Six Years 2年目終了!!

goodby2015

Six Years の2年目が昨日終了しました

2年前の状況は?

なんといっても2年前は、スマホの爆発的普及にともなって、もはやPCで閲覧する人が少数派になりつつあった時代。スマホ以外だとタブレット、あとデスクトップパソコンの大画面と、ノートパソコンの画面。

デバイスの多様化に合わせレスポンシブレイアウトにしたり、html5を意識したりと大変でした。
従来、CSSの知識さえあればナンとかなったデザインも、CSSとjavascriptの高度化でjQueryなるパッケージになってしまい、どんどん手の届かない場所へと、サイト作りは難解になっていきました。

こんななら、レンタルブログのseesaaの方がずっと良かった。

と思いましたが、スマホで広告が大きく出すぎるのが耐えがたく。また、seesaaの稼ぎ頭である嫌韓サイトの文字を見るのが苦痛で。ほんとにもうまいったなーという感じでした。

書きたかった記事

書きたいなぁと思ったことがいろいろあるのに、なかなか書けませんでした。

たとえば、郡山の学術集会で聞いた「オープンダイアローグ」については、これは絶対にアップせねば~と思いつつ、統合失調症を知らない人にどう説明したらいいのかという段階からして苦戦しました。
ちなみに、講演者の斎藤環さんは、「どっかで聞いた名だな。有名人に違いない」と思って聞いたのですが、あとで調べたら当方、うんと昔にブログに書いたことのあるせいしん科医の方でした。

あと、AAAとニッシーのことも。K-POPを通して日本のダンス、アイドル系の音楽を相当語れるなって思いましたし。たとえば、「なにゆえK-POPの女たちは美脚を競うのか?」 とか「三代目 J Soul Brothers とK-POPに見る、日韓恋愛観の近似と相違」とか、「EXOの野望は中国大陸制覇?それともアメリカ大陸?」とか、ズバリ「AAAとK-POP、どっちのが上か?」とか。

あとは当方の持論を展開したいので「学歴社会よりダメな制度は就職一括採用」と題して、教育という名の洗脳を解く必要性を説きたいと思いつつ、なかなか・・・

あと、最近読んだ『遊動論』の感想も書きたかったですね。
柄谷氏によると、昔はせいしん科の病は文学者のアコガレだったそうです。
道理でなんかせいしん科医とかせいしんの病についてラカンがどうのと書いている人が多いわけです。彼らの書いていることと、目の前の患者氏のイメージが結びつかなくて長らく当惑していたのですが、少し納得でした。

時事問題が消費期限切れになるのが早くて、考えている間に次の話題に移っていて、考えることがだんだん虚しくなった2年目でもありました。

2015年の最初に感じていたこと

けど、マイペースにやるしかないので、上記の書こうとした記事もどんどんアップして、追いかけてくる<虚しさ犬>から逃げ切ります。ええ。

2015年の初頭は、それまで以上にネットにあらゆる欲望が集中しているのを感じました。ゴゴゴと渦巻くエネルギーが貞子ばりにディスプレイ画面から襲いかかってきたのです。わたしはそれがイヤで、画面を小さくするためにノートパソコンを買ったのでした。自分にとって無益なものを切り捨てないと、ただただ情報を受けとっているだけのマシンになってしまうと、恐ろしくなりました。

しかし切り捨てるのは容易じゃありません。なぜって、どの情報も見ないと一生の損失のようなふるまいをしているのです。それで生計を成り立たせているプロ達が必死で作り上げているのだから当然です。しかし、無駄なものは無駄なんで、捨てないとなと思います。

これからも、脳のコンディションを整えるために必要なのは、不要情報回避と、ぐっすり眠ること。

と、簡単至極に一年を振り返りました。

でわでわ。また来年お会いしましょう(^o^)/

カテゴリー: 管理人からおしらせ タグ: