青天の霹靂を映画館で観た

薄汚れたマジックバーで日々働く39歳の売れないマジシャン轟晴夫(大泉洋)は、幼い頃、母に捨てられ、父とは10年以上絶縁状態が続いていた。そんなある日、晴夫のもとに警察から電話が入り、父の死を知らされる。遺骨を抱え、ホームレス生活だった父の住み家のダンボールハウスに来た晴夫は自らの未来を重ね、「なんで俺、生まれてきたんだろう」と絶望に暮れるのだった……。そこに青天の霹靂――青空に一閃の雷が光り、晴夫を直撃する。気付けば晴夫は、40年前の浅草にタイムスリップしていた。浅草ホールを訪ねた晴夫は、スプーン曲げを披露して一躍人気マジシャンとなっていく。そんな中、同じくマジシャンをやっていた若き日の父・正太郎(劇団ひとり)と、彼のアシスタントである母・花村悦子(柴咲コウ)と出会った晴夫は、ひょんなことから正太郎とコンビを組むことになる。やがて、悦子の妊娠が発覚、晴夫の出生の秘密が次第に明らかになっていく……。
#引用元Movie Walker > 青天の霹靂

感想の類はネタバレしちゃいけないとビクビクするけれど、こうやってオフィシャルがバラしまくっているのだから、もう、全部言っちゃうよ!!と開き直りたくなる。

とまれそれは出来るだけ避けたい。でも保証はできないので、この先は観てから読んでください!!

本題。
冒頭は、泥酔した客相手にカードマジックしながら述懐にひたるマジシャン晴夫。述懐はカードにからめ、決してエースやキングではない自分を自嘲してみせる。

店がひけて客のゲロの後始末をする若い店員との会話では、俺なんかしょうないんだよ、生きてる意味なんかないんだよ、と物悲しくも憐れな生い立ちを匂わす。場面は代わって汚い自室。映画画面に映し出すには本当にリアルに汚い部屋で、ゴミいっぱいのレジ袋にうずもれながら、レトルトカレーを飯にかける晴夫。でも飯は見ていない。見てるのは テレビだ。

テレビには若手のトランスジェンダーもどきマジシャンが映っている。晴夫は不味そうにレトルトカレーを口に運びながらさらに不味そうな顔になって、吐き捨てるように「くだらない」という。くだらないと吐き捨てた理由はまた後で明かされる。

昼になり、あるところから電話がかかってきて、鉄橋下の広い川岸に向うことになる晴夫。

川岸の草原は美しかった。そこに建てられたホームレス小屋も。
いつまでもこのままこの男の人生を、いやさ、人生なんて大げさなもんじゃなくていい、この男の日常をもっと見ていたい。レトルトカレー以外に何を食べるのか、風呂はどうしているのか、部屋には他にどんなグッズが置いてあるのか、そのなかで何をまた述懐し、何を自己憐憫し、何が何も起きないかをずっと見ていたい。

という気持ちにひたっていた矢先、悪い予感はしてたけれども、バーーン!! と、

青天の霹靂が、晴夫をおそう。

なんで青天の霹靂なんか起きるんだよー起きないでいいよーと、ガッカリした。

陳腐なSF展開になるのは、予備知識はなくても予測が付いた。
タイムスリップしたのだ。
川岸の草むらで目を覚ました晴夫は、そこが70年代の日本であることを、そばに落ちていた新聞で知る。タイムトラベルしたときにだけ新聞というやつはべらぼうに役に立つのだ。

しょうがないので気を取り直し、続きを見ることにした。

結論を言えば面白かったので、人にも薦めている。
ただ、細かいことを言えば、大泉洋の顔演技にあまりに多くの事を依存しすぎじゃないのかなあ。そのコにとって母がどんな存在なのかを説明する熱演部分は、時間が長いし、ぜんぶ顔。ここで感動させたいのはわかるけど、やりすぎてわたしはダレた。あと歴史上の同日同時刻に同一人物が存在しちゃいけないのが、(サイエンス)フィクション 界最大の不文律なの、監督は知らないのかなあ。気になって気になって「あんたがいると赤ちゃん、死んじゃうか生まれて来れないよ‼︎」と無駄にハラハラしちゃった。

あとこのラストだと、本当に母が出て行ったケースの場合ほんきで救われない。実際の人生の場合はこれでもいいけど、作品としては引っ掛かりが大きい。素直に感動しづらい。そんなで最後のセリフもわたしはちょっとピンとこなかった。このテーマならば、両親のなりゆきよりももっとスパンを大きくとって「先祖」に着目した方が柔軟に展開できたような気が、しなくもない。

嫌韓本をためしに読んでみた『もう、この国は捨て置け!韓国の狂気と異質さ』

hontoの電子書籍過激なタイトルの本である。普段なら敬遠しているかもしれない。
わたしは先月、渡来人がもたらした浪漫についてupしたため、韓国に興味をもった。

対談しているふたりは、ネトウヨ?と言われる嫌韓の日本人というわけではなく、れっきとした中国人と韓国人であるから説得力はすごい。(現在は日本に帰化している)

読めば読むほど、韓国とは関わらない方がいいと思わずにいられない本である。
ことに中国も韓国も歴史は「つくるものであって事実は関係ない」「歴史はこうあるべきが優先で事実は関係ない」などは、頭が痛くなる話だ。まして、韓国の反日感情は反日というよりも怨日であり、昨日今日に始まったものではなく、また太平洋戦争や従軍慰安婦問題から始まったわけではなく、もっと古く根の深いものである、などのくだり。

こんな話を聞くと、ほんとにどうしていいのか分からなくなる。

そのほかで特に韓国のだめだなあと思った部分は、いきすぎた儒教精神。
たとえば、日本なら年をとっても、好奇心と向上心を持ち続け生涯学習に取り組むなど、知的であろうと努めることは可能であるし、実際そのようにしている人は多い。が、韓国では、「老人は何でも知ってて当たり前、老人が勉強するなどあり得ない」という。

ただ思い出すと、わたしが子どもの頃の日本も今の韓国に似た老人の位置づけだった。各界からの啓蒙活動が長年あって、生涯学習という考えが定着したのだと認識している。

そういう考えを定着させないと、今の韓国のように、子どものころのエリート教育がすべて、知的階級はジャーナリストなどの一部に限定され、それ以外は侮蔑の対象になる、といった偏ったことが起きる。この本によると、韓国人の偏狭な差別意識の対象は多岐にわたっていて、たとえば「島」を軽蔑する発想など、聞くに堪えない。(著者の呉氏も済州島の出身であるため、たいへんに差別されたらしい)

人ごとながらいい加減にしろ韓国人と、腹が立った。

それでも最後は丸く収める対談かと思ったら、どこまでも祖国に絶望しきっている両者らしくて、タイトル通り「日本はクールジャパンに代表されるような優良コンテンツを持っているのだし、おもてなしなどの文化もすごいのだから、世界を相手にするべきで、韓国には関わらないでいいんです!!」と、韓国を見限る姿勢にゆるぎなし。

それでも石氏の忠告として、今中国がねらっている海洋戦略(詳細は本書の最後の方)はアジア諸国が警戒しなくてはならないものであり、その一環では韓国とも適宜手を結ぶ必要があると説く。(パク・クネ大統領が中国寄りとなり反日を打ち出したため、困った話なのであるが)。そこらへんが、気になることはなるとわたしは思った。

ところで当方、最近カイカイ反応通信にはまっている。韓国人は昔も今も、日本の姿を映し出してくれる。なんて有難いんだと思う。
それに、この本の予備知識を持ちながら読むと、カイカイがまた一段と面白かったりする。

それにこのお二人が言うほどには、話の分からない韓国人ばかりではないのでは? とも思う。(けっこう面白い韓国人が多い) 韓国のかたがたのことは、あえて好きにならないでもいいから、嫌いにはなりたくないなあと思った。

悪の華について

数日前、職場の同僚でアラサー女子のH美が 「『悪の華』ぜったいおもしろいですよ!!ぜったい読んでください」と熱心に薦めてくれた。

わたしの年齢だと『悪の華』といったら、フランスの詩人ボードレールの代表作をさす。

けど、H美がすすめているのはマンガだ。

ボードレールの『悪の華』は1857年に出版された本で、たとえば

愚行と錯誤、罪業と貪欲とが
我らを捕らえ我らの心を虜にする
乞食が虱を飼うように
我らは悔恨を養い育てる

といった冒頭の詩で知られる。それとも、この詩の中ほどにある

放蕩者が年老いた売春婦の乳首を
食らいつきしゃぶりつくすように
道々ひそかな快楽を盗み取っては
干したオレンジのように噛み締めるのだ

の方がより生々しく、ボートレールのすごさを伝えるだろうか?

なんちゃって。どちらにしろわたしはボードレールの『悪の華』は読んでないのだ。本を手に取ったことならあった気もするけど、どうも自分にはピンとこなかったので忘れてしまった。

ところがH美が貸してくれたマンガの『悪の華』は、さっそく7巻まで読んだらおもしろかった。

今そのついでにボードレールの元祖『悪の華』も読んでみようかと、思っている。

温故知新でもあるんだろうけど、若者に導かれる縁って、あるよね

桜の森の満開の下、浪漫に出会いました~高麗神社に初めて行った時の記録~

まえがき

2014年4月の第一月曜日、夫婦でドライブした先で、たまたま高麗神社に立ち寄りました。その時の体験がとても稀有なものだったので、ここに忘れないよう詳細かつザックバランに記します。
◆この時点では、高麗神社への知識ゼロの状態なので、間抜けなコトが書いてありますがご容赦を。
(我が家は埼玉南部在住)

春、久しぶりのめおとドライブ。さてどこへ行く?

家の近所の桜が散りはじめた4月、わたしら夫婦は久しぶりにドライブに出かけた。ダンナのテルテルが秩父に行ったことがないと言うので、「秩父いいよー 行こうよ」となったのだ。何せわたしは一昨年、「秩父夜祭り」を見に行ったついでに秩父のことを2回ブログにアップしたくらいだから、けっこう詳しい。(その内のひとつ

秩父駅の駅舎が昭和レトロなのも嬉しかった。秩父鉄道はsuicaもpasmoも使え「ない」のが魅力だ。そんな魅力が失せないうちにテルテルにも見せないと。

という焦りもあって、秩父行きを提案した自分。テルテルは秩父なら距離として丁度よいと思ったらしく、すぐに乗り気になってくれた。ちなみに車の運転大好き人間のテルテル坊主である。

小一時間ほど高速を飛ばし日高インターチェンジで降りた。降りると、何の変哲もない、畑の混在するのどかな平野がだらーーーと続いていた。天気もいいので眠たくなってきた。するとしばらくして「高麗神社という看板が現れた。

アッ」と思った。高麗(こま)神社といえば「」(句が小さく表記)と書いた本殿の扁額で有名な、けど実態はよくわからん神社のことではないか!!?? 名前だけはチラリと知っているが、ここらへんにあるのか。

高句麗由来のナンチャラと聞いた記憶があるが、うそくさいなと思って本気にしなかった。たぶん今では黒沢明の『羅生門』よろしく廃寺みたいに荒んでて、「廃墟マニア」がカメラ片手に訪れる名所と化しているに違いない。

と、今思えば失礼なことを思った。同じ○玉に住んでるわたしですらコレだから、他の県に住んでる人だったら、どうなっていることやら。

春風に誘われて、とにかく行ってみよー

それでもこの日は、とても陽気が良くぽかぽかと明るくて、百花繚乱だった。ハナモモ、ボケ、ハナズオウ、レンギョウ、菜の花…

「ついでだから高麗神社、ちょっと寄ってみて!!」わたしは頼んだ。
テルテルは予定外のことを言われたせいか、
「えー なんだよそれ-」みたいにめんどくさがった。
けど、今行かなかったら一生行かないと思い、「いいからいいから、面白いかもしれないから」と説得した。この時のわたしの興味は、神社仏閣を見る機会があるなら、一個でも多く見ておこうという感じ。
目的地から大きく外れるわけではないためか、テルテルはさほどの抵抗運動はせず言うとおりにしてくれた。

そうこうするうちに広かった道が どんどん細い田舎の一本道風に・・・・

辺鄙な感じが強まり、蔦の絡まる高木が目立つようになった。

そんな中、ふいに桜がたくさん目に飛び込んできた…

ここがまさかその、神社? 想定外の賑わいに驚く

あれ? ここが? と驚いてキョロキョロする自分。
もっと戸惑うことに、あたりにやたらと人が多い。(おもに女性) 何をやってるんだろう? 花見?

そうとしか思えない。それにしても人が多い。
しかも、鳥居をくぐって境内に入れば良いのに、なぜか不自然に鳥居の下にたむろっている。

こうなるとどうしたの? 何があるの? と早く車を降りたくてしょうがない。
ところが、駐車場がいっぱいでなかなか駐める場所がない。
あとで調べると高麗神社には第一駐車場150台、第二駐車場200台があるのだけど、どちらもいっぱい。やっと「臨時駐車場」というのをみつけ降りることができた。

その鮮やかな色彩センス、見覚えが…

おそるおそる鳥居に近づくと、大人の女性が大勢の中、色彩鮮やかな衣服を着た女の子4、5人がとても目立った。

一見して、既製品ではなく手作りだなと思わせる衣装。
「チマチョゴリに似ているな」と思ったけど、どこか微妙に違う。

ものすごく、この時悩んだが、結論は出ないし、事情も飲み込めなかった。ただし韓国のチマチョゴリ激似服というだけで、わたしの中に警戒感がわいてしまった。

なにせ連日新大久保のヘイトスピーチの話題で持ちきりだったのだ。
耳をおおう暴言を吐きながらコリアンタウンを練り歩くデモは、一時期は法で取り締まった方がいいのではないか、いやそれでは言論の自由が、とか言われ、
次いでヘイトへのカウンターデモも行われたりして、どんどん波紋が広がっていった。

今はやっと少し下火になったとはいえ、いつまた復活するか分からない。
わたしは、今にもその集団がやってくるのじゃないかと、ひやひやした。

ところが、女の子たちはいたってノンビリと、春爛漫の中でしあわせそうにしていた。

埼玉なのに関西弁のご婦人方が。と思ったら・・!!?

しばらくすると、わたしのいた方に向かって女性が歩いてきて、お友達らしき女性たちに
「*****がくるんやて」
と、関西イントネーションで話しかけた。

ええ?! なんで関西人が埼玉にいるの!? と驚いた。いちいち驚くうざいやつと思われそうだが本当に驚いたのだからしょうがない。鎌倉や浅草じゃあるまいし、遠く関西から人が訪れてるなんて。しかしそのとき(やっと)思いついて、スマホで検索した。すると、ちょうど本日昼頃に、日韓友好のため韓国俳優のチョ・ヒョンジェさんが高麗神社を訪れると、神社HPに書いてあるではないか。

えーー!! 関西どころか韓国から~!!

これでもかっつうくらい驚いたねw それに胸が張り裂けそうになるくらいワクワクしてきた。韓国がとくに好きなわけではない。韓国俳優にも無知。というかこの時点ではまだ隣国について意識したことがなかった。これが韓国でなくて、中国でも、モンゴルでも、イラクでもイランでも、そこに縁(えにし)があって、それゆえ招かれた異国の客人であるならば、国に関係なくうれしくなった事に変わりはないんだと思う。

スマホでチョコチョコっと調べこの時点で、韓国俳優が招かれた理由と神社の由来がだいたい分かって来ていた。

高句麗が668年に滅び、多くの人々が日本列島各地に逃れて来た。この地は、高句麗からの渡来者だけを時の朝廷が集め(716年)、高麗郡として成立した土地。この神社は高麗王若光を祀り、帰ることのかなわぬ失われた故郷と、遙かに遠い大陸の王国への誇りと望郷と憧憬と。それら思いを守るために長きにわたり存続してきたのだ・・・・・

浪漫だ。

時間と空間を超えて、大陸の方から風が吹いてきたような心持ちがした。

まぶしい光と、桜の木々の満開の下で。

☆ ☆ ☆ ☆

「716年っったら何百年前ー!!??」と興奮。
「高麗王って、高句麗の王様ってことー!!??」「その人が日本に住んじゃったんだってよーー?!」

やたらと興奮してテルテルの袖をぶん回す自分。笑。もっともここには若干の誤解があるのだが、それはいつかupするとして、この時はそんな感じだった。

まるで高句麗からやってきたような錯覚を醸し出してくれた人


かの俳優は、ほどなくしてあらわれ、待ちわびていた女性達に迎えられた。さすが役者ということなのか、歴史を運んできたような空気をまとっている。ほんとうに高句麗からやって来たみたいだ。

チョ・ヒョンジェさんはゆっくり歩き、何事かをお供の者に話しかけて笑わせていた。(声までは聞こえなかった)

女性達が比較的慎ましく、「きゃー」といった感じでスマホやガラケーを立ち上げ、ぱちりぱちりと、華やいだひとときが流れた。わたしも桜にだか、俳優にだか、歴史ロマンにだかに酔ってうっとり見とれてしまった。

ただ哀しい側面もあった。そばにいたガードマン氏が言うに、昨年も誰かが日韓友好で訪れたのだけど、そのときより随分と人出が減っているとのこと。やはりヘイトの影響だろうか?

もしもそうなら、わざわざ日本に、というかSAITAMAにやって来てくれたチョ・ヒョンジェさんに悪いことした。ショボン・・・

気を取り直して、そろそろ帰るか

チョ・ヒョンジェさんはもろもろの撮影が終わると、神社の中に消えた。アナウンスによると、○時にまた現れるとのことだった。
境内の中央には、枝ぶりが大きく広がる桜がある。樹齢300年のヒガンザクラだそうだ。その下で、かの人がふたたび現れるのを女性達が待つ。
わたしは、社務所で高麗神社のパンフレットを購入(500円)。
どれどれ、詳しく書いてあるぞ、おおおお、安吾がなぜか載っている。

タバコを吸いに行ったり、車のお祓い所を見ていたテルテルが「そろそろ行こう」というので立ち去ることにした。
残念だけど帰りが遅くなっても困る。でもまた来たい

なにせ、横断幕がかかっていたり、自販機に書いてあるので一目瞭然なのだけど、再来年の2016年が建郡1300年とのことで、祝賀行事の予定がある様子なのだ。

あれこれ難しい要素も予想できるけど、誰にも邪魔されずに、お祝いできるとよいなあ。

この100年前の1916年は第一次世界大戦の真っ最中だから平和じゃなかったし。

パンフによると、坂口安吾は「高麗神社に参拝した名士たち」のひとりだった。なおかつ「高麗神社の祭の笛」というエッセイを1951(昭和26)年に執筆している模様。うわ、おもしろそーー 帰ったら読もう!!

あれこれたくさん頭の中で渦巻いてソワソワしたけど、ともかく今は、「さ、秩父に行こう!!」となった。

秩父や長瀞も楽しみだからだ。またまたテルテル坊主にがんばってもらって、春爛漫の中走り出したのだった。

 

あとがき
2014年4月にアップした記事に大幅修正して、2015年4月9日(ちょうど一年後)に再アップです
☆チョ・ヒョンジェさんオフィシャル:Simply JO HYUN JAE | Anything and everything about South Korean actor JO HYUN JAE.