Skip to content

タグ: イーストウッド

広告業界の労働について思うこと

記事の分類:社会系

今日のテーマ元:広告業界は終わらない(hatena匿名ダイアリー)

 

先日、政府がこともあろうに、労働時間の上限時間を100時間とする方針を決めてしまった。(参照:罰則付きの残業時間の上限、「100時間未満」とする方針決定 – エキサイトニュース

 

ちょっと待ちなよ、待ちなさいよっと。

2月22日の新聞切り抜き
2月22日の新聞切り抜き。安倍首相が、労働時間抑制を高橋さんに約束したと。

ついこのあいだ安倍晋三首相氏は(プレミアムフライデー初日を控えた2月21日)、高橋まつりさんの母と面談した。「長時間労働抑制策」を求めた高橋さんに対し、「なんとしてでもやりたい」と決意を述べたばっかりではないか。(写真参照してください)

それがあれよあれよと、100時間でもOKにしてしまったのである。

高橋さんは、すばやく反対意志を発表した。
高橋まつりさん母、残業上限100時間に反対 「人間は、コンピューターでもロボットでもマシーンでもありません」

もちろんわたしもゾッとした。過労死ラインが100時間とか80時間と言っているのにそのままの時間をみとめるって、まるで戦時中の日本軍じゃないか。特攻隊作戦で若者の命を私物化した日本軍と。(書きたくもない言葉なのだが、仕方なく書いた)

肉体が生きていれば命がある、ってわけじゃない。

時間=人生、時間=命 なのは、誰しもが自覚していることだと思う。

時間はそれ自体が命。他人にそこまで好き勝手蹂躙されていいのか。

この前リドリー・スコット、イーストウッド、ウディ・アレン:平均寿命を超えても、次々映画を作り続ける秘訣(猿渡由紀) – 個人 – Yahoo!ニュースという面白い記事を読んだ。80才を超えてなお現役で映画監督をやっている人の仕事の流儀を知らせる内容。

流儀は、
テイクはせいぜい二回。
俳優の時間を無駄にしない。

人の時間を無駄にしない人間が、長生きし現役で頑張れる、という面白くも良い話と思った。

☆★☆☆★☆★☆☆★

一番上のテーマ元の感想だけど、テレビCMとか新聞広告にそんなに時間がかかってるとは思ってなかったから、びっくりした。

素人考えとはいえ、スタッフ5人程度(多すぎても大変なので)が、一日8時間労働で一週間もあれば楽勝で作れそうなのばっかじゃん。

よほどCGが凝っているとか、よほどセットが大変とか以外は。

NHKもびんぼー人の話ばっかじゃなくて、広告業界の働き方とか特集組めばいいのに。ともかく、人が人をどう拘束するのかという見本を、ここで読むことができたので、さっきのイーストウッドの記事とは真逆方面で面白かった。

 

その他に読んだ働き方リンク

残業100時間未満では働き方は変わらない!~日本を覆う他人を信頼しない“病”~【勝部元気】 – エキサイトニュース(2/3)
→長時間労働になる理由を考察している。

働き方改革に物申す 院内集会を開催します : 陽平ドットコム~試みの水平線~
命レベルでは「ない」働き方を考える、という告知。


社会・経済 ブログランキングへ
日記・雑談 ブログランキングへ