Skip to content

タグ: 労働

高橋まつりさんのことと働き方のこと

記事の分類:日記社会系

高橋まつりさんのお母さんが、慰謝料など解決金の支払いや再発防止に向けた取り組みを進めることで電通と合意した、という。

高橋さんのお母さん、わたしと同じ年。娘をこんな風に亡くすなんてどんなに悲しくて悔しいだろう。少し想像しただけで涙涙になりすぎて、それ以上無理。高橋さん母の手記全文(昨年の12月25日の手記)によると、まつりさんは中学受験することを10才の時に自分で決めたという。

それ以降、東大というトップ 1 を目指し夢に向かって努力してきた。この文にも書いてあるけど、こうなるともう母親だからと言って止めることはできない。本人がやると頑張っている以上、応援するしかない。

悔しいのは、よりによって「地域格差・教育格差・所得格差」の下にいるほう、そして母子家庭であるなどの不利を負っていたほう、そして、若くて女性という、何重も立場の弱いほうに、社会のゆがみのトバッチリがいってしまうこと。

電通って8割くらいが有力者のコネ入社らしいけど、そういう人にトバッチリがいくわけじゃないこと。

まつりさんのお母さんは、もちろんコネ入社の人がどうのなんてことを問題にしているわけじゃないけど。

ほんとに長時間労働やめようよ。わたし達の子どもを殺さないでっ!!

昨今の時間術の本とか、海外CEOの書籍とか読むとみんな8時間睡眠 2 のうえに昼寝までしてるよ。

朝はやたらと早く起きて、夜早く帰って家族との時間も大事にして。あんだけたくさんの本が、睡眠の大切さを説いてて、脳科学みたいのも実証してて。

早く企業も取り入れたらいいのに。

日本の長時間労働の激務じゃそもそも脳が働いてないよね。

わたしなんかこういうブログすら、睡眠時間が少なくて頭がボーっとなってたら脳みそが機能してないなと思って、書くの放棄してるもんね。3

おのおのの生体としてのポテンシャルを最大限に生かせる働き方するんでないと、楽しくないって言ったら軽すぎるけど、どういうんだろ、ぜったい非効率なんだ。

 

東京新聞の記事の切り抜き
東京新聞より

記事より引用

若い人たちに「がんばりすぎないで、どこかにSOSを出してほしいし、逃げてほしい」と訴えた

 


日記・雑談 ブログランキングへ
社会・経済 ブログランキングへ

脚注


  1. トップ、という言い方はお母さんはしてない。けど、頑張り屋で成績もよく周囲も応援してくれてたら、私大はお金もよけいかかるから、東大という選択肢となるだろう、と、わたしが勝手に考え補足的に書きました。 
  2. 8時間とは限ってない。けどだいたい6時間が最低ラインかなぁ。例外で4時間というのもあることはあった 
  3. 書こうと思えばできるけど、それじゃ意味がない。自分比最高に頭が働いているときに書くのが快感だし、楽しいのだ。 

彼らはまだ家に帰ってこない

記事の分類:日記

うちの息子達の帰りが遅い。
朝は7時前に出て、帰ってくるのは23時すぎだ。
かつてアフター5という言葉があった。
夕方5時に退社してその後異性と交遊したり同性と食べたり飲んだり恋バナしたりするやつだ。
彼らの場合、アフター22時 Σ( ̄□ ̄lll)
22時じゃ店はどこも開いてない。

帰ったら温かいものを食わしてやろうと待ってるんだが、待てど暮らせど帰ってこない。そのうちわたしはコタツで寝てしまう。
そうすると気力がなくなって、味噌汁あたためるのも難儀。母の愛の深さを見せつけてやろうと待ってるんだが、眠くて無理。

ならば朝ご飯でも作っといてあげようと思う。で、実際何度か作った。
が、手をつけないまま料理は残っていた。聞くと
「台所に行ってる時間がないんだよねー ギリギリまで寝ていたいし~」と。

それならもう、枕元に置いておくよ。握り飯とか、ポテサラとか。
台所に行かずに済むし、起きてすぐに食べられる。
サンタじゃないから靴下には入れないけど!!

が、この案はまだ実行されていない。

救いなのは、土日が休みなのと、本人がケロっとした顔で淡々としていることだろうか。
IT系の仕事をすること自体初心者だから、しょうがないんだろうか。
いつか慣れたら、もっと早く退勤できるようになるんだろうか・・・・


日記・雑談 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村click!

就職氷河期とコレカラ

記事の分類:社会系

就職氷河期とコレカラの、省略していた2025年~2045年の20年間をちゃんと下に付け足しました。

さらに1997年の欄に、専門家の説明(失われた20年インタビュー-毎日新聞)から情報を付け足しました。

長期的な時間軸を眺めていると、なんとも深い感慨が浮かびます。たとえば「就職氷河期とコレカラ」の中に41歳が二回出てきます。

一度目は1997年に大学を卒業した若者として。

二度目は2025年に新卒になる若者の、その親として。

しかしそれは、28歳で親になっていたとして、です。

未来はボンヤリとして不確定なものですが、今現在で決まっている面もあるのだなと思いました。

また、1997年にうまく就職できた者だけが2025年に親として再登場している、というのでは不公平の極みであり、なんのための政治で、なんのための税金徴収なのか解りません。

上記インタビューの大田さんの言う、「危機意識を共有しなければならない」に、思わず賛同せずにいられないです。


社会・経済 ブログランキングへ

※28歳という年齢は仮定的に設定したもので、絶対値ではありません。また「親になる」ことを負ではなく正の方向と「決定」して論の「軸」にしております。

感想つづき:無業社会

記事の分類:社会系


無業社会 働くことができない若者たちの未来 (朝日新書)
著者 : 工藤啓 西田亮介
朝日新聞出版発売日 : 2014-06-13
ブクログでレビューを見る»

聞き慣れない言葉である「無業(社会)」だけど、直感的には「職業がない(人が多い社会)」ということなんだろうなと思った。当たっているだろうか?

本書での定義は

誰もが無業になりうる可能性があるにもかかわらず、無業状態から抜け出しにくい社会。(それはまさに2010年代の日本社会)

ということだ。
ここで自分でも、公式にはどうなっているのか、統計局のサイトで調べてみた。
参考:統計局ホームページ/統計表で用いられる用語,分類の解説4

img_rodoryoku
上記統計局ページからキャプチャ

↑ちょっとした驚きなんだけど、「完全失業者」というのはれっきとして労働力人口に入っていた!
「求職の意志があり、求職活動をおこなっている人」は、失業者であり、労働力人口なのだ。

さらに「非労働力人口」に入っているからといって「無業」なわけではない。学生や専業主婦などは除外対象だ。それにしても「非労働力人口」は4463万人もいると書いてあって、えええ?? そんなに?と何度も見返すくらい驚いた。(この下

やけに多すぎる気がするのでさらに調べると、総務省|平成26年版 情報通信白書|我が国の労働力人口における課題というのがあり、15~64歳の生産年齢が年々下がり続けていることが書いてあった。

n4102010

つまり4463万人は正しいのだ。しかし、ここで興味深いのは「就業希望者は2013年平均で428万人であり、内訳をみてみると、女性が約315万人」であるとのこと。ということは、失業者とは別枠で、非労働人口の中の「就労希望者」も公式に存在している、ということである。

まァ人のイトナミはそうそう杓子定規に測定できるものではないから、失業者だったり非労働人口であったりと、ファジーな存在としての姿が浮かんできたりした。

そのように考えると、「無業」および「無業社会」という言葉をあらたに提示しなければならかった理由も、だんだんとわかってくる。

著者らは、若年無業者白書——その実態と社会経済構造分析で、若年無業者を三タイプに別けたそうだ。

  • 求職型・・・就業希望を表明し、かつ求職活動をしている個人(「失業者」とほぼ同じ)
  • 非求職型・・就業希望を表明しながら、求職活動はしていない個人
  • 非希望型・・就業希望を表明してない個人

どのタイプも、いったいどうした?? と気になるではないか・・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

無業社会。働きたいのに働けない若者たち

記事の分類:社会系

t140684776094769726227今月はじめ、ネット徘徊していて「働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(前編)」という対談を読み、興味をもったので購読した本。

読後、頭の中でマグマのように感想がわいて出た。
さっそく「諸々の感想」にアップしようと思った。
が、考えがまとまらなかった。

帯にもある通りこの本は、働かない若年層を「怠惰な若者」と決めつける人に対し、「そうではないのですよ」と説得する内容の本だ。

どんな人が決めつけているんだろう? わたしが推測するに、重労働にあえぎながら日夜働いている人。あるいは、重労働ってわけではないが安定的に働いている人。年齢で言うなら、若くはない人。あるいは若いが、すべて順調にいって正社員として安定的に働いている人。あるいは安定はしていないが、ともかく働いている人。

いろいろ考えられるが、ある程度共通するのは、自分や身内が一度も無業に陥ったことはない人。

年々そんな人の割合は減っている可能性があり、そうなると、著者達の努力が実り、理解者が増えていっているかもしれない。(いいのか…)

が、この社会で安定的に力をもつ人々は、公務員、大手メディアの正規職員、大企業の正規職員、悠々自適の年金暮らしをする投票行動を欠かさない高齢者、純金融資産がたっぷりある人

・・・であることを考えると、この方たちが無業に陥る率は低い(orない)ため、意識が変わるには時間がかかってどうにもならない可能性もあるのである。

先日、Googleが「世界を良くするスピードをあげよう」といくつかのNPOなどにリンクしていたが、無業=怠惰という固定観念を捨てない事には、そして、無業=個人レベルではなく社会の問題と意識を変えないことには、いつまでたっても世界は良くならず、そうこうしているうちに、若者も年をとっていく。女性ならば、子どもを産もうにも産めない年齢になっていく。
 
いったい、どうしたら世の中全体の意識は変わっていくのだろう?
  
sakadatide

うーーーーん 考えるのが難しいので、続きはまた今度・・・・・だ。

参考にした(する)URL

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村