戦争と戦後を振り返る。


Japan PM Shinzo Abe makes landmark visit to Pearl Harbor – BBC News(BBCで一面になってました~)

昨日から今日にかけて、首相の安倍晋三氏が真珠湾攻撃に関してなんかやってた。

真珠湾攻撃の追悼施設「アリゾナ記念館」で犠牲者に黙とうをささげたり、演説したりとかだ。演説一部:「寛容の心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要としています。憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信頼を育てた日米は、今、今こそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています」via:演説全文

安倍氏、しばらく見ないうちにすっかり首相っぽく育っていたのには、ちょっと嬉しくなったのと、捨てるわけにはいかない警戒心の、ふたつの感情がうまれた。

そもそも奇襲なり戦争なりが起きた時、死んだりケガするのは彼ら世界のトップではなくて、こっちなのだ。「和解、いいですね、大いにやってください」としか言いようがない。

ところで、先日、珍しい場所に行ってきた。

しょうけい館 戦傷病者史料館

平成18年に厚労省が九段下に作った、太平洋戦争で負傷した方々の証言を集めた、資料館だ。
証言映像をミニシアターで流す他、関連書籍を多数集めた図書館空間、自身も戦傷者である水木しげるの漫画やイラストを展示した空間がある。さらに二階には、野戦病院を再現した部屋があり、人形が10体ほど、当時の状況が目の前に差し迫ってくるがごとくの形で置かれている。ボタンを押すと、解説音声が流れる。

兵士の人形はものすごくリアルに作ってあり、口渇に耐えきれず禁じられた生水を飲んでアメーバ赤痢に罹り、動くこともままならず寝台から尻だけ出して糞を下に垂れ流し続ける人形をちょっとさわったら、毛布かと思ったものはちゃんとした作り物で固かった。

解説音声は、脂汗を浮かべた兵士といくたびも目が合うので、目をそらしながら聞いた。

幸か不幸か匂いまでは再現されていないため平常心で眺めることはできた。いくら良く作られているとはいえ、やはり作り物であり、迫力はあるようでないのである。まあ子どもが見たら怖がるだろうし、大変な力作であることは間違いない。

↑こちらは一階の図書空間。戦傷はもちろん広く第二次世界大戦に関連した書籍が多数あり。『この世界の片隅に』も目立つように置いてあり、著者ご自身が寄贈なさったようで、中に「謹呈」の文字があった。『この世界の片隅に』わたしも観た。戦争と原爆を語ることや反戦は、ぜったいに陳腐化してはならない、と思ったし、事実、そうなっていない作品だ。広島のあの時に生きていた命が蘇ってそしてまた理不尽に死んでいったような、穏やかなやさしい絵柄なのに、伝えてきた。

↑水木しげる先生が描いたもの。こちらは反対に生々しい怖ろしい迫力がいっぱいだ。どんなに描いても描いても伝えている気がしなくて、もどかしかったろうなあとも。

戦争と、戦争について繰り返し伝えてきた戦後と、戦争の生き証人が皆亡くなろうとしている現代と、その不在を耐えなければならないこれからの時代と。

また、一から考えないとな~と、思った一日だった。


 


日記・雑談 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自民党一党独裁時代を終わらせるためには?それを考える前に、自民党最強伝説がうまれた理由

halloween_002

この前、『橋本治という立ち止まり方』についてupしたけど、ひきつづき読んだら「なる・・・・」と妙に納得した事が書いてあったので紹介する。
先に要約すると、アジアの他国(特に韓国)とのパイプを持っているのは自民党だけなんだ、だからいつまでも与党であり続ける。

p.131

「戦前」の中に「戦後」はない

 日本の「戦後」というものを考えて、私にとっては不思議だったのが、どうして戦後の日本には「戦前」と手を切った新しい政治家が生まれなかったのかということだった。
 1945年8月15日の終戦を契機として、日本は革命的な変化を遂げる。その変化を実行するのは日本にやって来たアメリカの占領軍で、日本人はその指示の範囲内で「変革」を実践して行く。当然、それ以前の「軍国主義日本」を動かしていた人間達は公職追放ということになるのだけれども、アメリカ占領軍が日本から撤退して行く段階で、この人達の追放は解除になる。
 一度公職から追放され、これが解除されて復帰した人達の中には、戦後日本をリードして行った鳩山一郎、岸信介という二人の総理大臣もいる。ついでに言ってしまえば、市川房枝も公職追放解除組ではあったけれど。私は昔から、この「公職追放→解除→現役復帰」が当たり前であった「戦後」というもののメンタリティがよく分からなかった。一方では、軍国主義から民主主義への革命的な変化がある。しかし他方では、相変わらず「戦前」以来の地続き的な「そのまま」もある。「公職追放」というものは、軍国主義日本のあり方を担った人達の「一時謹慎処分」のようなもので、「一応反省したから、もうなにかを問われることはないということなのか?」などと思った。
 (中略)「新しい時代になっても新しい時代を担う人材が生まれないから、古い時代の人がそのまま時代を担うということのなっていたのか」という理解の仕方をしたからだ。
 現実社会では経験がものを言う。いくら新しい理論が登場したって、それがそのまま現実社会に適応出来るわけはない。国家主導で強引な変革が実現できる国ならともかく、戦後の日本はそうではない。理論と現実の間では、さまざまな妥協が必要になって、そお妥協を実現させる主体は、現実での中で生きて、「経験」を体現している人達だ。
(中略)
 なんでこんなことを考えたのかと言えば、NHKのテレビで「日韓関係」をテーマにするシリーズものをやっていた、(中略)

 韓国をはじめとするかつての日本の植民地だったアジア諸国との戦後に於ける国交回復は、公職追放解除組につらなるような人脈の人達によって達成された。そして、戦後に新しく独立したアジアの国々のリーダーは、なんらかの形で日本の影響を受けている。日韓国交正常化の一方の主役だった時の韓国大統領朴正煕(パクチョンヒ)は、戦前に日本の軍人教育を受けている。彼の中には、日本に対するアンビバレントな感情があるんだろう。しかし、彼が日韓国交正常化のパイプ役として求めた相手は、公職追放から総理大臣になり、六十年安保の改定後にその座を退いていた岸信介だった。
 東条英機内閣の商工大臣だった岸信介は、その以前、満州国の産業部次長で、満州国の産業経済の中心ともいえるような存在だった。その満州国に朴正煕も「日本の軍人」としていた。朴正煕が「アジアのことが分かって、日本の政界に大きな影響力を持つ人物」として岸信介を考えるのは、不思議ではない。
(後略)

(以上、政権交代した2009年までは、という話しなんだけど)

それで思い出したのは、高麗神社近辺の自民党天下ぶりは凄かった。
その一方、嫌韓で反在日運動する人も自民党支持と思われるので、ややっこしいな


社会・経済 ブログランキングへ

あーいやんなっちゃう。アンポホウセイだと

集団的自衛権の拡大を認める安保法制というやつが通過したようだ。

怒りの念があるにはあるんだが、そしてそれをもっともっと燃やさなくては‼と気持ちは焦るのだが、どうも燃料が足らない、ということなのか。

なにせ、安倍晋三の悲願が憲法改正なのは、とうの昔、第一次安倍内閣の頃からばれていた。そしてそれを応援する勢力がNHKをはじめ、強大にあるらしきこともばれていた。

以前にも書いたが、第一次安倍内閣が発生する前の選挙のときNHKは、「安倍が首相になったら憲法改正あり」ということを伏せていた。

そして、選挙が終わった途端に言い出した。ある程度の知識のある人には分かることでも、一般人はマスコミが言わない限りは認知しない。

だから、マスコミ(特にNHKのような「公共放送」)の一言で国民は反応してしまう。この場合、自民党に投票しない、あるいはアンチ安倍が増える、ということが起こる。
そのことを熟知しているNHKは、憲法のことを伏せた。つまるところ情報操作した。

と、いうことをまざまざと学んだのが、あのとき、第一次安倍内閣の時だった。

そして、その時に感じた戦慄たるや。

お断りしておくが、NHKにも「いい人」はいる。組織だから、いろいろな人がいる。だけど、そういう問題じゃない。

 


 

昨年12月にあった衆院選で自民党が圧勝した。したといっても、得票数は今までと比べて多いわけではなく、むしろ少ないのだけど、議員数としては圧勝した。

国民にリフレというやつが支持された。(詳しくは、3本の矢をナントカしたアベノミクス、ということのようだった)

たとえ戦争が起ころうとも、今、デフレから這い上がり貧困を脱さなければ、それは戦争よりも悪いものだからだ。

もっともわたしはそれでも自民党に投票することはできなかった。ほんとうに悩んで悩んで苦渋の苦虫の臍をかんで煮え湯を飲んで吐きそうになったけど、わたしの指はその文字を書くことはできなかった。

・・・・に、しても。卑劣な話ではないだろうか? リフレを支持して自民党を勝たせたことは、すなわち集団的自衛権を認めたわけではない。なのに、安倍晋三は、「国民が私を支持した」ということで、全面肯定されたことにしている。

こうなると選挙制度というもの自体が何なの?と、釈然としない。

だからといって、安倍晋三をバカだアホだと罵るのは筋違いもいいところだ。

バカではない(はずの)人が、一番困った人たちなのだから。
一番顕著にそれが証明されたのは、原発事故。
誰も責任をとってない。

バカでもバカじゃなくても、なあなあでやってけばいいのだから、どっちでも同じということだし、実際、自民党は自分たちの絆を優先することで思考放棄を決め込んだ。

 


 

でもGoodNewsもあった。

SEALDstwitter)というのが今、急成長の注目株なことだ。いや、株と一緒にするのは違うか・・・

 


 

これから

とにもかくにも、情報源。ソースをどうするか。
投票する先。
自分のやること。
社会の中では、知性と感情のバランスをとり、コントロールすることが大事なこと
使える場があるなら、行動心理学なりの、学問がもっと活用されるべきであること
今までの知見をもっと、活かせるようになること
絆ばかりじゃダメなことの説明。

かといって、反知性とか知性主義ってことばもどうなのかな~ 高学歴者がプライドを回復したいだけの足掻きに見えてしまって。(ちがうかも・・・・・)

そんなことをボンヤリ考えている、蝉の鳴きはじめた午後二時・・・


日記・雑談 ブログランキングへ

◆使用している画像と、文章の中身は関連ないことが多いデス(このブログの特徴)

安倍っちの演説なんか興味ないからスルーしてたら、大江先生が激怒で呼び捨て。しょうがないから演説の全文を読んだらマジきもいよ、そこまで米国にへつらうとは。あーやだやだ

あんまり媚びへつらっててビクリした。

今、冷戦時代のことを書いているけど、あの時の緊張感を、ここでまた復活させたいみたい。

大江先生に言わせれば「嘘だと思う」だろうけど、安倍どんはおじいちゃんの名誉回復しか考えてないから、話しを盛るわ盛るわ。

スパゲティの上にご飯を盛ってその上にケーキを乗っけた、みたいな勢いで、しかも全部がカビ生えて毒素放っている

ほんとこれやだ


社会・経済 ブログランキングへ

※かどうか知んないよ、じゃないの?って話し

アベノミクス解散と言おうとしてバカヤロー解散と言ってしまう日々

 今度の選挙、安倍晋三首相氏は「アベノミクス解散」と自ら命名し政権の継続を強調したそうだ。対する野党はアベノミクスで格差が拡大したとして、転換を訴えたそう。

 ここらの政治話題ソースである22日の東京新聞によると、首相は解散後の自民党両院議員総会で、衆院選で消費税再増税を延期した判断の是非を問う事に関し「議会制民主主義の基盤である税制に重大な変更を行う以上、国民に信を問うのは民主主義の王道だ」と述べた、という。

 その数日前の新聞もついでに見ると、

安倍晋三首相は18日夜、首相官邸で記者会見し、来年十月に予定されている消費税率10%への引き上げを2017年4月まで1年半先送りする考えを表明した。再延期はしない方針も示した。その上で、増税延期の判断について国民に信を問うため、衆院を21日に解散すると明言した。これに先立つ自民党臨時役員会では、衆院選の日程を12月2日公示、同14日投開票する方針を伝えた。
引用元:19日の同新聞

 時間軸が前後してるけども、ともかくそういうことらしい。一方、人々(あと朝日などのマスメディア)がこの解散総選挙は大義がないとし批判。するとそれに対してバカじゃねえの? あるんだよ!!とコケにする主張が発生した。(参照:衆院解散「大義なし」批判は財務省からのアメを失った増税派の遠吠えにすぎない!)(穏当なラインではなぜ記者はこうも間違うのか!? 消費増税見送り解散&総選挙には大義がある (2014.11.14)

 これらの主張は、面倒くさいことを省いて言うと、財務省と果敢に戦う安倍首相氏を印象づけた。

 次に現れたのが、<この解散って憲法違反だよ、憲法違反の首相でどーすんの、誰も聞く耳持たないだろうけどさぁほんとにもーー>といった嘆息混じりの控えめな主張であった。(参照:VIDEO NEWS首相はいつでも好きな時に衆院を解散できるわけではない ?

 確かに、国民の投票で選ばれた議員をそうそう簡単にクビにできるって変だよなあとは思っていたけど……※

 とばっちりだったのは子育て政策のキーパーソン駒崎さん。自身が取り組む支援策には消費税が紐付けられているため、消費税10%もやむなしと言ったとたんに、変な人たちからもう攻撃を受けていた。

 攻撃をした変な人たちっておかしくない? 自分の置かれた状況、自分の信念、自分のやっていることを基準にして意見するしか、方法ってないのに。簡単に言えば、消費税10%賛成と言って何が悪いのか?

 攻撃をする人の置かれている状況が何なのか調べても、ほとんど見えてこない(5分程度しか調べなかったとはいえ)。たとえばこういうのならまだ分かる。→製造業をやっている立場から増税されると工場がつぶれる、今婚活しているが年収が上がらないから相手にされない(ほんとにそれだけが理由かは兎も角)、新婚だがいつまでも子供を産めないでいるのは消費税のせい。あるいは自分は財務省が憎い。財務省はこうこうこうだから増税を望んでいる。その望みをかなえたくない、というレベルでも良い。なんらかの主張すべき正統性がなんもない人が、単に欲求不満のはけ口的にわめいている、としか見えないのだ。

 武器としての経済学を中途半端な知識でふりまわす人って貧しいなぁと思う。そんな性根じゃいくら景気が良くなっても貧しいものは貧しいんだよ。景気のせいにするなって感じ。


 そういえば官僚と戦う安倍晋三という話は、前回首相時にもあった。わたしの拙過去記事「田原総一朗さんて、いったい何?」が、「 安倍政権の倒閣を企てた官僚たちの二重クーデター 2007年7月19日」を紹介している。官僚の天下りは、当時たいへん問題視されていた。今も財務省はさまざまな既得権をもつ(と思われる)ムカつく連中には違いないけど、そこを投
票の判断材料にすべきかどうかは、悩みどころだ。


このあと、12月14日の投票日まで、判断材料になりそうなソースがあったらgoogle+に+したい。(コメント書いていると時間をくうため)


※こういうの聞くと、日本て(しょせん)アジアなんだよなーーと思う。当方、K-POPの贔屓スターのツイッターや記事で韓国や中国の人の反応見てるから、けっこうアジアに詳しくなった。
(最近C-POPってのも出てきたけど、最後まで聞きとおせた曲はない。今んとこ)