Skip to content

カテゴリー: 旅・歴史

旅と歴史は似ています。もっともっと旅をしたい、海外にも行きたい(パスポートを持っているだけで渡航経験ナシ(T-T))。その願いを込めてのカテゴリでもあります

郡山は不思議な街。メインストリートの廃れ方ハンパないのに路地へ入るとにぎやかにぎやか。しかも酒と食べ物が旨い!!(^o^) それとは関係ない話しだけど・・・

記事の分類:旅・歴史

福島県郡山市へ行ってきた。さいたまけん大宮から新幹線で一時間弱。近い近い。

aidu-toujin-dako-mini

初めて行った郡山、最初に感激したのが駅構内に飾ってあったコレ↑↑↑↑「会津唐人凧
一目見て「や・これ、朝鮮通信使じゃん、唐人じゃん、会津の人も朝鮮通信使の行列を見物に行ってたの!!??」と興奮していた自分。

ちなみに説明すると、朝鮮通信使は1607年~1811年の間に12回日本を訪れた朝鮮からの使節団。ルートは、ソウルー対馬半島ー下関を通って瀬戸内海を海路ー大阪あたりで上陸ー京都ー大垣ー名古屋ー静岡ー箱根から江戸。

目的地は江戸なので通常そこまでだけど、徳川家康を祀った日光東照宮に三回訪れている。一回目は1636年、人数は217名。

さいたま県川越が、「川越唐人揃え」というお祭りを毎年11月に行っているのだが、これが明治時代に入るまで行われていた朝鮮通信使の仮装行列を、2005年から再現したもの。(明治になって中止になっていた)

江戸までしか来ない通信使の仮装をなぜ川越で? と思ったら、川越の商人が江戸に見物に行き、いたく興奮&感動し、地元でも再現しようと企画したものが恒例化した模様。

江戸時代、すでに浮世絵などの出版をしていた日本であるから、通信使の情報も広く行き渡っていたのだろう。

そうなると福島という、蝦夷というには板東に近く、板東というには北過ぎる中途半端な位置ながら、通信使が来るぞという情報のもと、江戸かもしくは日光か、もしくは両方見物に行ったのではないか。

でもって見物したらドえらいインパクトを受けてしまって、思わず凧にしちゃったんじゃないか。

などいろいろ想像をめぐらしたら(ええあくまで想像です)、歴史浪漫過ぎてクラクラしたのであった。

 

tako

凧の下の説明書き。戊辰戦争の時に上げた会津唐人凧の絵。
なぜ上げたのか、その理由はわからない。(説明書いた人もわからない模様)
後日ネットで当方が調べると、会津唐人凧の由来もよく分かっていないらしい。

凧自体の由来は忘れられても、会津の人が大事なときに上げた凧である歴史は確かだ。

tyousen

こちらは東京新聞(2015年3月29日)の記事。2年おきに開かれている、朝鮮通信使を再現しソウルー東京間をみなで歩くイベント。今年は世界遺産登録祈願もアピールした。


日記・雑談 ブログランキングへ


歴女日記 ブログランキングへ

郡山とはあまり関連ないことupしてすみませんでした

九重町

記事の分類:旅・歴史

大分駅からは遠く離れるけれど、わたしが目を付けた大分の桃源郷(と、勝手に夢見ているの)は、九重町

電力自給率2000%ってのも、そんなに電気使い切れないよーーと、うれしい悲鳴(^O^)

大分のススメ

記事の分類:旅・歴史

○玉在住のわたしが、またまた大分に来た。
親が住んでいるためだ。
大分へ来るのはこれで三度目。
大分の、一見しての大きな変化は、長く工事中だった大分駅舎の外観がほぼ完成したことだろう。随分長くかかったという印象だ。正直、この県にそんな金あるのか? といらぬ心配をしたが、できてみるとガゼン華やいだ雰囲気になって喜ばしい(以前の駅は知らないケド笑)。

 

ooita-st

それでもまだまだ周辺環境や駅ビルの上部は未完成の様子。噂では、駅ビルの最上階には温泉施設ができるという。さすが「日本一のおんせん県」を標榜するだけのことはある。

わたしも大分の両親の家に来ると毎晩温泉に行く。温泉が町のあちこちにあり、ほぼ24時間営業で、一回370円とお安いためだ。もともとわたしは風呂ギライなので温泉に興味はなかったのだが、その気持ちよさにすっかりはまってしまった。今回も真冬だが毎晩行くつもり。昨夜も入ったら本気であったまってビックリした。

期せずして大分の宣伝になってきた。
最近は、雑誌でも田舎暮らしのススメ、みたいなのがある。
ブログでも、高知に移住した人が「まだ東京で消耗しているの?」と挑発的なタイトルで、日々地方の暮らしと移住の良さを伝えていたりする。

わたしも大分に移住できないかと考えているのだが、家族がちっとも同意してくれないどころか、怒り出したりするので困ってしまう。