Skip to content

タグ: オールドメディア

三代目JSBに必要なのはレコード大賞ではなく今は存在しない他の賞。BUTとれるかどうかはわからない。

記事の分類:エンタメ

先月初旬から、のどに刺さった小骨のごとく、ずーーっと気になっていることがある。

「 三代目JSB〈エグザイル弟分〉はレコード大賞を1億円で買った! 〈“芸能界のドン”からの「請求書」公開〉 」

という週刊文春の記事だ。

昨年のレコード大賞、三代目JSBの「Unfair World」は金で買ったもの、という動かぬ証拠つきの記事だ。「不正な世界」という曲で不正に大賞受賞というのがよく分からない偶然であるが、何にしろ「Unfair World」はパッとしない曲であり、実際売れなかった曲なのにレコード大賞を受賞してしまった。

ここで強調したいことがある。
この件に関して、三代目JSBが悪いわけじゃない、ということだ。

なら誰が、もしくは何が悪いのか? 当該記事をはじめ、続く文春の関連記事ぜんぶを熟読したので明確化したい。

  1. レコード大賞の15人の審査員。全員マスメディアの記者
  2. 文春記事に乗っかって、ゲス不倫などと個人の不倫は狂乱的に報道するくせに、記者が審査員のレコ大の買収問題は完全スルーするマスメディア
  3. 「巨大芸能事務所バーニング」の「ドン」である「周防(すおう)」という人にヘイコラするばかりで独自のアイデアを出せないエイベックス
  4. バーニングに情報をもらわないと芸能記事も書けないという情けないメディア
  5. バーニングのドンの長男が社長をする「バーニングパブリッシャーズ」が著作権管理の力がありすぎること
  6. クライアント」なる存在
  7. バーニングのドン(周防)
  8. レコード大賞のドン(レコード大賞を主催する日本作曲家協会の会長。悪いかどうか微妙だが、当該記事後の取材で「謝罪」している。つまり買収を認めている)
  9. レコ大を統括する落合芳行プロデューサー(毎晩バーニングのドンと密会してるくせに知らぬ存ぜぬ)
  10. エイベックスの子分格の芸能事務所、LDH(三代目JSBが所属)。エイベックスに言われるままバーニングに金を渡し

ドンドンとドンが多い。が、一番重要なのは1と2だ。この件について、小田嶋さんという方が書いたものを読んだ。

「報道機関で働く人々が、自分たちを威圧する組織や人間の存在について、報じることさえできないでいる現状は、看過して良い事態ではない」と大事なことを書いていた。また、ここ重要!!なんだけど、

 そうしながら、70歳以上の高齢者で占められるほんの数人の「業界のドン」たちの一方的な指令に従って、今日も国民的アイドルや国民的スターの苦境に加担している。

加担しているのはむろん、「報道機関で働く人々」だ。
ここで、ざっと考えての被害者の方も書き出してみたい。

  • 三代目JSB(知らない人には彼らが買収してるみたいに思われる)
  • AKB48(昨年のレコ大、本来なら 僕たちは戦わない の方が受賞にふさわしかった様子)
  • ゲスの極み乙女。( 私以外私じゃないの が、同じく。)
  • その他の、ふさわしい人達
  • 今年のレコ大受賞にふさわしいにも関わらず疑惑のエイベックス所属というだけで圏外になった AAA

AAA、とんだとばっちりもいいところ。レコード大賞は視聴率が低迷しているとはいえ13%程度はあり、これを受賞するとクライアントの理解度が上がってCMのオファーが俄然増えるらしい。
そうなれば、金銭の他に国民的知名度も得られる。つまり、レコード大賞自体よりも受賞後の余録に大きなメリットがあるのである。

だけど。
レコード大賞を受賞しなかったのはむしろ名誉じゃないか?

三代目JSBもそうなんだが、AAAにしろ、近年の音楽エンターテイメントはレコード大賞の器に収まるようなものじゃない。なにせ、レコードというからには音と声の録音だ。かつての歌手は楽曲のよさと声と歌い方と顔と衣装(音楽番組が多かったため)で魅了したからそれでいい。今の時代の音楽エンタメはそんな器に入りきらない。

一体どんな器が必要なのか?

どうしたって真っ先に思い浮かぶのは、ダンス&ボーカルという表現を競い合う器。
(ひょっとしてそういう賞があるのか調べたが、なかった。)

ダンス&ボーカル系はとても長く高い人気を保ち続けている。身体一つで始められることが、昨今の金のない若者にとって敷居が低いのじゃないかと、わたしは考えている。
一方、YouTubeを見ても、テレビ番組発祥の「 恋ダンス 」の再生回数が尋常じゃない。
それに加え、ダンスの振り付けレクチャー動画が大盛況。
猫も杓子も恋ダンスを踊っていると言ったらやや過言だが、相当な数が踊っている。

一見簡単そうに見えるのだが、四肢をバラバラに動かすため覚えるのに難儀する。が、マスターすれば誰が踊ってもそれなりにサマになり、見栄えのするダンスでやりがいがあるのだ。ダンスといえば若者限定に感じるが、こういうのだと頭の体操になるため、高齢者こそやった方がいいくらい。

そういった国民のニーズに応えているのか? 応える賞がなぜ存在しないのか?である。

悪者の第三位にエイベックスを上げたのもそういう理由だ。おじいさんのドンに迎合してるだけじゃなくて、なんか他のアイデアを出したらどうなんだろうと言いたい。

↓↓8月の終わりには、エイベックスの社長はインタビューに答え、「若者が活躍できるようにしたい」とか「大企業病になっていた(ので変えたい)」と、いいことをゆっていたのだが・・・

↓↓六本木から見た東京タワーだの、ピコ太郎とのツーショットだのと買収問題をスルーし倒す所存なのがよく分かる、松浦社長のTwitter。

ただ、ダンス&ボーカル的な賞の創設を無邪気に煽れない理由もある。なぜなら、いくら国内の賞とはいえ、いずれK-POPとガチンコ勝負になる予測がたつからだ。これは、業界のドンが采配する(だけに結果の分かっている)レコ大と違って、本物の勝負になる重さがある。

ちなみにさっき、高齢者こそやるべき、と書いたけど、それは恋ダンスの場合。

三代目のもAAAのも、他のも、高齢者がやったら関節が全部外れて床に落としたイカになる。

それ以前に息が上がってものの30秒ともたない。

ダンス&ボーカル系のパフォーマンスは、クオリティが高ければ高いほど、その労働量というか運動量はハンパない。しかも、人数が非常に多い。大勢で息を合わせることで魅了するので、少ないと面白くないのだ。そうなると、食費だって衣装代だって交通費だって人数分かかる。

わたしが食費のことまで心配してもしょうがないンだが・・・・

今現在は該当する賞がないにしても、パフォーマンスに対してのちゃんとした評価がどこかにはあるのだろうか? 関連雑誌とか。わたしはあまり見ないのだが・・・・ というか、芸能マスコミないしはマスコミの芸能欄がバーニングからもらった情報だけじゃなくて、ちゃんとやるべきなんだ。

ともかく言いたいのは、賞の存在、もしくはちゃんとした評価とそれに伴う金銭。そういうのがなければ、労働に見合わないためダンスパフォーマンスが衰退してしまいかねない。大変な損失だ。悲劇だ。当然「日本経済はよけい不元気」になる。

そんなことを、のどの小骨を食道の途中まで飲み下しながら思った。


エンターテインメント ブログランキングへclick!

メディアと自民党

記事の分類:レビュウ政治系

西田氏の力作研究書、『メディアと自民党』を読んだ。
正直、かなりイラついた。なにゆえにわざわざ過去の自民党とマスコミの関係を「慣れ親しみの時代」などと繰り返し表記するのか?

学者だから批判的な表現ではなくてニュートラルな線をねらったのだろうか? あるいはこの関係にはメリットもデメリットもあるからだろうか。あるいは、旧世代のマスコミ&自民党への批判といっしょになりたくなかったからなのか・・・・

ともかくこれじゃ読者が煙に巻かれるだけと心配した田原氏が、帯にわかりやすく〝隷従〟という言葉をもってきてくれた。

マスコミの人だって自民党の議員だって個人としてはみないい人のはず。そう思えば、隷従などと古くさい上目線に抵抗があるのも分かる気はするのだが・・・・・・。

が、組織になったときに怪物化する人間の恐ろしさをもうちっと意識してほしいなと、思ったり。

さて。

 

事の発端は、2015年6月26日深夜。朝生の出演を自民党と公明党の国会議員が蹴ったことだ。

それまでは、与党と野党の議員、プラス論客たちで議論できていたものが、肝心の与党議員が参加しないとなると、政策を巡ってのオープンな議論と、それを見て判断する一般有権者という図式が成立しなくなる。

大変な損失である。

いやさ、大変な損失のはずだし、そのことはまずメディア(この場合テレ朝)が与党議員を批判し、民主主義のどだいとしての議論の場を軽視したと論客たちも批判し、判断材料を失った一般有権者も批判しなくてはならない事態だった。

が、それはあまり起きなかった。
その一方で安倍晋三は、7月6日に「ニコニコ生放送」で直接国民に安保法制について語りかけていた!!

これは、メディアを頼らずとも、メディアはスキップして直接メッセージを伝えることができるようになった、技術の進歩のおかげだろう。

よかったよかった。

いやいや、よくないよくない。というか、よいと決めるとここで話は終わってしまう。

その後本書は、世耕弘成議員(@SekoHiroshige)の巧妙なビジュアル戦略などを詳しく紹介している。
→→→巧妙な、という言い方は悪者視したかのようなわたしの言い方で、西田氏はそんな言い方はしていない。

その他、ほんとうに詳しく微に入り細に入りいろいろと書いてあるのである。
が、その大方はITテクノロジーの進歩ってすごいよね、って話であって、人間の何か、政治家のものの考え方が、すごいってわけではないと思う。つまり、アップル社とかマイクロソフトとかgoogle社がすごいねえってことにすぎないのだ。

モンダイは、野党の連中が、ぜんぜんこの事態に付いていけていないってことにある。

自民党は付いていっている。
(その方法は本書に詳しい。せめて野党はこれを読んで勉強すべき)

かたや政府に対して劣勢となったマスメディアは、これらの技術の進歩に対してどうだろう? あまりはかばかしく付いていっていない。

が、マスメディアには他に大きな役割がある。本書の最後の方は大学生の話になるのだが、

 彼らの主たる情報源は、(デジタル機器やモバイルデバイスに媒介された)口コミとインターネットである。インターネットは、伝播性、双方向性、相互浸透性といった、その技術特性で、確実にメディアを変えつつあるかに見えることだろう。

憧れになるのはオールドメディア

ところが、そうであるにもかかわらず、大学生の多くが就職活動で志望するのは、圧倒的にマスメディアであり、それらの人気はインターネットメディアをはるかに上回っている。人間の行動規範や社会の習慣はそれほどに惰性的なのである。

惰性的というよりも、オールドメディアが果たしている他の役割がある、ということだ。

それは、学歴社会という秩序を守る、という役割だ。

この秩序が守られないと、まずもって予備校産業が困ることになるだろう。

ことにノーベル賞という目指す先のある理系と違って、文系には優良企業に入れるという目標以外に、とくに目玉はない。(あるかもーだけど、わたしはしらん)

本当ならそれじゃ困るわけで、このままドンドン先を走って行く技術に対して、生命倫理にしろ、ほかのなんかにしろ、きちんと論陣をはれ、思考を積み上げていかないと、人間はもういなくていいじゃん? 的になりかねない。

目先の就職のことばっか考えてていいのか、大学は。って思う。

ともかく、オールドメディアに就職した若者たちが、いづれ秩序の保持ばかりではなく、ちゃんと時代の流れに応じ、つまりは自民党のメディアすっ飛ばし作戦に負けない方法を思いついてくれるといいのだが。

その際の方法が、自民党との癒着やなれ合い、隷従であってはならない、ということだ。

下手すると、そうなりかねないので、若者たち、そこんとこヨロシクだ。


社会・経済 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村