google+に+した記事を振り返る。

1◆キャサリン妃の日帰り出産 海外では当たり前(木村正人) – 個人 – Yahoo!ニュース

名前は「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に決定!したみたいで、それはめでたいけど。
日帰りで退院したからって別に偉くない※ 。ツイッター反応でもみなさんが言っているけど、イギリスで言う自然分娩は無痛分娩。
日本で言う自然分娩はほんとにそのまんまの非文明的な、痛い分娩。
イギリスにくらべ、比較にならない桁外れの打撃を日本の母体は受けるんだから、1日2日で帰れるわけないよっつーの。

2◆子どもの人口、34年連続減=1617万人で過去最少―総務省 (時事通信) – Yahoo!ニュース

今までやって来た少子化対策、ぜんぶ失敗ということか。どういう対策をしたのか、列挙して、それをもうやめたらどうかな?
なににしろ、女性が働くということが、肯定されたことがない国なのがいけないと思う。ほんとやる気なくす。

それにくらべ、専業主婦は「配偶者控除」という肯定と恩恵を受けている。
しかもその「配偶者控除」を受けてるの、年収800万円を超える層が50%強を占めている。300万円から400万円の層では17.1%しか受けていない。このことは、高所得の層ほど専業主婦がいて、配偶者控除を受ける傾向にあることを示している、という。(2010年政府税制調査会資料)※

夫と子供のために専属で家にいる女性しか、肯定されていない
この一点さえ打破できればなあ・・・・・・・・・・・

輝く女性のナントカって安倍さん言っているけど、あれって財界人とか政界の人の娘さん用なんじゃない?って勘ぐってしまう。※

3◆「若者は決して政治に無関心ではない。もっと巻き込んでいかなければ」岡田代表

テレビ番組で猫になつかれたのをきっかけに、やや人気を盛り返していると評判の岡田氏。
この方もね~ 自分から若者の方に巻き込まれてほしいけどね~~


社会・経済 ブログランキングへ

※万一、麻酔を使わない「ラマーズ法」で生んでたらごめんなさい
1◆はわたしの過去記事[japan]産む機械。 – logもご覧ください。わかりにくい文章ですが・・・
※『民主党政権 失敗の検証』p166
※高所得者層にも娘は生まれるわけで、その人が専業主婦になるのを良しとしないばやいもあるだろうし・・・