Skip to content

カテゴリー: 日記

本来、このカテゴリーはもっと更新があっておかしくないのですが、なかなか・・・。もっと気楽にアップしていきたいです

世界一の美女になるダイエット、やってみた☆★

記事の分類:日記

sekaiiti福島の酪農家に降りかかった、災難と言うには余りに過酷な出来事を、前回取り上げた。

その過程で頭に浮かんだのは、「いったい電気と家畜、どっちの方が人類にとって必要不可欠な存在なのか」という疑問だった。

ことに今現在、・脱原発的空気が漂う中、家畜に関わる人だけが取り残されたように引き続き原発への抵抗を強く表明している。

それは、もっとも直接の被害者である動物たちのためにもしなくてはならない事だからだと思う。しかし当方も含めた多くの人々、人間たちは、思ったほどには(即座に直接生死に関わるほどには)原発の被害を受けなかったこともあり、脱原発感覚は後退した。

「いったい電気と家畜、どっちの方が人類にとって必要不可欠な存在なのか」

そんな問い自体、ナンセンスなのかもしれない。が 文明にとって電気ばかりが命の次に大事な位置づけになっているのは変だと思い、NETをうろちょろしてなぜか出会った本がこれ。

わたしはまるっきり記憶になかったけど、発行年2009年のベストセラーでもある。参照

作者のエリカ・アンギャルさんは、8年間ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして活躍

ダイエットときくと、日本の女性はただやせることをイメージしがちですが、本当は違います。ダイエットとは、賢く食べること。何を食べて、何を食べないか。それによってあなたは美しくもなれば、美を害することにもなるのです。世界の美女たちはもう知っています。美しくなるには、しっかり食べなくてはならないことを。そして、始めています。美しくなる食事のとりかたを。

(中略)
化粧品では手に入らない永遠の美を携えて、日本の女性にいきいきと輝いてほしい。そう思ってこの本を書きました。読み終ったあと、何かひとつでも始めてみてくださいね。1カ月後、あなたは自分の美しさに気がつくはずです。

#まえがきより引用

当方、論理的っぽい話しの影響を受けやすいため、読んですぐさま、何を食べ、何を食べないかを実践した。期間は約3週間。全部の実践は無理だったので、菓子のかわりにアーモンドやドライフルーツ。白いパンの代わりにブランフレーク。揚げ物料理の代わりに揚げない料理。さらには、積極的にオリーブオイルをとり、積極的にアボカドを食べ、積極的に魚を食べた。

おかげで一気に食材費が跳ね上がったのには、それだけで冷や汗が出て痩せそうに。笑

たった100円のポテトチップがどんだけ手軽に空腹を癒していたか、思い知った。

この本でもっとも白眼視されている食品が「ソフトクリーム」なんだけど、これも実に手軽な値段で至福のおやつタイムを提供してくれる一品だ。

昔なら、大富豪だって、そうそうソフトクリームほど美味なものは食べられなかったと思う。(わたしはスーパーで買えるやつだとチョコレートアイスクリームバーPARM(パルム)大好物すぎる) いわば現代文明の最大の(とまで言うと大げさ)恩恵。

それを悪者だというのだから、残酷だ。が、食べないで我慢した。不可能に思えたが我慢した。

そのための方法もこの本に書いてあった。

ここさえ押さえれば、読んだも同然の情報POINT☆

食べてから急激に血糖値が上がる食材を「GI値が高い」という。血糖値が急激に上がると、下げようとして大量にインスリンが分泌され血管を痛める。これが老化の原因。また、急激に上がった血糖は、急激に下がり我慢できない空腹感となるなので、GI値の低い食材を選んでいけば激しい空腹感に襲われずにすむのだ。

GI値の一覧はネットでたくさん見れるため、参考にしつつ、食べるものと食べないものを決めて行く。

これ、「低インスリンダイエット」と呼ばれてすでに市民権を得ている模様。

そんなでベースの体重(朝の体重)は4キロは減った。まだ白いもの=白米は食べているので、玄米に変えたらもっと減るかかも。

だからといって「はい、美女になりました」と宣言できるわけではない。が、少なからず成果もあった。今までよく「疲れてる?」と聞かれることがあったのに、めっきり聞かれなくなった。あと、無駄に砂糖を取らないだけで気持ちが安定することに驚いている。高所恐怖症がひどかったのであるが、屋根裏にもヒョイヒョイ上がれ小学生の時以来の身軽さだし、人前でも堂々としていられるし(自分比) 。著者曰く「砂糖は麻薬より怖い」が、大げさではないと思った。

もっとも続くのかどうかが大きなキーなので、後日談は必要だ。しかも著者は「グルテンフリーダイエット」なる本もその後出していて、小麦、ライ麦、大麦全部にダメ出しをしている。いくらなんでも、厳しすぎないか? そこまでいくとカルトじみてくるので、どうなのかなあと不安だ。

そんなで、1年後くらにはまたこの話題を取り上げたい。

やめちゃった場合は、さりげにスルーかも^o^

彼は仔猫である。名前はきっとない

記事の分類:日記

「縁側の下に猫がいたよ、コネコが二匹」

一週間くらい前に娘が言うから それでどうしたの? と聞くと

「お兄ちゃんが野良猫に餌はやらない方がいいとネットに書いてあるからやらない方がいい、っていうからあげなかった」

とややこしく教えてくれた。野良猫に餌をやらない方がいい理由とは何なんだろう? いくらネットに書いてあるからといって、冷たすぎないだろうか?

少し詳しく聞くと、餌目当てにどんどん野良猫が集まって近所迷惑なことや、糞害などを挙げていたのでもっともではあるのだが…

☆ ☆

そして今朝、庭を見たら、仔猫が一匹、枯れ草を相手にじゃれたり転がったりしていた。両手でフワッとつかめそうな位小さい、薄い茶色の仔猫。

しばらくしてどっかに行ってしまうまで、目が離せなかった。

「可愛かったなあ」と思いながら朝ごはんを食べていると、T・Tが水でも飲みに来たのかダイニングキッチンに入ってきて「おはよう」と声をかけてきた。

お?

この一月近く、奴とは口を効いていなかった。つまらないことで口喧嘩になり、それ以来顔を合わせることもなくなった。親の作った食事もとらず、どっかで買ってきたものを食べている。何年か前なら心配になってこっちから折れたけど、彼ももう大人の年であるから、放っておいた。

放っておいたと言っても、同じ屋根の下に住んでいるので、完全無視は難しかったが、向こうがそうしてきたのでこっちもそうした。

そのT・Tが今朝は、猫の話しにのってきてホンワカといろいろ話しをする。〝実は仔猫は三匹いて、一匹は薄い茶色、一匹はまだらの黒、一匹は毛足が長くペルシャ猫のようだ〟と。〝親猫は顔がやつれてげっそりしていた〟と。そこへ、〝縄張り争いかなんかで、大型猫がうちの庭に入り込み、親子4匹にちょっかいを出していた〟と、話す。

「でかい猫に、仔猫が毛を逆立てて立ち向かっていたよ。敵うわけないのに。」

先ほどの薄茶の仔猫だろうか。

T・Tは台所にたって何かし始めた。食器棚から平皿を出したり、「皿はやめるか」と再生ゴミのプラスチックトレイを引っ張り出したり、「これじゃ軽すぎるか」と右を向いたり左を向いたり。

もう大人の年であるからわたしは手伝いなどはせずに、「また来てほしいねえ」と話しかけたのだけど、やつは聞いてなくて、縁側と台所を行ったり来たりしていた。

悪の華について

記事の分類:日記

数日前、職場の同僚でアラサー女子のH美が 「『悪の華』ぜったいおもしろいですよ!!ぜったい読んでください」と熱心に薦めてくれた。

わたしの年齢だと『悪の華』といったら、フランスの詩人ボードレールの代表作をさす。

けど、H美がすすめているのはマンガだ。

ボードレールの『悪の華』は1857年に出版された本で、たとえば

愚行と錯誤、罪業と貪欲とが
我らを捕らえ我らの心を虜にする
乞食が虱を飼うように
我らは悔恨を養い育てる

といった冒頭の詩で知られる。それとも、この詩の中ほどにある

放蕩者が年老いた売春婦の乳首を
食らいつきしゃぶりつくすように
道々ひそかな快楽を盗み取っては
干したオレンジのように噛み締めるのだ

の方がより生々しく、ボートレールのすごさを伝えるだろうか?

なんちゃって。どちらにしろわたしはボードレールの『悪の華』は読んでないのだ。本を手に取ったことならあった気もするけど、どうも自分にはピンとこなかったので忘れてしまった。

ところがH美が貸してくれたマンガの『悪の華』は、さっそく7巻まで読んだらおもしろかった。

今そのついでにボードレールの元祖『悪の華』も読んでみようかと、思っている。

温故知新でもあるんだろうけど、若者に導かれる縁って、あるよね