『父親を超えられない社会』。逆に言えば、父親の時代が特殊だった?

ガジェ通の一ページ

父親を超えられない社会(武蔵野大学,杏林大学兼任講師 舞田敏彦) | ガジェット通信

本日のガ通信の政経面に、興味深い記事が転載されていた。
舞田敏彦さんのブログ『データえっせい』から父親を超えられない社会だ。

今回は舞田敏彦さんのブログ『データえっせい』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/1189545をごらんください。
父親を超えられない社会(武蔵野大学,杏林大学兼任講師 舞田敏彦)
「国勢社会調査プログラム」(ISSP)という組織が毎年、特定の主題を据えて国際意識調査をしているのですが、2009年の「社会的不平等」第4回調査と2012年の「家族とジェンダー」第4回調査のローデータを入手しました。

『ISSP』
http://www.issp.org/index.php

転載の転載だからややこしい体裁になってしまうが、本家の父親を超えられない社会を見れば、それが一番分かりやすい。

興味ある設問が満載で、どこから分析しようかと迷うのですが、私はQ11の設問に興味を持ちました。「今の(最後にしていた)仕事の地位レベルは、14~16歳の頃の父と比べてどうか?」という問いです。仕事に就いている者、もしくは仕事に就いたことがある者に尋ねています。

今の日本のように、発展の山を越えてしまった社会では、「子は親を超えることはできない」とよく言われます。それは本当か?他国ではどうか? 私は、自分の世代(30代男性)の回答を集計してみました。下の図は、主要7か国の帯グラフです。

グラフ

日本の特異性が際立っています。今の仕事の地位レベルが父よりも低いと考えているのは、他の6か国では2割ほどですが、日本では6割にも達しています。

正直、日本の結果はこうだろうな、という予測はしていました。われわれはロスジェネでもありますし。しかし、他国はそうでないことに驚いています。日本の対象者は、お決まりの「謙虚」な回答をしたのでしょうか。それを差し引いても、この図の模様には唖然とします。

ISSP「社会的不平等」第4回調査の対象は41か国ですが、これら全体の中でみたらどうでしょう。高い(はるかに高い+高い)と、低い(低い+はるかに低い)の回答比率をとってみました。朝日新聞流に、中抜きのグラフにしてみましょう。

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/10/d03.jpg
ほとんどの国で、青色のバーが緑色より長くなっています。子が父を超えている社会が多い中、その逆の社会は3国だけです(日本、フィンランド、トルコ)。しかし、対象者の6割が「父よりも低い」と答えているのは、まぎれもなくわが国だけ。

ほんとうに、クッキリハッキリとした明快な結果。

思えば、うちのダンナッチだって、Tの年にはもうTが生まれてたんだもんなぁ。
もちろん、それで、我が子に葉っぱをかけて、自分の自慢をするほど愚かなダンナッチではないけど(第一、それができたのは、わたしが積極的だったからで・・・・って、そういう生々しい話しはやめようw)

そういう事情もあるから、『西東京市白光団地の最凶じいちゃん・イワオ74』さんに怒られるようなことはしてない。

とはいえ、つまり、理由は何なんだ?

こうまで、ハッキリとした結果が出た理由は。

一面のアンサーとしては、あの時代が特殊だった、ともいえるかもしれない。

やたらと好景気に走り続けていた理由は、この前失われた20年を研究するに書いた、藤井裕久・元財務相の言ったことを参照するなら、ひたすら欧米に追いつこうと頑張っていた。
そういう頑張るエンジンがあった。

日本が経済のことだけ考えて邁進していた同じ時代、他の国は経済以外のこともやっていたと、考えられる。

・・・・それにしても、ずいぶんと極端に揺れ戻すし、父親世代と比べて不公平だ。

しかし、『西東京市白光団地の最凶じいちゃん・イワオ74』さんに言われるまでもなく、むしろ、今までが一種の異常事態だったかもしれないので、さほど悲観しないでもいいのかな・・・・・

そうこうしている間に、今度はTPPだ、グローバル化だ、ネオリベラルだと、エンジンどころか頭からガソリンをかけられんばかりの、イヤな予感も・・・・

まあ半分は、まだ元気な60代、70代、80代の方々ががんばってくれるとして。

その間、若年層な人達は、力を蓄え、自分のやるべきことは何なのかを見極めてほしい。

失われた20年を研究する。もしくは「答え」ばっか出しててもしょうがないじゃん

この下にあった表を別のページに移した(16日)


 

前回、毎日新聞の「失われた20年インタビュー」から「就職氷河期とコレカラ」へ情報を付け足した。

インタビューされてたのは、小泉政権時代(2001~2006年)と、つづく第一次安倍政権とその次の福田政権で経済財政担当をしていた、就職氷河期のもうひとつの渦中の中心にいた人。

渦中の渦中にいた氏ーーー大田弘子・元経済財政担当相ーーーの言うことだから、もっと詳しく見てみた(別ページの表)。
そのあと、このシリーズの他の人、藤井裕久・元財務相の話しも読んでみた。
いろいろ言っていたが、唖然としたのは、以下の文だ。

--藤井さんは1932年生まれで、大蔵省(現財務省)に入省し、政治家になる前は高度経済成長期の大蔵官僚として働いていました。

藤井さん (略)そのころの僕たちが何でこんなばかな働き方をするかっていうと、結論は一つなんですよ。ヨーロッパに追いつき追い越せ--これだけだったんです。GNP(国民総生産)がね、まず昭和41(1966)年に確かフランスに勝った。42年にイギリス、43年に西ドイツに勝った。

西ドイツに勝ったことは本当によく覚えている。43年というのは佐藤内閣でした。そして、このあたりが変わる時期だったんですよ。池田勇人首相は高度成長、所得倍増計画、月給倍増ですよ。
(略)
その後、日本は国の進む方向を明確に示せなくなった。福田赳夫内閣のとき、G7(先進7カ国)で「機関車論」というのが出てきて、ドイツと日本は機関車になって世界の経済を回せと言われた。福田さんは「おい、じゃんじゃんやって伸ばせ」と言って7%成長を目標にしていましたけど、全然できない。福田さんが悪いんじゃないんだよ、すでに社会情勢が変わっていた。そのころから、実は日本は成熟社会に向かっていたんですよ。

「経済成長は際限なく続くのではなく成熟社会になっていくのだ、日本もそうだ」と言いたいらしい文章であるが、「ヨーロッパに追いつき追い越せ--これだけ」が動機でひたすら経済を成長させてきた、と、堂々の告白

他にも大事なことはあったろうに、そっちのけだったってことだ。
そんな動機で成長してたら「国の進む方向を明確に示せなく」なるのも無理もないし、第一あとの人が困る。

何が他の大事なことか? たとえば教育がある。わたしが小学生くらいの時から、「答えを出させる教育ではなく、問題を発見(or提起、作成)する力こそ育てなくてはならない」と言われていた。が、それが進んでいる印象を受けたことは一度もない。

昭和40年代の人もその時その時で答えを出してきたんだろう。特に、一番分かりやすいヨーロッパへの対抗意識という答えは、学歴や性格に関係なく理解も共感もできる便利な答え(方便)。けど、そのときに、次の時代のために問題を提起して準備をしておいてほしかった。

少なくとも、「その問題(提起、作成、発見)すごいじゃん!!」と思わせる人がリスペクトされる、とか。

今の日本社会を見てても受け身で答えを出すことにばかりに汲々としている。

ほんともう、いいよって。それぞれの答えがあるのは分かったからって感じ。

それはネット時代になってさらに加速。幸か不幸か、自分の答えを補強する材料、もしくは答えを出すためのヒントに事欠かないのがインターネットだから、なおさらだ。気の利いた答えを披露しては悦にいっている。しかも、他人をバカにするための人も目立つ。

(確かに、昔正しいとされた答えが今では違っていることは非常に多い。なので、有意義な情報としての答えもあるのだが)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


社会・経済 ブログランキングへ