この映画は、今の日本や世界の気分をうまく現していると思った。
どんな気分か?

勧善懲悪が度を越えて通用しない。悪が主役顔で居座る。残虐で破壊的。常に不信感とともにいなきゃいけないこと。

ことに、衆議院を勝手きままに解散されたせいで選挙が始まる。

都政の仕事が地味すぎて性に合わないのか、国政にしゃしゃりでた小池百合子が「希望」という言葉を冒涜し、蛇の目で睨め上げて人をすくませている。オリンピックに向けた工期が遅れたからと、若い現場の人が自殺しているのを、どう思っているんだろう。小池女王にとって労働者は虫みたいなものだから、ハイヒールのつま先でブッチュと潰して忘れてしまうんだろうか。(参照1参照2

そんなで、「希望の党」やら何やらのことを考えていたせいで、亜人の佐藤(綾野剛)が小池百合子と重なって困った。特に東京を欲しがったところとか。

とはいっても、佐藤は政府の被害者だ。甚大なまでの被害者だ。そういう意味では小池百合子も“日本社会のホモソーシャル”などの被害者かもしれない。その果てに小池も亜人化(笑)したのだ。だとしても綾野剛と同列は褒めすぎじゃないか?とかあるけど、価値が転倒したり破壊されるのがこの映画の特徴だから、同列も並列もないである。

『亜人』の世界では、善悪の概念とか生命観が、猛然たるスピードをもって破壊される。そんな中で、生きるとは? 自分が守るべきものは何なのか? 何を判断の基準にすればいいのか?

という問いにギリギリの答えを出している。

当方など、今までフィクションの感想をたくさん書いている。すると、何の感想を書いても出てくるボギャブラリーや論の展開がだんだんと似てしまって、つまらなく感じることがある(そのフィクションは面白くても)。

のだけど、この作品は、観ていて自分の中にどんな思いが浮かぶのかと、自分の心理反応も面白かった。

ことに、永井(佐藤健)と戸崎(玉山鉄二)が車の中で取引をする場面。永井が自分の決意とこれからの行動を戸崎に告げる。ここがアクション以外での最大の見所だろう。永井が、悪とも悪じゃないとも言える戸崎という官僚に出した条件こそが、こんな今の時代の中でも、人が求める根源的なものじゃないかと思えて、とても興味を惹かれた。

☆ ☆ ☆ ☆

これから観る人のために、ここまでしか書けない。残念だけどこれ以上はやめておこう。

エグい残虐シーンが多いので、そこさえ耐えれば、かつて見たことのないタイプのエンタメとして楽しい。特に魅入ったのは、下村泉(川栄李奈)の、某人物へのなまめかしいまでの忠誠ぶりだ。

佐藤の半裸シーンも、ただでさえ衝撃映像の連続なのに、別の意味で衝撃だった。え?CG?と目をむいている間に服を着ていたのでもっと見たかった。(やりすぎるとイヤラシいので、あれくらいで丁度いいかも)

でもってネタバレってわけでもないんだけど、永井もいきなりの半裸になったので、ダブルですか?!とギョッとなった。永井はアッという間にどっかへ飛んでいって、しかもこちらは下半身もチラ見? みたいな構図だったので、喜ぶべきかもしれないと、思ったw。

そしてそして、亜人ではなく「人間」の方の代表選手として、吉行和子さんが演じた人のことも、忘れずに記しておこう。なにげなくて、普通で、田舎のオバサンで、でもこの人がいなくては成り立っていない映画だから。


エンターテインメント ブログランキングへ

コメントを残す