Skip to content

カテゴリー: エンタメ

日本、アジア、ワールドワイドに。エンタメは範囲が広大なので、自分にとって取っつきやすいステージを中心に送ります

番組の途中ですが、We Are The World☆

記事の分類:エンタメ

夜遅く帰ってきた末次郎が、スマホのYoutubeでこの曲を聴いていた。
彼の、最近のヘビロテ曲らしい。
晩ご飯を出してあげながら、わたしも引き込まれて聴き入ってしまった。そして思った
「We Are The World、なんていい曲なんだ!! こんなに良かったっけ?」

トップアーティストたちの、それぞれの個性を際立たせた歌い方といい、ストレートで熱いメッセージといい、へんな我の張り合いなどはせず心をひとつにさせている姿といい。当時は、それが揶揄されてもいたのだけど、今見るとなんて貴重な。

さっき調べたら、We Are The Worldは1985年にアメリカで発売された歌で、著名なアーティストが「USAフォー・アフリカ」として集結して完成させた、とあった。
あれから30年も経ってしまった、ということだ。

We Are The World、We Are The childrenとかit’s true we’ll make a better dayと歌っているものの、この30年間はまったく理想通りにいかない苦しい30年だった。ここでGodとか言ってるのが原理主義のイスラム教の人を、逆に怒らせたのかな。それを考えたらティナ・ターナーがこの中で一番立派なのじゃない? 自分はそうか学会なのに「we are all a part of god’s great big family」のパートを歌っているのだから。

詳しいことはよくわからないけど、アフリカの飢饉を救うマインドが腐ってなくなってしまわないよう、それがアフリカからもっと広がるよう。

殺気だったこの時代だからこそ、どえらく良い曲に思えたのかな。

井上真央&松本潤「結婚」が何度も報道されるワケ

記事の分類:エンタメ

d0017307_173862

井上真央&松本潤「結婚」が何度も報道されるワケ ファンの反応探るため「事務所がリーク」説も : J-CASTニュース 2015/10/ 2 19:09

元をたどると2008年頃後半、2人の熱愛を伝えた週刊誌報道に行きあたる。ドラマ「花より男子」(TBS系)で共演した05年頃から2人の交際はネットで噂されていたものの、実際に報じられるのは初めてだった。

神尾葉子のマーガレットコミック『花より男子(だんご) 』のファンとして、2007年のドラマ『花より男子2』の熱心すぎる視聴者として、待ちに待ち焦がれたニュースといえば「まお・じゅん ご成婚!」。

いやもう、ほぼ夢見た結末といっても過言ではないくらい待ち焦がれているのに、するぞするぞ、とおれおれ詐欺めいた話題作りだけでいつの間にか立ち消えになっていたこの数年間。

こうまでなかなか結婚しないとなると、ついつい、「そうだね、まおちゃん、待っていればもっといい相手みつかるかもね・・・みずほ銀行の次期頭取とかさ。トヨタの社長の孫とかさ、ソフバンの社長の親戚とかさ。マツジュンなんか、しょせん人気商売。落ち目になったら目も当てられないし、それでなくても年取ってただのおじさんになったマツジュンなんか想像したくないよねえ。やっぱ実業の世界で金持っている人のがいいに決まってるしっ」

ってさ、いろいろ計算してしまう。

なぜトヨタだソフバンだのと名前が挙がるのかというと(みずほは彼女がCMやってるからとして)、花男リターンズのスポンサーがその二社だったのだ。

でもって、あのドラマが「企業の繁栄は人々の幸福のための必須条件もしくはそれ以上に価値あるもの」とする裏メッセージよって、原作がもっていた<貧しくても誇り高く生きる女子の物語>という側面を著しく台無しにしていたのを、思い出すからだ。→参考:自分の書いたレビュウ

けれど、そこまで大人の事情に翻弄されながらも、ふたりは輝いていたし、マツジュンはほれぼれするくらい美しくもかっこよかった。

なもんだから、どしても期待してしまう。というか、やたらと煽る報道さえなかったら「ドラマはドラマ」と普通に割り切って、別にそれ以上何も思わないのに、へんな期待をもたせる報道はやめてほしいよね。

真央ちゃんのブログ見たら、花燃ゆで、おおぜいのステキな役者さんに囲まれてよりどりみどり状態なのを確認した。何もマツジュンにこだわることもないのかなって感じだった。(確認するのそこかよって感じだけど)

「結婚報道」は、そのたびにこっちもソワソワするから、本人が「ブログで発表」するまでそっとしておいてと、思った。


エンターテインメント ブログランキングへ

ガ通だけだと不公平(゜▽゜)なので、他のも見ました。

2ちゃんねるならぬ4chanというのが、アッチにはあるらしい`-`;

記事の分類:エンタメ

この前ガジェ痛みてたら、へ? と思う記事がパワープッシュされていた。

ひろゆき、英語圏巨大匿名掲示板4chan管理人になる。「ひろゆきのもと4chanで何が起こるのか早く見たくてしょうがない」と前管理人mootさん | ガジェット通信

2つの意味で驚いたね。

これが例の、4ちゃんねるだ
これがそれだ
  • アメリカになんで「巨大匿名掲示板」なんかある?! 自由の国なんだから、何でも実名で言えばいいじゃない!
  • 自由なアメリカ人のくせに匿名で言う(やる)ったら、相当に危険だ。そんなのの管理人になって平気なのか?

しかもその4chanってのを見にいったら、かなりしょぼい感じで、古くさいかんじ~~
でも人は(掲示板は)見かけで判断してはいけないと思い直し、中身を見ることにした。とりあえず、どこにするか? とざっと見回して、目に付いたのはHandsome Men。なになに、どんなハンサムメンよ? と思いつつクリックし・・・・・・・
うわわわわあわわ

いや、わたしもこの年でカマトト(死語)ぶってちゃいけないんだけど、Handsome MenはHandsome Menでも、顔じゃなくて下方がHandsomeだぜと言いたいらしい板だったのだったw

で、もう一回トップに戻ってよく見たら、Handsome Menは、Adult のカテゴリだったんで、一応「区別」は付けている様子だった。あと怖かったけどhentaiも見たら、これはほとんどが日本のエロ、というのかHマンガで、こんなの広まらなくてもいいんだけどなあって思ったけど、案外これでアメリカの性犯罪が減らないとも限らないから、イヤハヤ南友だ。(←永井豪のエロのなんて楽しくも素朴なこと!)

全体的に2ちゃんねるよりぜんぜん小規模な印象だった。ほんとうにそうか確認のために、何年ぶりかで2ちゃんねるにいってみた。

そしたらなんつうか、相当におかしい書き込みが多かった。以前はひどい混ぜっ返しが多くてイライラしたとはいえ、それなりに筋の通った書き込みが多かったのに、いったいどうした? 筋組も混ぜっ返し組もツイッターへ移動したのか。まるで今の2ちゃんねる、薄いキョウキが浴槽に渦巻いた公衆浴場みたいな案配になって皆で首まで浸かっているみたいなのだ・・・

それ見たら、がぜん4chanのがマシに見えてしまった・・・・・

(政治系とか日韓系の板を見てしまったからか)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日記・雑談 ブログランキングへ

経済産業省はおバカな日本文化PRパーティーをやるくらいなら、カンヌに参加する女優達の衣装にもっと金を出すべき¥\(・o・ )do-zo

記事の分類:エンタメ

是枝裕和監督「怒ってます。」 ブログに記載、何があった?(ハフィントン・ポストより)

是枝監督の怒りは、二重構造である。最初は経産省に。二度目は文春に。

5月18日に行われた経済産業省後援の日本文化PRパーティーを欠席したと報道。その理由として、日本がこのパーティーを含めた一連のイベントで紹介したのが、くまモンやミニフィギュア「コップのフチ子」など映画と関係のないものばかりで、是枝さんがその演出方法に賛同できないため

どーーして映画の祭典にくまモンやミニフィギュア「コップのフチ子」なんかを持って行ったんだヨ経産省は。恥ずかしいヨ。何も生み出せない役所の役人が恥だけはまき散らしに行くってのは、もうダメでしょ

映画や映画監督、女優の方が偉いの。
生み出し、作り出す人間の方が偉いの。
ぜんぶフラットにしてあげようという変な平等心が、事態をおかしくしているんだ。
経産省のお役人は、国家の召使いというだけで、何も偉くないの。
召使いさんも存在していないと困る。それは確かだから認めなくてはならないけど。
それなりに大変な仕事だろうから、給料も高いし、公務員という安定的!!(ここ重要)な職業。

だからって、偉いわけではないんだから。
映画と、作り出す人間をもっとリスペクトして、そのためにガンバんなよねほんとに

以上が記事を見てわいた怒り。んで!!!!

この記事の下にあった写真集見て、さらに・・・・

なんだこの、美しくない衣装は?

なんだこの、身体のラインを隠しまくる防衛的な衣装は?

夏帆なんか青、ぜんぜん似合ってないし
長澤まさみの着ているの、なんだその地味なの!!!
広瀬すずは未成年だからこのカワイイのでいいけど
どうしたの?綾瀬はるか。ちっとも素敵に見えないよね。
いっそ和服でいいよ、白人に比べてスタイルに自信がないっていうなら。
お金をケチられたってことなのかなあ?(和装は高いから)

ひょっとして、女を武器にするのやめて表現者・アーティストのつもりなのかなぁ?
それにしちゃダサいし・・・・

一番考えられるのは、四人で相談し合って、いかなる嫉妬も羨望も生み出さない『海街diary』的な平和なカッコウにしようねって決めた可能性かな。日本的な和の精神で、誰かが特別に目立たないようにした、という。

けどさ、日本的な和を尊重してより素敵な方へ行くならそれもいいけど、下方へ行くならやめてほしい。

『海街diary』を見る気がしなくなるじゃないか


エンターテインメント ブログランキングへ

EXOの2ndフルアルバム『EXODUS』の第一印象は「アメリカかっ!!ばしっ」

記事の分類:エンタメ

EXODUSもろもろの事象と絡めつつ、時たま語ってきたEXO。

この春に彼らの二枚目のフルアルバムが出たのでAppleストアで購入、聴いてみた。その第一印象は・・・・・

アメリカかっ!!!!バシバシバシ」(元ネタ・タカ&トシ。いや~古いなあ。うちテレビないからどうしても・・・

あの大傑作Growlがあれほど中国ぽい大陸の空気を感じさせて、歌もダンスもカメラも全部で魅了したというのに、どうしてその路線を放棄するのだ!!

『EXODUS』からは中国っぽさはほぼ完膚なきまでに消えたといっていいのではないだろうか? その事実にがっくしと、肩を落とさざる得なかった自分・・・・ 他の方々の肩はどうなんだろう。

が、しばらく聴いていたら、だんだん慣れた(いいかげん)。まあ元より、振り付けとかダンスとかの元祖はマイケルジャクソンとかだし、ラップというジャンルからしてアメリカ黒人のものだろうし(詳しくは未調査だが)、最初からアメリカ音楽のパクr・・・もといインスパイアされているわけで。

と思っていたら、EXO_LOVE ME RIGHT_Music Video – YouTubeではアメフトまでやっててビックリ。そこまでやるか。

Luhanが脱退した時はショックを受け失意の日々を過ごしたが、今のEXOは彼の不在をまったく感じさせない。それぞれが成長して大きくなったためか、10人でぜんぜん充満している感じ。どの曲でも、10人のメンバーが代わる代わるに歌って、時に重なり合い、時に単独で熱唱したりで楽しい。

ダンスパフォーマンスの方はまだ、EXODUSとCALL ME BABYしか見てないが、どちらも素晴らしいと思った。EXODUSの首を持ち上げるような動き(首つりを表現?)など、ユニークな動きを新たに開発していたし。妙に嬉しいのは、シウミンが今までのミソっかす感から脱皮して、オトコっぽくなったところだ。

そんなで彼ら、日本へ小遣い稼ぎに時々来て、メインターゲットはアメリカってことなのかもしれない。とりあえず応援しようっと

エンターテインメント ブログランキングへ

写真はEXO’s ‘Exodus’ Album Earns Biggest Sales Week Ever for a K-Pop Act | Billboardより

2月にHALLOWEEN PARTYのワケないっしょ★とゆうびっくりはさておき

記事の分類:エンタメ

VAMPS主催「HALLOWEEN PARTY 2014」2日目は豪快セッションで大団円! – SNN(Social News Network)

SNN(Social News Network)の「最新ランキング10位」に入っていたVAMPS主催「HALLOWEEN PARTY 2014」。