Six Years

戦争と戦後を振り返る。


Japan PM Shinzo Abe makes landmark visit to Pearl Harbor – BBC News(BBCで一面になってました~)

昨日から今日にかけて、首相の安倍晋三氏が真珠湾攻撃に関してなんかやってた。

真珠湾攻撃の追悼施設「アリゾナ記念館」で犠牲者に黙とうをささげたり、演説したりとかだ。演説一部:「寛容の心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要としています。憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信頼を育てた日米は、今、今こそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています」via:演説全文

安倍氏、しばらく見ないうちにすっかり首相っぽく育っていたのには、ちょっと嬉しくなったのと、捨てるわけにはいかない警戒心の、ふたつの感情がうまれた。

そもそも奇襲なり戦争なりが起きた時、死んだりケガするのは彼ら世界のトップではなくて、こっちなのだ。「和解、いいですね、大いにやってください」としか言いようがない。

ところで、先日、珍しい場所に行ってきた。

しょうけい館 戦傷病者史料館

平成18年に厚労省が九段下に作った、太平洋戦争で負傷した方々の証言を集めた、資料館だ。
証言映像をミニシアターで流す他、関連書籍を多数集めた図書館空間、自身も戦傷者である水木しげるの漫画やイラストを展示した空間がある。さらに二階には、野戦病院を再現した部屋があり、人形が10体ほど、当時の状況が目の前に差し迫ってくるがごとくの形で置かれている。ボタンを押すと、解説音声が流れる。

兵士の人形はものすごくリアルに作ってあり、口渇に耐えきれず禁じられた生水を飲んでアメーバ赤痢に罹り、動くこともままならず寝台から尻だけ出して糞を下に垂れ流し続ける人形をちょっとさわったら、毛布かと思ったものはちゃんとした作り物で固かった。

解説音声は、脂汗を浮かべた兵士といくたびも目が合うので、目をそらしながら聞いた。

幸か不幸か匂いまでは再現されていないため平常心で眺めることはできた。いくら良く作られているとはいえ、やはり作り物であり、迫力はあるようでないのである。まあ子どもが見たら怖がるだろうし、大変な力作であることは間違いない。

↑こちらは一階の図書空間。戦傷はもちろん広く第二次世界大戦に関連した書籍が多数あり。『この世界の片隅に』も目立つように置いてあり、著者ご自身が寄贈なさったようで、中に「謹呈」の文字があった。『この世界の片隅に』わたしも観た。戦争と原爆を語ることや反戦は、ぜったいに陳腐化してはならない、と思ったし、事実、そうなっていない作品だ。広島のあの時に生きていた命が蘇ってそしてまた理不尽に死んでいったような、穏やかなやさしい絵柄なのに、伝えてきた。

↑水木しげる先生が描いたもの。こちらは反対に生々しい怖ろしい迫力がいっぱいだ。どんなに描いても描いても伝えている気がしなくて、もどかしかったろうなあとも。

戦争と、戦争について繰り返し伝えてきた戦後と、戦争の生き証人が皆亡くなろうとしている現代と、その不在を耐えなければならないこれからの時代と。

また、一から考えないとな~と、思った一日だった。


 


日記・雑談 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリント・イーストウッド作品の想い出。『ハドソン川の奇跡』上映記念に

映画.comによる『ハドソン側の奇跡』の特集ページのキャプチャ
映画.comによる『ハドソン川の奇跡』の特集ページ

いつの間にか秋の風が吹いている。10月に入ったのだ。
先日、ネット徘徊していてクリントイーストウッドの名前を見かけた。
なんでも今上映中の『ハドソン川の奇跡』という映画が、イーストウッドの監督作らしいのだ。
なんてことだろ?! とちょっと驚いた。理由は2つある。

先に2つ目の方を言ってしまうと、イーストウッドの年齢が調べると86才だったからだ。おんとし83才の父どころではないではないか。いやーまさか86才でもまだ現役で監督とはびっくり!!

Continue with reading

安保法案:いやだ

安保法案:11日の採決断念 政府・与党、衆院再可決視野 – 毎日新聞

政府・与党は1日、安全保障関連法案の参院審議で、当初目指していた11日の採決を断念する方針を固めた。

 仮に参院で議決できなくても衆院で再可決できる憲法の「60日ルール」の適用を視野に、14日の週での成立を目指す。

また、事実上の分裂状態にある維新の党との修正合意は困難だとして、政府案のまま採決する方針だ。【高橋克哉】

自民党の佐藤勉国対委員長は1日の記者会見で「60日ルールは使いたくないのが本音だが、どう対応するか参院と協議する」と語り、必要ならば衆院で再可決する考えを示唆した。

与党幹部は「採決は14日から18日までの間になる」と語り、連休前には成立させる考えだ。

参院が16日までに採決できない場合を想定し、衆院側は18日に法案を再可決する準備に入った。

関連法案は7月16日に衆院を通過。60日ルールに基づけば、今月14日以降は衆院の出席議員の3分の2以上で再可決し、成立させることが可能となる。

関連法案を審議する参院平和安全法制特別委員会は1日、野党の反発で開催が見送られた。

参院では100時間の審議を目指してきたが、1日までの審議は約63時間。与野党が合意した安倍晋三首相出席の集中審議のほか、参考人質疑などを11日までに消化するのは不可能な状況だ。

一方、関連法案の修正をめぐる与党と維新の協議は、維新の分裂騒動で実務者協議に入れず、「合意はもはや無理」(与党関係者)との判断に傾いた。

ただ、元気、次世代、改革の3野党との協議は、付帯決議などの形で柔軟に対応する考えだ。

やってることが強引すぎる。

経済が傾くと戦争に走るっていうけど、コレのことか。

即戦争って話しじゃない、仲良し(アメリカ)の敵と一緒に戦うだけっていうけど、アメリカはすぐにハシゴ外すらしいからね。対中国とか。

まして、自分の国の敵が誰なのかを自分で選べないのは、主権放棄って書いてあった。

 ~いやだ~!!!

 

上記ニュースへのツイッター民のみなさんのご意見 

ことさら残虐動画を撮影しアップする「イスラム国」と、動画はアップしないけどバンバン民間人を殺す米軍。どっちがどっち?

【ISISの新たな動画】

さっきニュースアプリを開いたら、人質になっていたヨルダン人パイロットの顔写真が大きく出てきて息をのんだ。

その時すでに、ISISがパイロットの殺害動画をアップした旨の文字列をどこかで読んでいた。
とてもイヤな気持ちだった。

それが頭にあって、だから、死後の顔かと思ってのけぞったのだ。

しかしそのはずはないともすぐに気が付いた。なぜならその動画は、今までにも増して残虐な内容で(どう残虐なのか説明するのもイヤだ)、その通りなのだとすると顔らしい顔が残っているかどうかすら怪しいからだ。

【報道】

ちゃんと考えている報道なら(もちろん当方の取ってる東京新聞も)、ISISの見せつける動画など使用して彼らの広報マンに成り下がったりはしない。使用するアホ報道があるとすると、視聴率命のテレビと「テロとの戦い」機運を盛り上げたい読売新聞くらいなものだろう(あ、万が一違ってたらすみません)。

けど、よく考えたら、残虐映像を送り付けてくるからISIS酷いとなるけど、対イラクだけでもアメリカは民間人をさんざん殺した。アメリカは、それを映像にして見せたりしないだけだ。

参照:Iraq Body Count
イラクボディカウント(死亡者集計)プロジェクトについて

そういえばWikileaksが昨年4月、2007年に米軍ヘリがイラクの民間人を射殺する様子を撮影した内部ビデオを暴露していた。

軍事力や殺傷数で圧倒的に大きいアメリカはそれが映像にならないよう注意深く隠し、いくら残虐でも規模が小さい「イスラム国」はことさら動画撮影して見せつける。
家内制手工業みたいな「イスラム国」でも、この方法なら、軍事大国なみのインパクトを与えられると、気づいてしまった。

【そして思ったね・・・】

だけど、恐ろしいことに、その映像を見たいという奇態な衝動が時おりちょっと湧いてくる。
本当にかすかに、さざ波のように、遠くの暗闇から寄せてくる。
そんなもの見たくないのは確かにぜったいに見たくないと、思いつつも。

もしもキリスト教徒だったら、罪悪感にさいなまれ懺悔室に駆け込んでるかもしれない。
当方は幸運にもアーメンではないので、自分にちょっと驚き「人間ってこわいなあ」とゾッとする程度でおさまっている。

ともかく、「イスラム国」の映像戦略に騙されないようにするのと同様、アメリカのそれにも騙されないようにしたい!!


※非映像的に数字だけで伝える、イラク民間人の被害者数。地味ではあるが、ときに映像に頼らないことは必要

やつらのビデオを広めるな。

さっき、いったい「ISIS」って何なんだと今更ながら疑問に思って調べた。

イスラーム国とは (イスラームコクとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

超要約すると、ISISは、地理的にはイラクとシリアを拠点にし、アルカイダと同様スンニ派ではあるが袂を分かった集団らしかった。

イラクといえば、私事で悪いがわたしもブログにさんざんと書き明かした国。ことに、2007年はイラクの年だった。
毎日毎日イラクのことを考えていた。それは同時に、ブッシュについて考えることであり、安倍晋三の言動を追いかけることでもあった。

当時の最大のキーワードは「テロとの戦い」、そして「集団的自衛権」。

それが今、ISISというあらたなキーワードを絡めて、あの頃と同様に浮上している。

しかも、ふたりの日本人の犠牲をともなって。

そしてまた、安倍晋三。

★ ★ ★ ★

今朝(2日)職場で読売新聞を見た。

読売新聞の一面は、ISISが送り出したビデオの一場面を、まんま色付きで紹介していた。

あれだけ、「やつらのビデオを広めるな、やつらのゲームに参加するな」という、ほんとにもっともな、そして報道する人間なら一番自覚的に考えなくちゃいけないこと、たくさんRTされていた、というのに

昨日のこと。8500キロ離れている「イスラム国」からの便り

昨日の夕方

相撲の下位力士たちの取り組みを、患者さまの佐間さまと並んで見ていたのに、ピンポンと音がなったと思ったら場面が変わって、臨時ニュースが始まった。

鮮やかなキレイなオレンジ色だった。シフォン(?)のようなフワッとした柔らかい素材で。かすかな風にハタハタとはためいて、それで、よけいに繊細でキレイに感じた。

こういう儀式めいた状況の時に着せる専用の衣装なのだろうか?
もちろん人質男性ふたりの着ていた服の話。日本人だったらきっと白い衣装を着せる。赤い血が映えるように。

佐間さまと並んでいる席を離れ、わたしはふたりの人質の表情を読み取ろうとテレビのそばに寄った。YouTubeだから画質がよくない、ということなのか、近寄れば近寄るほど粒子ばかりが目に入って余計に読み取れなくなった。

もう一度離れて見た。それでも、彼らの顔からはどんな感情も読み取れなかった。取り乱すような風はないし、恐怖も読み取れない。ことによったら「グル」じゃないのかと思ったが、わからないものはわからない。

そのうち、まわりに人が集まってきて、2chぽい論評をかまし始めた。わたしは「こんなの自己責任だよ」と言い出す人が現れるのじゃないかと、ハラハラした。それに同意するわけにはいかないからだ。かといって、このよく知らない二人を擁護する気になれず、ひとりでモジモジしていた。

が、同僚たちはこういう時の反射神経は早い。「テロに屈することになるから金は出しちゃダメ」とかいろいろ、意見していて、ちょっとした活発な場面が生まれた。案の定「自己責任」と言い出す間抜けな人が一人いたが、「それでも日本人だから、助けないとダメじゃない?」と、あまり気は進まなかったが意見してみたが、今思い出しても力強さに欠けたな。

+。…☆。+。…☆。+。…☆。+。…☆。+。…☆。+

家に帰ってラジオを付けた。
安倍晋三首相氏がちょうど今イスラエルかどっかの中東にいるらしかった。
ラジオなので顔は見えないけど、安倍晋三首相氏の話の内容は、さほど見当違いには聞こえなかった。
相変わらず著しく「リアル感」のない話しぶりだから、軽視されるのはやむを得ないとはいえ、それに、役人が考えた原稿を読んでいるのかもしれないとはいえ、安倍晋三首相氏は案外やれば出来る奴なんじゃないかと、思った。
少なくとも、日本が平和を守る国だということと、支援金は殺戮のためじゃなく、かの地の生活支援のためであるとは、ちゃんと主張していた。

ここまでが昨日の話で、それ以降はどうなったものか。

あのオレンジのシフォンが、血に染まらないことを、願う。