と、思わず2chまとめ風なタイトルにしてしまった。似た奴だとHYDEがglobe『DEPARTURES』をカバーした結果wwwwwwwwww(動画あり)::ぱぴぷ速報というのもあって、どんだけケナしているんだと点検したら、要は「気持ち悪い歌い方」という程度しか思いつかなかったらしく、たいしたことなかった。

バカモン、HYDEが気持ち悪くなくなったらそれは別人だよって。
冬季オリンピック(bress)だろうがクリスマス(Hurry Xmas)だろうがいついかなる時も気持ち悪い歌い方を貫いて、男でもない女でもない現世でもないあの世でもない人間でもない動物でもない常識でもない非常識でもないSpecialなナンかを体現しているのだから。

そんなでわたしもDEPARTURESのカバーを聴きにYouTubeへすっ飛んでいったのだけど、イントロの「いつの日にか細い長い道が始まる」のフルフルした鼻腔のビブラートあたりで完全に心臓をわしづかみにされて今は夢の中かもしれないってくらいの境地。呼吸も浅いから意識朦朧としながらこれを書いてる。難をいえばバックの演奏?が最後の方ドタバタうるさくて気が散ったことかな。

思えば当方globeのことろくに知らなかったので、この機会にいろいろ聴いた。まず同じ#globe20th -SPECIAL COVER BESTから木村カエラのFACES PLACESはマジで良かったね、シャッキッとした感じで。YouTubeのは2分程度なのでつづきが聴きたくてリリース日にDLしようとしたら単体じゃ売ってなくて、でもつづきが聴きたいから本家をDLし、こういうのかぁぁぁと、今頃知ったという感じ。HYDE verのDEPARTURESをDLした後KEIKOがどう歌っていたのかを知りたくなってそちらもDL。KEIKOはビックリするくらい歌がうまくて、今にも泣き出す寸前の女の子みたいな繊細な心のゆれを感じさせて切なさMAX。「どこまでもー限りなく降り積もる雪とあなたへの思い」と高音になるサビでも女の子らしさを失ってなくて、FACES PLACESで野性的になるのとまた違う味わい。いくらglobeに不案内とはいってもCan’t Stop Fallin’ in Loveはよく耳にした記憶が残っている。#globe20th -SPECIAL COVER BESTでの同曲もなかなかいい感じ。小室さんは「待ち合わせ」という状況が好きみたい。で、男立場と女立場がくるくる切り替わるのが特徴なのかなと、思った。
 
そんなでものすごくDEPARTURESを聴いた。で、ふと思ったんだけど、1996年リリースのDEPARTURESなのに今の小室・KEIKO夫妻を歌っているみたいだなと。KEIKOは2011年に病気で倒れて今は闘病中だという。YouTubeで4年ぶり肉声披露をみた。
globeの20周年と、肉声を披露できるくらい病気が回復したことが重なって、それとそれまでの凍えるような時間(病気で倒れ、大事な人を失いそうになったこと)と、「想い出をつくるのはあなたと二人がいい」という人生全体を感じさせる時間的スパン。
それにこの歌には病気が治るシーンも入っているし。(風邪だけど)

YouTubeにはそこらの女性週刊誌顔負けのアホな話題が候補ってことで上がっているけれど、DEPARTURESは間違いなく切なさで胸がちぎれそうになる曲。
恋したときにだけ襲われる感覚。それをこうして味わえるのだから嬉しいな。