Skip to content

カテゴリー: 民主主義

民主主義、というカテゴリで自分が何をしたいのか???よくわかってませんが、とりあえず

「ニュース女子」という番組について

記事の分類:政治系民主主義社会系

「ニュース女子」つう番組が、TOKYO MXにある。
先々月から2年ぶりにテレビを見始めたばかりのため、まったく知らん番組であったが、「ニュース女子」「ニュース女子」と、この単語が踊っているのを、最近見かけるようになった。

「ニュース女子」ってタイトルからしていい予感はしてこないが、ともかくYouTubeで確認したら、それはそれは目もあてられない惨状といっていい絵ヅラだった。左にむさいおっさんどもが6人横並び。右には4人くらいの若い女達。

この女達をもって女子ってことにしてるらしい。まったく図々しい。どこが女子だよ。女子ってのは高校までの学校用語なんだ。なんでもかんでも女子って言って誤魔化す風潮やめなよ。確かに「女子をこじらせて」という、あのタイトルが秀逸だったのは認める。タイトルだけで自意識との格闘が伝わってきつつも著者が才気煥発なのをよーく分からせてくれたし、「このコトを言い現したい」と女性なら願ってやまなかったものを(けど誰もできなかった)見事に表現しているに違いないと、思わせた。

だからもう、あれはあれで女子はやめた方がいい。

この番組だって、むさいおじさんたちに女性達がニュースを教わっている構成だが冗談じゃない。教えを乞うのはお前らおっさんどもの方だろう。ナニを知っているんってんだよ、あんたたちおっさんどもが。そう言ってやればいいのに。自民党一党支配の世の中じゃ、そうやってニコニコ笑って商品価値高げな女でいる以外にないのかもしれない。田舎にいたら自民党的価値観だと「子だくさんの母親になる。できれば四世帯同居」くらいの女にならないと駄目出しもんだ。そういうのは絶対に厭だから、テレビに出てるンだろうし。

せめて少しはキラリとしたことを言ってほしい。それが本当の商品価値だよ、商品価値っていうのならさ。

☆ ★。.. ‘★…☆ ☆ ★。.. ‘★…☆

本当は「ニュース女子」のいやらしい偏向内容について書こうとしてたのに、女子の方へ。

この番組、要するにマスメディアのくせに2ちゃんねる化してる、今さら。むさいおっさん達、2ちゃん板の常連なんだと思う。

参照:『ニュース女子』#91 – YouTube

参照2:ニュース女子問題、東京新聞が「深く反省」 長谷川幸洋・論説副主幹が司会


社会・経済 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まさかの、恥さらし映画化?!

記事の分類:日記民主主義

nitiwaru
当方が最近観た映画、さっきPOSTしたとおり『64』。
その他に、当方と同世代人・ジョディ・フォスターが監督した『マネーモンスター』もあり。

『マネーモンスター』も面白かったので感想文を書けたら書きたいと思っている。

のだけど!!その前に!!

『64後編』でも『マネーモンスター』でも、予告編で『日本で一番悪い奴ら』というのをやっていて、観てるとどこかで聞いたような話をしている。いわく「警察のくせに大麻を密輸」。「え?それ、どっかで聞いた」。

したら、案の定『恥さらし』が原案だったのである。(実際にこの本が予告編に出てきたから確かだ)

ちょっと待てー!!
確かに警察のやっていることは馬鹿馬鹿しくて滑稽で喜劇で、映像化したらそれなりに面白いとは思ったが、最低でもふたりの自殺者を出している深刻な事件だ。そこらへんがライトになりすぎたら、やばくないか?

しかも北海道警察が、この件(大麻と覚醒剤の密輸)で、きちんと法の裁きを受けたのかといったら、わたしの知る限りぜんぜん!! 今改めて調べても、裁かれた気配がない。日本は法治国家じゃないのか!これじゃ犯罪放置国家じゃないか!

という許しがたい話なのである。そんなで、まさかの綾野剛が稲葉さん役!!のイメージギャップもすごいが、内容の方が大丈夫なのかよ~~と観る前からハラハラしている。

ともかく、最近ちょっと忘れかけていた、尖った気持ちを思いだしたりなんかしたのであった。

たぶん、観れたら観る。

☆ ☆ ☆ ☆ 

#参考リンク→→不肖当方の書いた『恥さらし』の感想も合わせてごらんください。
日本で一番わかりやすい恥さらしの感想&解説記事に違いないです。
(本物の恥さらしを読むがの一番だけど)


エンターテインメント ブログランキングへ

日記・雑談 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

階級社会について

記事の分類:民主主義

日本は「格差社会」である前に「階級社会」だ | オックスフォード×ケンブリッジ 英国流創造と学びの技法

この記事、コメントが出尽くした頃になんか書こうと思ってたのに、いっかな途切れない。どんどん誰かが追加して、昨日見た時よりプラス20件の175件だ。格差も階級もよほど気になるキーワードなんだと思う。(わたしもだ)

記事の主旨は「多くの日本人が気づいてないがすでに日本は階級社会になっている。それに見合った教育を行う必要がある」というもので、その教育とは主に「エリート教育」のことで階級の上にいる者が対象だ。わたしも、職場のドクターたちを観察していると、親も医師または富裕層なドクターと、親は庶民階級のドクターでは、後者が苦戦している印象があるのだ。コメント欄には「努力次第で上にいける」とカキコしている人が多いのだが、「ほんとかな?」と、心許(こころもと)なくなっている。

データがあるわけではないから、あくまで印象論とはいえ。

いや、その件は忘れてもらって構わない。それに、個々人の人間性次第で壁をブレイクスルーすることは可能だと思いたいのは、もちろんだ。

そんな逡巡の中、ひとつ確かに言えることがある。

階級が上の者なら下の暮らしを見聞することは可能だが、逆はムリ。」

そう。わたしとて印象論ではなくもっと調べたいが、いかんせんドクターの世界あるいは金持ってる人の世界などというものに近寄れないし、仮に多少近寄ったとしてもそうそう内実が分かるわけではない。しかし、上の階層の者が下の暮らしを知りたいと思えば、完全にではないが、やる気さえあれば出来る。出来るばかりか、場合によっては必要とすらいえる。

どんな場合に必要なのか? さまざまなケースが考えられる。たとえば以前に読んだ大野更紗氏の『困っている人』には、医師としては優秀でも世間知らずも甚だしいがゆえに迷惑な書類を書いてしまう主治医が登場していた。大野氏の筆致はあたたかいものだったが、今よくよく考えてみると、世間知らずですませられるものなのか? と思う。

その他、福祉、教育、医療あらゆる分野で、知ろうとしてくれないと困ることは多い気がする。

☆ ☆ ☆ ☆

記事にもどり、コメント欄を見てみよう。
代表的なのはこうだ。

◆「知り合いに<恵まれた環境/恵まれない環境>に育った者がいるが、今は<落ちぶれて/立派に>生きている。だから格差社会や階級社会であるなしは関係ない」

◆「日本は世界的に見て、平等で格差の少ない国。他国はずっとひどい、たとえば△△。だから格差社会や階級社会であると問題視するのは単なる無知」

どちらも問題を無化せんとするものだ。

前者はひとまずとして、後者に対しては、もっともらしいだけに腹立たしかった。

インドなんか、貧富の差が激しく、最貧困層は乞食をやっているのだが、単なる乞食ではアガリがよくないため、子供をさらってきて手足を切断し物乞いをさせているという。この前、H美が貸してくれた本に書いてあった。
まさかと思って調べると、ネットにゾロゾロ写真が出ていた。(閲覧注意)

こういう国に比べるとマシって話しだろうか? 冗談じゃないよって思う。いったいなんで日本が、そんな国と同じ土俵に立たねばならないのか? 信仰も、歴史もまるで違う国なのに。

しかも、そうまでされて乞食をやっている子供達に、希望がないわけではないという。

それは、来世に希望をもっているから。

今生きている世界にはなくても、来世を信じているから。←ヒンズー教

日本人が同じ信仰をもてるかといえば絶対にムリ。仮にもてても、そういう乞食だらけになるのゴメンこうむる。


社会・経済 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「既に国会前では落選運動始まってた 」と政治家の写真が地面に…… 津田大介さんの画像つきツイートが話題に | ガジェット通信

記事の分類:民主主義

この数日間、何から何まで自民党の思い通りになる展開で、ほんとに厭になったし、気分も投げ遣りになった。

何が厭って、人から力をなくさせるもの、無力感を感じさせるもの、人からエネルギーを奪うものが一番罪だと思うわけですよ。

森羅万象、いろいろな出来事があるけれど、人からエネルギーを奪うって広い意味でテロだと思うし、一番許せない!!

のだけど、はっきりと非合法なことが起きているわけではないため――――憲法違反という非合法が起きているはずなのに、「解釈しだい」となってしまっている、とういうのも大きい――――許せない!!と思う気力すら奪われていく、この状況。

そういう事が続くと、人はすべてに無関心になって、自分でコントロールの利く範囲の、たとえば手帳術とか、たとえば片づけとか、そういうのばかりに熱中するようになる。

事実当方も、今が来年の手帳の出始めの時期でもあり・・・(この続きは余談過ぎるので後日へ)

☆..・。.☆・.。☆..・。.☆・.。

戦後70年間で、どうして自民党以外の政権を担える党が育たなかったか? と、せんないことをどうしても考えていたけど、答えが出ないので、気を取り直し
「そういえばガジェット通信を見るという義務wがあったな」
と思い出したので、見てみた。

☆..・。.☆・.。☆..・。.☆・.

9/19のガ通、政経部門とっぷ
9/19のガ通、政経部門とっぷ

「既に国会前では落選運動始まってた 」と政治家の写真が地面に…… 津田大介さんの画像つきツイートが話題に | ガジェット通信

出たー 津田大介 メディアアクティビスト41歳

また何かやらかしたのか?! と思ったら、デモ現場の路上にちらかって踏みつけられた議員の写真をツイッターにアップした模様。したら良心的な人から下品であるとの批判を受けた模様。でもってこの記事自体が下品を拡散しているという、ネットでよくある光景だった。

これが下品かどうかは、見る人によるんじゃないかな。わたしは全然下品だと思わなかった。実際の議員の顔にunkoでも投げたらさすがにそれは下品だ(それ以前に汚すぎる)からやめれ!と思うだろうけど。

こんなこと、これからイスラム国みたいなテロ集団と戦かって死人が出るかもしれないことを思うと、たいしたことじゃないと思う。

敵がいるから戦うんじゃなくて、戦う用意したら敵がじゃんじゃんわいてくると思えて、苦痛でならない。

イスラム国なんてアメリカのせいで中東のイスラム原理主義者が自爆テロばかりを、貧しくてそれしか抵抗手段がないからやり続けて、その荒廃のせいでわきおこったようなものじゃんか。アメリカのせい。

ところがそれがネットワークの力で、貧しいもの同士の、資本主義からはみ出したもの同士の、反アメリカの者同士の連帯を作って(貧しくてもスマホはあるのでネットワークは簡単)、こっちに向かってくる。

ほんとうは、サブカルチャーなりカルチャーなりがほどよく中東にも波及して、自爆テロやってるよりいいことが世の中にはあるなと気づいてくれればよかったわけよ。それも、アメリカ色の強すぎるやつより、日本程度のがちょうど良かったと思うんだよなあ。まあ、偶像崇拝を禁じてるみたいだから、難しいかもーだけど。そんでも、けっこう普及してるところはしてるのに。

自爆テロは、日本の特攻隊よりひどい。特攻隊はまだ「きけ、わだつみの声」とかで、学生の日記が編纂されたりと、死んだ者の言葉が残っているけど、自爆テロはあんまりのあんまり。
今からでも、なんとかなんないのか!! って思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

考えがまとまらず頭に来すぎて、支離滅裂・・・・
明日から、また出直したい。

 

「桜田門、決壊!」 など、デモの様相さまざま

記事の分類:民主主義

ガジェット通信のキャプチャ

「桜田門、決壊!」 民主党・有田芳生参議院議員のツイートに不謹慎だと批難殺到 | ガジェット通信

デモの時期が、ちょうど豪雨で鬼怒川の堤防が決壊した時期と重なっていたため、有田さん自身もそのワードが頭にすり込まれてて使ってしまったのか、そういうわけでもなく使ったのか、どちらかは不明ながら、分厚い警備の壁が崩れて「デモ隊に解放」された瞬間をもって、そう表現したようだ。

で、誰が、不謹慎と非難しているのか?

調べたら案の定、非難している人のタイムラインは、ツイッターのくせにやたらと改行が多くて画面幅をくってて読むの面倒な、二言目には「犯人は在日朝鮮人」だの「反日サヨク」だの言ってる人。

ガジェット通信の人も、「非難殺到」している層が誰なのか、ちゃんと調べてから記事化してほしい。
それに、有田議員が「決壊」という言葉で何を言っていたのか、先に解説してほしい。(ひょっとしてわかってないかも)

↑↑ここを3分くらい熟読して、ようやくおぼろにわかった。これはこれで、排ガス問題という些末なことをぐちぐち言っているのは言っているわけだが。

もう一個有田氏のツイート

こういう時って、興奮するんだよねー 目の前に警察官がたくさんいる、というだけでも非日常だし、大勢の人間のおしあいへしあいの熱気といい。ほんと、デモはへたなライブよりよほど楽しいから、行くといい。強制はしないけど。自分は日々の生活苦で行けないので、余力のある人に行ってほしい・・・(他力本願w)(参考:国会前で行われるデモ、参加するにはどうすればいいの?

☆..・。.☆・.。☆..・。.☆・.。

決壊の件はそれくらいにして、デモについての他のツイートや報道を観てみよう。

↑朝日

↑デモを報道しないNHKへの抗議デモもあったらしく、その効果か。
空撮ができるのは、受信料のおかげ。やっと受信料を有効に使ってくれた。

↑思想家?哲学者?の柄谷行人さん。

「人が普通にデモをする社会」に変わるって、めさうまい事をいう。

デモしたからって、明日から素晴らしい社会がくるとか、デモの後、主張したとおりになるとか、そういうことじゃない。そんなことが簡単にできたら簡単に独裁政権ができてしまう。簡単にいかないように、わざと民主主義ってものにしたのだから。

(だから、安倍晋三の思うとおりに簡単にいったらイケないんだよ。)


 
↑冷笑しているやつなんかほっとけばいいのに、心の優しい方のようだ。エラい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

追記:8月30日の記事→戦争法案に反対する「国会10万人・全国100万人大行動」が開始、国会前は既に決壊状態に | BUZZAP!(バザップ!) 
決壊はすでにデモ用語に近い。
とはいっても、時期が時期だけに、有田さんは議員なんだから使わない方がいい。
とはいっても、全部の事象に気を遣ってられない。世界には、悲惨なことがたくさんあるし・・・・

ポリタスが沖縄基地問題ではっちゃけてるみたいなので見てみた

記事の分類:民主主義

サイトを見たところ、例によって識者の考えがづらづらと並んでいたわけであるが、興味深かったのは、それを読んだ(よっつの記事を読んだそうな)とあるツイッタラーが@tsudaあてに以下のようなツイートをしていたことだ。

みかおねえさんファン @mikafan1003
@tsuda 読んだけど、矢張り期待外れだった。なぜ沖縄の負担を軽減しろと言う連中は、9条改正・核武装して米軍基地を自衛隊の基地に置き換えろと言わないのか‥。なぜ差別だの何だの言って沖縄と本土の二項対立を扇動しようとするのか‥。左翼は頭が悪いのか‥。それとも中国のスパイなの…
43件のリツイート 49件のお気に入り

それに対して@tsudaは

核武装するのは非現実的なのでこの記事読まれるといいですよ>http://politas.jp/features/6/article/387 … あと、全部自分と価値観が違うものを中国のスパイと決めつけるのも短絡思考に見えるのでやめた方がいいと思います。

と毅然とした態度で一蹴してみせた。ただし「読まれるとよい」と指定した、軍事アナリスト小川和久氏の記事はやたらと長いので、かのツイッタラーが五つ目の記事として読んだかどうかは定かではない。

しかし、「左翼は頭が悪いのか」「それとも中国のスパイなの」と二つの可能性を検討してはいるのだから、必ずしも「中国のスパイと決めつけ」てはいない。ただ、可能性の検討としても「中国のスパイ」はお粗末だ(中国のスパイが仮に存在するとしてもそんなに大勢はいない)。

また、二言目には「日本も核武装」と言い出すのは、自分自身がへなちょこなため、強大な国家に自己を投影して強くなった気になりたいだけなので、まず先に、自分自身を見直した方がいい。また、核兵器は「持ちたいから持つ」なんていうアイウォッチじゃあるまいし、勝手のきく趣味嗜好品ではないのだ→小川氏の記事が詳しいと思われる

とはいっても、かの年齢不明、性別不明のツイッタラー氏の考え方は、決して極端なものでも異端なものでもない。
むしろ、若い世代のかなりの人がこういう考え方をしているのを、いくたびも目撃してきた。リアルライフでもだ。また、そういう考えの人は意外と好感度の高い人物で、まじめに政治や国について考えていたりもするのだ。

こういう読み手こそ大事にしないとダメだと思う。まして選挙権は18才から解禁になったのだ。さらに、ポリタスと一見して敵対する(のかどうかよく分からないが)こういう考えにポリタスの愛読者が出会ったときに、どう論陣をはるべきか、オタオタしてもいけない。

そんなでオタオタしないよう自分用に少し考えてみる。

わたしの手元に、第一次安倍政権時代に集団的自衛権行使を容認する論が出てきたときに買った本がある。

『集団的自衛権とは何か (岩波新書)』

日本の非武装と沖縄の米軍支配

 さて、マッカーサーは、占領を円滑に遂行するうえで昭和天皇の「権威」を利用するために、天皇制の維持に執念を燃やした訳であった。しかし、天皇制を残すことについては国際社会の了解を取りつけるためには、日本の非武装が不可欠の前提であった。この意味で、憲法九条と一条は”ワンセット”として位置づけられたのである。しかし軍事レベルで見ると、マッカーサーにあっては日本の非武装は沖縄の米軍支配と表裏の関係にあった。例えば、憲法施行から一か月後の1947年6月、マッカーサーは外国人記者に対し、「沖縄諸島は、我々の天然の国境である」「沖縄に米国の空軍を置くことは重大な意義があり、明らかに日本の安全に対する保障となろう」と述べた。さらに翌年2月、来日したワシントンの要人達に対し、沖縄を要塞化すれば「日本に軍隊を維持することなく、外部の侵略に対し日本の安全性を確保することができる」と主張して、彼らの日本再軍備論を批判したのである。p.225

 その後、日本は再軍備の道を歩むことになったが、マッカーサー発言に鮮明に示されているように、実は憲法九条は沖縄の犠牲のうえに成り立ってきたのである。同じく、安保体制が、在日米軍基地の75%近くを、狭い沖縄に押しつけて維持されてきたことも周知のところだ。すでに見たように安倍首相は安保体制について、米国は日本を守るために「血を流す」のに、日本は米国のために「血を流す」体制になっていないと「片務性」を強調するが、こうした認識は、沖縄の歴史と現実を捨象したうえに成り立っている、と断ぜざるを得ない。p.226

かのツイッタラーは、沖縄差別と言うくらいなら、沖縄の米軍基地に全部引き払ってもらって、そのかわり自国の軍が沖縄に配備されればいいじゃないか、という主旨を言っていたはずだが、浅はかではあっても的外れな意見ではないと、気が付く。

自国の軍が配備されるとは、1.日米安保を解消して 2.九条を改正して、ということだ。
わたしはそれには賛成しない。
が、憲法九条を守ってこれたのは沖縄のおかげ、という認識をもったことはなかった。
今、沖縄について考えるとき、「沖縄を差別していることに罪悪感をもつ/無関心になる」より先に、沖縄に感謝すべきだという、気恥ずかしい話しだが、そういう感覚の変換があってもいいのではないかと、そう思った。

ところで、さっき見てたら、
「圧力? ないよ」田原総一朗さん、朝生ドタキャン騒動と安保法制を語る

「この憲法は明らかに、GHQが日本に押し付けたんです。押し付けられた憲法に体を合わせるのが実に上手い、と。」(記事後半)

と田原氏は言う。ほんとに煽りのうまい人だと思う。
「押しつけられたんです」たって、それが戦争に負けたってことなんだから、何を今更言ってんの?って感じ。第一、戦後処理の極東委員会を構成する11カ国の中には、ソ連はもちろんカナダ、オーストラリアなどを始め天皇制に批判的な国が多くて、あやうく天皇制がなくなるところ。それをバーターで維持を実現できたのは、ちっとも不利な取引じゃなかった。
なんでも団扇みたいに煽ってりゃいいての、やめてほしい。

ついでだから他の田原記事

『朝まで生テレビ!』の与党議員の出演拒否に見るメディアと政治のパワーゲームの変容
もうね、『朝まで生テレビ!』を30年間やってて日本って少しは良くなったの? って思う。真逆じゃない?って気もする。
「3人の総理を失脚させた」って自ら宣伝してるけど、余計なことしただけじゃない? (よくわかんないけど)
どちらにしろ、この人のテーブルは田原色でしかなくて、狭くて窮屈。いい加減に飽き飽きしている(と、10年前からブログで言っている)。

かと思うと

沖縄の怒りを甘くみてはいけない(田原総一朗)|ポリタス 沖縄・辺野古――わたしたちと米軍基地問題
ここで田原さん呼ぶって、どういう意味があるんだろう。ポリタスっていったい何がやりたいのって謎。
これくらいの知識は、他の人でも伝授できると思う。

田原記事以外の。

「本土」の私たちは「県外移設」を受け入れるべきだ (高橋哲哉)|ポリタス 沖縄・辺野古――わたしたちと米軍基地問題

なんだかザツな意見ですねえ。これの一日前の

なぜ「沖縄人の本音」は見えづらいのか

を読んだら、とてもこういうの書けないと思う。

辺野古「泥沼化」で変質した沖縄と本土の関係

>「辺野古移設問題」の本質は本土観の変質の過程にある

この章の言っている意味がよくわからなかった。

情理を尽くさなくなった、というのはわかる。要は自民党の無知と堕落。


社会・経済 ブログランキングへ