EXOについてわたしの知ってる2、3の事柄と、うれしかったInstagram


EXOチャンヨル、L’Arc-en-Ciel がかつてライブをした場所に! : ニュース : KpopStarz日本語版 | EXO

この一か月ほど、他ブログでその名を知ったEXOにはまり、その出来映えの見事さに、彼らの曲OverdoseよろしくYouTubeに貼り付いて離れられなくなってしまった。まさにOverdose–過量服薬–でヘロヘロといっても過言ではない有様だったw

最初は多すぎる12人のメンバーの区別が付かなかったが、今では1秒見ればどんなメイクや髪色をしていても判別が付き、声の聞き分けも(だいたい)できるようになった。どんだけYoutubeに貼り付いていたんだつう、えばっていいのかよく分からない話である。

そんなこんな思っていたところ、つい7日前、チャニョルがInstagramに上記写真を上げているのを発見、一瞬息をのむのと同時に、胸と目頭が熱くなった。

かれらが世界中をまわって体現してみせた夢が、こういう風にめぐりめぐってタマシイをつないでいるのを見た思いがしてジーン……

が、しばらくして色々考え出すと、複雑な心情になってきた。EXOはまだ正式には「日本デビュー」をしていない様子なのだが、対日本をどうするのかは、現在の反韓感情渦巻く状況では難しい。今までのK-POPスターは日本語で歌い「日本デビュー」をしている。当方YouTubeに貼り付くついでに研究したので、ちょっとだけ詳しくなった。EXOはどうするのだろう?

日本語で歌うということは、日本との距離感がグッと縮まるということで、それは嬉しいことは嬉しいけれど、韓国語のコロコロした響きは聴いていてとても面白いものだ。K-POPも大幅に取り入れているラップとの相性も韓国語はバツグンだ。母国語でOKじゃないか?

ちなみにやや詳しい話をすると、EXOは12人のメンバーのうち4人は中国人で、その4人を混ぜた6人はEXO-Mとして、韓国人だけ6人のグループはEXO-Kとして活動している。Mでは中国語、Kでは韓国語で歌う。12人が一緒にやるときもある。といった具合なので、同じ曲を複数パターンで売っているのだ。これを全部購入するとかなりの出費になるわけだが、日本人ファンなら全部買っちゃう人も多そう

そんなこんなで、EXOの今後の動き、活動方針には興味しんしん、目が離せない。

ついでに日本の嫌韓ムードも早く沈静化してほしいと願わないでいられない。まぁ沈静化してもしなくても、ファンであることにカケラも影響ないけどネ☆

2015-03-26追記
EXO_으르렁 (Growl)_Music Video_2nd Version (Korean ver.) – YouTube
EXO_으르렁 (Growl)_Music Video (Chinese ver.) – YouTube
엑소(EXO) – 으르렁(Growl) + 늑대와 미녀(Beauty and the Beast) at 2013 MAMA – YouTube