自分の観点から説明してて、それも面白いですよ。わたしは調べながら書くと時間がますますかかると思って、あえて記憶だけなので、自分アレンジがあるかも
◆『承認をめぐる病』の1/3くらいが、家庭内暴力についてでした。ですので、全部ではないです

記事の分類:未分類

Comments are closed.