Skip to content

カテゴリー: 政治系

政治や政党についての話題を、有権者としてPOSTします

北朝鮮の傑作動画

記事の分類:政治系


North Koreans jump into the water to reach Kim Jong Un’s boat!

イントロの女性ナレーションとBGMからして受けまくり、可笑しくて抱腹絶倒していた。

もし自分が、Kim Jongに駆け寄って、あんな風に感極まったファンのふりをしなきゃならなかったら地獄だろうに。

あーーもうワケわかんないや。

パブリックコメントの公表遅れについて

記事の分類:政治系

東京新聞

昨日の東京新聞の一面には、有意義なことが書いてあった。

意見公募 公表遅れ25%」と題して、パブリックコメントが過去3年間にどういう扱いを受けたかを調査、そのヒドさを皆に知らしめたのだ。

調査と言っても、東京新聞がしたわけではない。自民党行政改革推進本部(本部長:河野太郎)が行った。意外だが政府与党にはそのような機関がちゃんとあったのである。

本来パブコメは、「政府が政令や行政指導指針を定めるにあたって国民の意見を反映させるため」のシステム。

ところが、政令などの発布よりもパブコメの公表の方が遅かったケースが、654件もあった。1年以上遅れたのも10件あった。放送法関連の総務省令改正に関するパブコメにいたっては、1295日も遅れたという。1295日といえば3年を超える。

遅れの理由を聞かれた各府省庁は「業務多忙により公表を忘れた」と答えたそうな。

6日に河野本部長は、東京新聞の取材に対し「法律違反※が横行している。役所がパブコメに重きを置いていないことがはっきりした」と指摘し、

パブコメの取り扱いを人事評価に反映することや、意見の件数が多い場合には精査するため、政令などの決定までに十分な時間を取ることを政府に求めている

とのこと。

ほんとう大いに期待する。

+。…☆。+。…☆。+。…☆。+。…☆。+。…☆。+

ふがいない民主党が「二大政党制」をダメにしたため、自民党一党独裁体制はこのままいつまでか知らないが続くだろう。

その中で、国民が意見を反映させることができるかもしれない、最後の砦がパブリックコメントだ。

(ほかにあるとすると安倍晋三氏のFaceBook=邪道w)

今回東京新聞は、最後の手段がパブコメなのを、再認識させてくれた。

実際モンダイ、ネットで政党や政治家を育てるというのも、当初の想像以上に困難そうだし・・・・

とりあえず今は、パブコメの存在をできるだけアピールし、なんかあったら自分もパブコメに参戦だ。

そのためにも、日頃から情報収集をちょこちょこ行い、いきなり文章書くとうまくいかないから、ときどき書いて慣れておくようにしよう。読者諸兄諸姉諸弟諸妹もがんばって!!


※「政令などの公布と同時期の結果発表を義務付けた『行政手続法』」という法律がある

「警察の捜査が、湯川さん後藤さんの危機的状況を引き起こした」〜ジャーナリスト・常岡浩介氏が会見

記事の分類:政治系

【全文】「警察の捜査が、湯川さん後藤さんの危機的状況を引き起こした」〜ジャーナリスト・常岡浩介氏が会見 (1/2).

なんてこったろ。
つまり、チャンネルはあったんだ。もとから日本(の民間人)には。
つまり、「イスラム国」の人間は最初から血も涙もない悪魔、なのではなく、コミュニケーションの成り立つ相手なんだ、本来は。

ただ、彼らの掟の中にはこっちから見たら残虐なのもある。

言ってみれば、150年前の日本人が切腹していたように。

怖いなぁと思うのは、コミュニケーション回路を、公安部外事第三課はじめとして、追随するマスメディア(が存在するかどうかわたしは未確認だけど)が潰し、あくまでも悪魔としての「イスラム国」と位置付けるとき、

こうやって戦争って始まるんだなあという、典型的な状況になるんでわないか、ということだ。

「イスラム国」が悪いのはもちろんだし、それは常岡氏も言っている。

それでも・・・

アベノミクス解散と言おうとしてバカヤロー解散と言ってしまう日々

記事の分類:政治系

 今度の選挙、安倍晋三首相氏は「アベノミクス解散」と自ら命名し政権の継続を強調したそうだ。対する野党はアベノミクスで格差が拡大したとして、転換を訴えたそう。

 ここらの政治話題ソースである22日の東京新聞によると、首相は解散後の自民党両院議員総会で、衆院選で消費税再増税を延期した判断の是非を問う事に関し「議会制民主主義の基盤である税制に重大な変更を行う以上、国民に信を問うのは民主主義の王道だ」と述べた、という。

 その数日前の新聞もついでに見ると、

安倍晋三首相は18日夜、首相官邸で記者会見し、来年十月に予定されている消費税率10%への引き上げを2017年4月まで1年半先送りする考えを表明した。再延期はしない方針も示した。その上で、増税延期の判断について国民に信を問うため、衆院を21日に解散すると明言した。これに先立つ自民党臨時役員会では、衆院選の日程を12月2日公示、同14日投開票する方針を伝えた。
引用元:19日の同新聞

 時間軸が前後してるけども、ともかくそういうことらしい。一方、人々(あと朝日などのマスメディア)がこの解散総選挙は大義がないとし批判。するとそれに対してバカじゃねえの? あるんだよ!!とコケにする主張が発生した。(参照:衆院解散「大義なし」批判は財務省からのアメを失った増税派の遠吠えにすぎない!)(穏当なラインではなぜ記者はこうも間違うのか!? 消費増税見送り解散&総選挙には大義がある (2014.11.14)

 これらの主張は、面倒くさいことを省いて言うと、財務省と果敢に戦う安倍首相氏を印象づけた。

 次に現れたのが、<この解散って憲法違反だよ、憲法違反の首相でどーすんの、誰も聞く耳持たないだろうけどさぁほんとにもーー>といった嘆息混じりの控えめな主張であった。(参照:VIDEO NEWS首相はいつでも好きな時に衆院を解散できるわけではない ?

 確かに、国民の投票で選ばれた議員をそうそう簡単にクビにできるって変だよなあとは思っていたけど……※

 とばっちりだったのは子育て政策のキーパーソン駒崎さん。自身が取り組む支援策には消費税が紐付けられているため、消費税10%もやむなしと言ったとたんに、変な人たちからもう攻撃を受けていた。

 攻撃をした変な人たちっておかしくない? 自分の置かれた状況、自分の信念、自分のやっていることを基準にして意見するしか、方法ってないのに。簡単に言えば、消費税10%賛成と言って何が悪いのか?

 攻撃をする人の置かれている状況が何なのか調べても、ほとんど見えてこない(5分程度しか調べなかったとはいえ)。たとえばこういうのならまだ分かる。→製造業をやっている立場から増税されると工場がつぶれる、今婚活しているが年収が上がらないから相手にされない(ほんとにそれだけが理由かは兎も角)、新婚だがいつまでも子供を産めないでいるのは消費税のせい。あるいは自分は財務省が憎い。財務省はこうこうこうだから増税を望んでいる。その望みをかなえたくない、というレベルでも良い。なんらかの主張すべき正統性がなんもない人が、単に欲求不満のはけ口的にわめいている、としか見えないのだ。

 武器としての経済学を中途半端な知識でふりまわす人って貧しいなぁと思う。そんな性根じゃいくら景気が良くなっても貧しいものは貧しいんだよ。景気のせいにするなって感じ。


 そういえば官僚と戦う安倍晋三という話は、前回首相時にもあった。わたしの拙過去記事「田原総一朗さんて、いったい何?」が、「 安倍政権の倒閣を企てた官僚たちの二重クーデター 2007年7月19日」を紹介している。官僚の天下りは、当時たいへん問題視されていた。今も財務省はさまざまな既得権をもつ(と思われる)ムカつく連中には違いないけど、そこを投
票の判断材料にすべきかどうかは、悩みどころだ。


このあと、12月14日の投票日まで、判断材料になりそうなソースがあったらgoogle+に+したい。(コメント書いていると時間をくうため)


※こういうの聞くと、日本て(しょせん)アジアなんだよなーーと思う。当方、K-POPの贔屓スターのツイッターや記事で韓国や中国の人の反応見てるから、けっこうアジアに詳しくなった。
(最近C-POPってのも出てきたけど、最後まで聞きとおせた曲はない。今んとこ)