近頃、わが家が暗い

2月に就活スーツの色について書いた。

末次郎の就活が終わらない。

少し前の自分だったら、まだ8月なのだから当たり前では? と思ったところだが、調べると、大方の大学生は8月には内定が取れて就職先が決まっているものらしいのだ。(参照:就職活動とは

どうも最近末次郎が暗い、というか荒れてるなと思ったら、例のお祈りメールが殺到しているのかもしれない。

のんびり屋のわたしも、今まで何でも自分で決め、自分でこなしてきた末次郎を放置しすぎてきたのではないかと、後悔の念で胸がふさいでいる。

上記参照サイトを見ても、就職を決めるということが生半可なことではないのが分かる。

さらに関連して、さまざまな企業の一覧などを見ていると、ああ、こんな誰でも知っている企業に入れるように、小さい頃から勉強させておけばよかった、金がないなどと言わず夜勤バイトを2つ3つ掛け持って、進学塾なり家庭教師を付けていたら、今頃さっさと就職できていたのではないか・・・

ふさぎだすと、どんどんとふさぎきってくる

しかし当方は根っからのブログ好きなため、どうしてもなんかかんか書きたくなってしまう半生を送ってきた。だから、バイトなどやって休みがなくなるのは耐えられなかった。その半生を反省しろと言われても、どうにもならない。

だけど、子どものためにはそうすべきだったのではないか、

でも無理、でも、

と堂々巡りに陥る

 

※だじゃれが言いたいための記事でわありませんよ~いわゆる日記