感想文の勧め。Scrapboxの使い方も

画面キャプチャー

★ ☆ ☆ ☆ ☆

感想文を書いてみよう。

感想文というと、どうしても小学校、中学校で書かされた読書感想文が頭に浮かぶ。
書かされた、のであって書きたいと思って書いたわけではないため、苦痛な記憶しかない。
が、今、わたしたちは目出度く大人になったのである。
感想文を強制してくるような迷惑な人はどこにもいない。
これは本当に、ばんざーーいv\(#^ 0 ^#)/vなことだ。

“感想文の勧め。Scrapboxの使い方も”の続きを読む

車いすバスケを描いた『リアル』by井上雄彦を読んだ

この著者、『スラムダンク』や『バカボンド』で有名な漫画家とのことだけど、わたしはあんまり漫画読まないんで知らんかった。

今回これを読んだきっかけは同僚と夜中に話していて、「君は『君の名は。』見た?」と聞いたら「まだなんだよなーこれからかなー」みたいな話になり、その同僚(男。40代)は「アニメはサマーウォーズが傑作。あれを越えてるとは思えない」と言いだした。

自慢じゃないけどわたしの知ってるアニメ、『君の名は。』と『この世界の片隅に』と『聲の形』しかない(見たのは「この世界‥」だけ)。ぜんぶ最近小耳に挟んだやつだ。

同僚君はその後もサマーウォーズについて説明してくれたため、わたしも「じゃ今度見てみるね」とか言って、その場でhuluで見れるかどうか調べた。ところが、

「あれーhuluではサマーウォーズやってないワ。あーあ」

となってしまった。というかhuluの場合そういうパターンが多い。その代わりってわけじゃないんだけども、『リアル』を貸してくれることになった(ぜんぜんジャンル違うわけだが)。ところが『リアル』、まだ完結していない。しかも年に一回のペースでしか作者が続きを描かない、という。うーーーん微妙。けど、同僚君にとって貸せるものの中での一押しは、『リアル』なのだった。

★ ☆★ ★★ ☆★ ★

最初3巻まで貸してくれたんで読んだら、ここまで直球で号泣させるかってくらいの剛球責めにあった。特に来たのは3巻の最後、高橋の父親が高橋の見舞いから戻っている。ろくろの茶碗がぐにゃぐにゃになってるところだ。つい数頁前まで粘土を端正な形に作っていたのに、今はもう手につかないのだろう。父として強く打ちのめされ、独りで泣いているシーンが来たなんてもんじゃなかった。

4巻以降も、『リアル』の中で一番好きな人物が高橋のお父さんなので、「もっと出てこないかな」と待ち遠しく思いながら読みすすめた。高橋久信の父は、元はエリートサラリーマンだったものの陶芸をやるためにドロップアウトした。その時、まだ小学生だった久信に黙って家を出て行ってしまった。そのため久信はもやもやした悲しみとか喪失感を抱えることになり、シニシズムというか、人をランク付けでしか考えられないような、貧しい精神の持ち主になってしまった。

そんなだから見舞いに来た父が、粗末な身なりの汚い男だったため(服に泥はついているわ、無精ヒゲだわ、素足に草履だわ)久信は思い切り見下すことになる。そしてここからが本当につらい心理の動きなのだけど、動けなくなった自分はその底辺よりももっと下じゃないかっていう、地獄のような自己認識。ここらの心の動き、激しいペンタッチとともに容赦なくえぐり出していく。

久信のねじれて荒んだこの心、どうなってしまうんだ? と読むのが止まらなかった。

打開してくれたのは、久信と同じ病室になった、自身も脊損で歩けなくなってしまったプロレスラーのスコーピオン白鳥で、無理矢理に出場した試合でのむちゃくちゃな活躍だ。久信のこと、下手すると、みょうな優しいあり得ない女性が現れて、懐柔して解決になりがちなところ、男の力業を見せつけるところに感心した。感心というか感動。人間のランクがどうのとか、そういうのを超えていくのが男の生き様だぜ、って思った。

で、実は打開してくれた人物がもうひとり居て、こちらはフィギュアとプロレスが大好きなオタク男の花咲 満。ここらへん、絶妙なバランス感覚つうか。スコーピオン白鳥だけだと剛力(ごうりき)の世界に行きすぎるところ、キモオタでへにゃへにゃ男の花咲との組み合わせも受け入れている久信が、心があったまるんだよねえ。

(ちなみに、同僚君はモロ花咲 満タイプ。「もうちょっとしっかりしなよー」とハラハラさせるタイプ。花咲よりはコザッパリしてるけど)

久信の父親にもっと登場してほしいけど、そんなでもう出番はないかな。長くテーマの一角を占めた高橋ファミリーの確執は、お母さんの突然の金髪化とピクニックをもって一段落ついた。(そうよ、お母さん、もっとはちゃめちゃになっていいのよ!!)

主役の少年について語る余力がなくなってしまったが、もちろん、彼の物語もすごいのである。

特に心に焼き付いたのは、「足がない、足が動かないというだけで、向こう側に行ってしまう」というつぶやきだ。あちらの世界と、こちらの世界で、別世界になってしまう。

障害者の世界と、非障害者の世界で、くっきりと別れて

今、単行本は14巻で止まっている。
描くのがほんとうに大変そうな漫画なので無理もないと思う。それはまるでスコーピオン白鳥が立てもしないのに試合に挑むみたいなもので。
筋ジスの山内 仁史も気になる。
筋ジストロフィーという難病について、普段考えることはないけど、この漫画によって正面からみつめることになった。世界のど真ん中にボンと居るって感じ。「20で死ぬ」と自分で言ってたのがもう20になってしまった。これから、どうなるのか?

そうそう、朋ちゃん(こわい顔の男。準主役級)もどうなるのか!!

リアル(ほんとの、現実の)の車椅子バスケットボールへのリンク集。

車椅子バスケのルールが2分ほどで説明されている。

JWBF | 一般社団法人 日本車椅子バスケットボール連盟

PLAYER | JWBF Natinal team全日本の選手たち

Paralympic Results & Historical Recordsリオ パラリンピックの結果(優勝はアメリカ)

Wheelchair Basketball at the Rio 2016 Paralympic Gamesで検索するとリオでのことが出てくる。

こうやってみると足に障害を負った人って随分大勢いるんだなと、今さらながらの感想をもった。
あと、パラリンピックにばかりこだわると、ランク付けしてばかりの発想と同じになってしまうなと思った。かといって、勝敗へのこだわりがなくなったらつまらないし‥‥ 難しい。

あと、パラリンピックの方がオリンピックよりも国境を超えていると思った。

それはあたかもピコ太郎が国境や言語を超えたツナガリを生み出せたことに似ている。

単なる強者はほんとうのツナガリを生み出せない。っていうか。

まとまりがないけども、いつかどこかへ続く。


日記・雑談 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アイズ・ワイド・シャット / media:hulu

1999年のキューブリック監督映画をhuluでみた。hulu、それとノートパソコンで映画を観るという行為に慣れない。こんなお手軽な映画の観方があっていいのかと落ち着かないのだ。テレビで放映するのを待つよりも、レンタルビデオを借りてくるよりも、DVDを買ってくるよりも。いわんや映画館へ我が身を運ぶ手間と比べたら!!

ファスト。ファストフードならぬファスト映画鑑賞。

わたしはなんでもかんでもファストであることが嫌いだ。映画館でないと映画みないぞー!!

と思いつつ観てしまった。まあいいよね、ずっと昔、1999年の映画なんだし。

アイズ・ワイド・シャットはキューブリックが試写後5日目に急死した作品で、リアルでも実際の夫婦であるトム・クルーズとニコール・キッドマンが夫婦の愛と性と嫉妬ともろもろを演じた作品。という予備知識からして疲れそうな映画で(当方、実は心底の映画ファンというわけではないんだと思う。疲れそうだとひるむ)、キューブリックファンなのに長年見逃していた。

ところが観てみたら、あんまりにもマトモな映画で拍子抜けしたほど。特に、トム・クルーズが嫉妬と欲望(と、思われる。男でないのでよくわからない)に懊悩する表情と、そのさまを追うノロノロした重たい時間経過が新鮮に感じた。わたしの美意識では「ハンサム」ではないトムだけど、あちらでは典型的なハンサムガイなんだろう。誰も彼もがトムに魅了される。そしてわたしも、苦悩しつづけるトムがだんだん愛しくなってしまった。

上の写真はその懊悩も終盤に入ったあたり。ふわっと自分も一緒に入りたくなるような夜のカフェ。持っている新聞に重大なニュースをみつけることになる場面。その中で、奥の方にさまざまな人種の男女が談話しているのが見える。金髪の女性など、身を乗り出して話に熱中している。これ、患者サンたちがやってるSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)での、「人の話を聞く時は身を乗り出すように」という合い言葉を思い出してしまった。

カフェではひとりでコーヒーを飲むのもよし。いろいろな人たちと会話を楽しむのもよし。そこにはドロドロとした欲望なんかないし、不気味な秘密結社じゃないから裸にもならなくていい。不気味な世界と扉一枚隔てただけの危うさが日常にはあるんだとも解釈できるけど、その扉があるのとないのじゃ大違いだ。

その後危機を脱していくトムとニコール夫婦は、クリスマスの買い物に出る。ぬいぐるみやおもちゃが山積みの玩具店の通路を歩く。ここではトムがすっかりと男としての自信も威厳もなくして弱々しくなっているのが、もとからそういう人に見えてしまうくらいだった。対する妻の明晰さと強さはどうだろう? すがすがしく気持ちいい。快感。こんなに気持ちいいラストシーンってめったにないんじゃないか?

しかし困ったのは、その余韻がさめやらぬまま検索すると(なにせノートPCで観ているため何気なく検索できてしまう)、余計な情報が出てきて興ざめだった。曰く、トムとニコールの夫婦は映画完成後ほどなくして離婚しているのであるが、トムが一方的に離婚を突きつけた。ニコールはそのトラウマから立ち直るのに苦労したという。

そういえばこの映画でも最後に良いセリフを言っているのは妻の方であって、夫ではない。夫もマトモなことを言っていれば良さそうなものを、映画中では発することはなかった。彼も何か言っていれば、実際の夫婦の危機も多少減ったのではないかと夢想してしまった。

さらに、つい最近のニュースも目に入り、ニコールはトムとの結婚生活の暴露本を1100万ドルで契約した、という。まったくもってこんなに映画の余韻をふんづけまくる話もない。いくら1999年から18年間の間に観てなかった自分が遅すぎるとはいえ。

これだけの後日談が延々とあっても、それでも『アイズ・ワイド・シャット』の輝きは失せていない、と思いたい。
ファストファストの2017年の世の中では、ノロノロしてて寝そうになる映画だけど、だからこそ目が覚める思いがしたのだ。苦悩には時間がかかるということ。ファストな苦悩なんかないこと。ノロノロノロノロと無駄(に見える)時間が流れること。

この後、まだまだ、トムとニコールのゴシップが耳に入ってくるだろうけど、ふたりが元気な証拠ってことだと思う。

 にほんブログ村 映画ブログへ

メディアと自民党

西田氏の力作研究書、『メディアと自民党』を読んだ。
正直、かなりイラついた。なにゆえにわざわざ過去の自民党とマスコミの関係を「慣れ親しみの時代」などと繰り返し表記するのか?

学者だから批判的な表現ではなくてニュートラルな線をねらったのだろうか? あるいはこの関係にはメリットもデメリットもあるからだろうか。あるいは、旧世代のマスコミ&自民党への批判といっしょになりたくなかったからなのか・・・・

ともかくこれじゃ読者が煙に巻かれるだけと心配した田原氏が、帯にわかりやすく〝隷従〟という言葉をもってきてくれた。

マスコミの人だって自民党の議員だって個人としてはみないい人のはず。そう思えば、隷従などと古くさい上目線に抵抗があるのも分かる気はするのだが・・・・・・。

が、組織になったときに怪物化する人間の恐ろしさをもうちっと意識してほしいなと、思ったり。

さて。

 

事の発端は、2015年6月26日深夜。朝生の出演を自民党と公明党の国会議員が蹴ったことだ。

それまでは、与党と野党の議員、プラス論客たちで議論できていたものが、肝心の与党議員が参加しないとなると、政策を巡ってのオープンな議論と、それを見て判断する一般有権者という図式が成立しなくなる。

大変な損失である。

いやさ、大変な損失のはずだし、そのことはまずメディア(この場合テレ朝)が与党議員を批判し、民主主義のどだいとしての議論の場を軽視したと論客たちも批判し、判断材料を失った一般有権者も批判しなくてはならない事態だった。

が、それはあまり起きなかった。
その一方で安倍晋三は、7月6日に「ニコニコ生放送」で直接国民に安保法制について語りかけていた!!

これは、メディアを頼らずとも、メディアはスキップして直接メッセージを伝えることができるようになった、技術の進歩のおかげだろう。

よかったよかった。

いやいや、よくないよくない。というか、よいと決めるとここで話は終わってしまう。

その後本書は、世耕弘成議員(@SekoHiroshige)の巧妙なビジュアル戦略などを詳しく紹介している。
→→→巧妙な、という言い方は悪者視したかのようなわたしの言い方で、西田氏はそんな言い方はしていない。

その他、ほんとうに詳しく微に入り細に入りいろいろと書いてあるのである。
が、その大方はITテクノロジーの進歩ってすごいよね、って話であって、人間の何か、政治家のものの考え方が、すごいってわけではないと思う。つまり、アップル社とかマイクロソフトとかgoogle社がすごいねえってことにすぎないのだ。

モンダイは、野党の連中が、ぜんぜんこの事態に付いていけていないってことにある。

自民党は付いていっている。
(その方法は本書に詳しい。せめて野党はこれを読んで勉強すべき)

かたや政府に対して劣勢となったマスメディアは、これらの技術の進歩に対してどうだろう? あまりはかばかしく付いていっていない。

が、マスメディアには他に大きな役割がある。本書の最後の方は大学生の話になるのだが、

 彼らの主たる情報源は、(デジタル機器やモバイルデバイスに媒介された)口コミとインターネットである。インターネットは、伝播性、双方向性、相互浸透性といった、その技術特性で、確実にメディアを変えつつあるかに見えることだろう。

憧れになるのはオールドメディア

ところが、そうであるにもかかわらず、大学生の多くが就職活動で志望するのは、圧倒的にマスメディアであり、それらの人気はインターネットメディアをはるかに上回っている。人間の行動規範や社会の習慣はそれほどに惰性的なのである。

惰性的というよりも、オールドメディアが果たしている他の役割がある、ということだ。

それは、学歴社会という秩序を守る、という役割だ。

この秩序が守られないと、まずもって予備校産業が困ることになるだろう。

ことにノーベル賞という目指す先のある理系と違って、文系には優良企業に入れるという目標以外に、とくに目玉はない。(あるかもーだけど、わたしはしらん)

本当ならそれじゃ困るわけで、このままドンドン先を走って行く技術に対して、生命倫理にしろ、ほかのなんかにしろ、きちんと論陣をはれ、思考を積み上げていかないと、人間はもういなくていいじゃん? 的になりかねない。

目先の就職のことばっか考えてていいのか、大学は。って思う。

ともかく、オールドメディアに就職した若者たちが、いづれ秩序の保持ばかりではなく、ちゃんと時代の流れに応じ、つまりは自民党のメディアすっ飛ばし作戦に負けない方法を思いついてくれるといいのだが。

その際の方法が、自民党との癒着やなれ合い、隷従であってはならない、ということだ。

下手すると、そうなりかねないので、若者たち、そこんとこヨロシクだ。


社会・経済 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村