Skip to content

タグ: 家計

5:来年の家計簿買った

記事の分類:家計と暮らし
赤いランドセルを背負った前髪パッツンな子
反抗期になったらぺたんこにするのかなーランドセル。今が一番かわいいわね~~

前々回の〆部分、教育の話しを絡めたら収拾が付かなくなったので、その話題はまたの機会にする。→書き直しといた。

この話し、「いつまで続くんだ」とうんざりしてきた日本語圏の読者諸氏が3人くらいいるかもしれないので(うち一人は自分汗)、なるべく早く切り上げたい。
けど一個思いついたことがあった。「就活における人気企業ランキング、あれってさぞや固定費でもぎ取っていく企業に人気があるんだろうな。くそー腹が立つ」という思いつきだ。

それでさっそく、調べてみた→2016年卒 新卒就職人気企業ランキング – みん就(みんなの就職活動日記)

1位電通、2位ANA、3位伊藤忠商事、4位JTBグループ、5位博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ、6位サントリーグループ、7位ニトリ、8位資生堂、8位三菱東京UFJ銀行、10位日本航空(JAL)、11位三井住友銀行、12位オリエンタルランド

・・・・・・と、見事にたいして固定費とは関係なかった。むしろ、電通のように「広告」などという、一番生活費と関係ないような会社に人気があり、固定費と関係なければないほど人気があるとさえ言えた。

まあね、家計からだけで金のすべてを見ようってのが大胆すぎたのね・・・・

と、ややしおらしい気分になったのもつかの間、いやしかし。ちょっと待てよ

これらの会社に入るためには何が必要か? そう、学歴だ。それも、かなりの高学歴。

それを得るためには何が必要か? そう、金だ。

教育のためのお金という形で、すでにして固定費としてさんざん先取りしていった企業なんじゃないか?

そう思いついてもう一度 やりくりが下手だから払えない?――現代家計の滞納問題の表を見てみた。
下の表は年収で世帯を五段階に区切り(年間収入五分位階級別)、消費性向を階級別にしたものだ。「実支出」(「消費支出」と「非消費支出」をあわせたものだそう)などの専門用語については、統計局ホームページ/家計調査 用語の解説に簡潔に説明されてるので、ナルホドねえと分かってありがたい。

1世帯あたりの1ヶ月の収支と消費・非消費支出の対実支出割合(年間収入五分位階級別、勤労者世帯)

t-2

↑この表から読み取れるのは、なんといっても年収の低い世帯にとっての住居費の割合の高さだろう。ただ住む、ということにかかる金の高さは尋常じゃない。それに比して、年収の高い世帯にとっての住むことの楽勝なこと!! 生きる基盤ともいえる住む、ということからしてすさまじい差なのだ。それでも昔は、「長く働いていれば年収も増え、住宅ローンの頭金もたまり、そのうち家が買える」という展望がもてたが、さっこんはそれさえ厳しいという。
厳しいならそれなりに、住居費の補助とか必要じゃない? って感じだ。

その他思うのは、「年収が高いお宅って、平均消費性向低くていいわね~」ということだろうか。

ただし、この表は<学費のかかる子どものいる世帯>に限っていないらしく、筆者氏は他の表も用意していた。
<私立大学に通う子のいる世帯>だ。↓

私立大学生のいる世帯の1ヶ月の収支と消費・非消費支出の対実支出割合(年間収入階級別、勤労者世帯)

t-4

見間違いかと思って二度見、三度見したね。なんせ、年収が高くても低くても、教育費の割合は20%台と同じなんだもの。当然、割合は似ていても金額自体はまるで違うだろうが、いかに教育費のもつ意味が大きいかって話で。できる限りの金をかけようと一生けん命になっている親の姿が浮かぶ。

そんでも、高い方に飛び出ていると割合は減るし、少ない方に飛び出ていてると教育費の割合が多い方に突出してしまう。(→そのあげくに平均消費支出154%という大赤字になっている)

恐ろしや、教育費
☆ ☆ ☆ ☆

恐ろしすぎて頭の中をいろんな考えがめぐり、まとまらなくなってきたので今回はここまでにしたい。
教育といえばリンク先記事の一番最後、「諸刃の家計相談」。

「家計相談」について、「家計簿をつけて赤字が出ないようにする」ことだという狭い理解をする人も多い。このようなある種の誤解のみが独り歩きしてしまうと、「家計相談」はその世帯ごとのやりくり努力だけで問題を解決させることであるとされてしまう。だが、個別世帯のやりくり努力には限界があることは、ここまで述べてきたような、現代家計が置かれている状況を考えれば容易に想像できるだろう。

家計相談は諸刃の剣である。適切な刃としていくためには、現代家計を取り巻く社会制度的・構造的な問題に目を向けることが重要である。

これ、ほんとそうだなと思った。
自分の家が赤字だ、黒字だだけじゃすまないよって話し。

だって、企業の収益は家計からくみ取っているのだし。

企業からの給料で家計を成り立たせているんだし。

(金融とか運用とか投資とか為替とかの世界ってものあって、まだそっちとのつながりは無縁すぎてつかめていないけど)

わたしは書店に行って、複数の家計簿をチェックしたけど、そこまで書いてある家計簿はなかった。
うちが買った来年の家計簿も、天引きを書く欄程度はあるけれど、家計のみで完結する視点しかもっていない。
そんなでいいのかって!! 家計のエキスパート諸氏には猛省を促したい。

・・・・・家計簿をつけて一喜一憂するだけじゃ自分がリッチになれないのはもちろん、目隠しされて踊らされているようなもんだなと、気づく日々であった。つづく


社会・経済 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

4:来年の家計簿買った

記事の分類:家計と暮らし
家計簿と睨めっこするわたし、じゃないw人
家計簿と睨めっこするわたし、じゃないw人

前回 やりくりが下手だから払えない?――現代家計の滞納問題 に関連して、やや感情的になり、筆者氏の意図と違ってしまいシュンとなってしまった。が、ションボリしててもせんないので(というパターンが多いが)気を取り直そう。

そういうわけで、家計というものが一ヶ月単位で考えた時に、ひどくバランスが悪いサマを見てきた。なにせ、給料のかなりの割合が、給料日含む3日ほどでなくなってしまうのだから。(年収による。詳しくは上記リンクclick)

この事を、家計ではなく社会の側から見てみよう。

払わなければ生活の基盤を失うから絶対に払うことになる固定費。それを支払う先である各企業や役所—電気、ガス、水道、銀行、携帯会社、カード会社などなど—-が、もっとも強力にして安定的な力、すなわち絶対的な権力を持っている、ということにならないだろうか?

それは、とりもなおさず、その経営者はもちろん、そこで正規雇用されて働く者たちが、もっとも経済的に安定している、ということかと。

なにせ、金を取りっぱぐれる心配が最もないのだから。

このテッパンの安定感に比べたら、そこらの雑誌社などよく経営が成り立っていると感心するくらい金の取りやすさという点で危なかっしい。ましてやフリーライターとかって悶絶級の危ない橋わたり。尊敬するしかない。

しかしなんだか釈然としない話しだ。なぜって、固定費を払う先である企業や役所に、なんらかの創造性があるように思えないからだ。

たとえば、電気が発明されたばかりの頃(エジソンだっけ)。「この電気を世界中に広めて夜を明るくしよう」とか、「日本中に広めて明るくしよう」とか「電気を津々浦々広めて文明を飛躍させよう」と思ってた頃は凄かったと思う。それをやってくれた方々には、ほんとうに感謝の念でいっぱいだ。ありがとうございます。m(_ _)m

が、今となっては保守点検やメンテナンス、使用料金の取り立てや資産管理、職員の給料計算以外に特に仕事があるようにも思えない。

むろんそれも大事な仕事だ。鉄塔の上に登ったりとか危険だし。けど、最初の頃ほどではない。

最初の頃、ダム工事で死者も多く出たり、ああいう頃ならば、ひとり親家庭で経済苦しくてもしょうがない面もあるよね、みんな大変なんだし。と言えないこともない。

が、今となっては子どもを育ててる親の方が、はるかにcreativity高い。「価値が高い」というとイヤらしいのであえて英語使っているわけだが。それなのに、固定費という形で金をもぎ取られてばかりで、ふさわしいサポートやBACKがないのは理不尽すぎる。

そうはいっても、その仕事を失えば多くの失業者が出て大変だ。その給料で家計を成り立たせている人も大勢いる。と、言うことはなんだ。もはやその仕事自体が社会福祉を享受しているみたいなものなんじゃないか?

なんかそんな気がする。

わたし自身、医療・介護の域にいるけど、医療費も人によっては固定費だろう。あるいは、病気やケガは誰でもするわけで、そのときは避けて通れない出費になる。つまり金を取りっぱぐれる心配が少ない業種だ。※

道理でうちが生活していけてるわけだねえ・・・・(しみじみ)まあダンナのテルテルも一応ガンバッテますが。


社会・経済 ブログランキングへ

 

とにもかくにも、まだ終わっていないので続く、しかない

3:来年の家計簿買った

記事の分類:家計と暮らし

maney7

またまた前回のつづきだ。この前結論を先に言ったのだった。

  1. 支出には時間差がある。早いものと遅いものと
  2. 時間差を利用すると金の性質を変えることができる
  3. 時間差の中で「先の支出」ほど、権力が強い
  4. 時間差の中で「後の支出」ほど、混沌としている

よく考えたら当たり前のことで、誰もが知ってることかと思う。が当方の場合、金についてさほど深く考えたくなかったこともあり、今頃になって「あーーーっそうだったのか!!」と膝ポンだった。

何が膝ポンなのか、あらためて説明する。
これが↓↓家計のもう一つの側面を表にしたもの。横軸は関係なくて、縦のブロックが四つあると思ってほしい。

収入と初動支出
(25~27日)
カード支出
(27日)
分配(♪-■)
(27日~)
月の〆
前月からの繰り越し確認:前月の未払い額
アンナカ手取り
au アンナカ
☆カード
 
♪小計 ネット接続
♪家族からの家計への入金 寄付
食費
必要物品
その他

♪のトータル トータル
■最初の支出と予算
【基本支出1】
家ローン返済、利子
電気
ガス
水道
学費ローン、利子
カード支出□

【基本支出2】
食費
一週目
二週目
三週目
四週目

【他】医療費、保険、灯油、ガソリン

アンナカ消費
内訳
■のトータル トータル(□)
備え(ストック)分

分配可能額
♪-■=

来月へ繰り越し
手元
BANK

◆うちの家族の給料日はそろって25日なので、みないっせいにこの日にお金を渡してくれる。わたしも、手数料108円を取られるがのイヤなので、遠くまでチャリでゼロ円のところへ行き降金する。一番左のブロックが、25日から27日までのわずか3日間の家計の動きだ。

家計費として計上された金額(♪)の、相当割合を引き落とし用の銀行へ入金する。さらに引き落としにはしていない電気や水道を振込用紙で支払う。ここまでが【基本支出1】だ。家計ソースではよく固定費と呼んでいる。その名の通り、やりくりの対象ではなく、額が固定的に決まっているもの。どうガンバッテも、節約しようのないもの。まあやろうと思えば多少は減るとしても、家賃や住宅ローンなどは減りようがないし、電気もガスも、減らすのには限界がある。むろん、携帯各社の代金にいたっては固定も固定なので、どうにも動かない。

【基本支出1】を払い終わった頃には、わたしの手取りはほぼなくなってスッカラカンになっている。が、ありがたいことにファミリーがお金を渡してくれてるので、その分を今度は【基本支出2】として割り振る。早い話が、食費だ。

前回リンクしたやりくりが下手だから払えない?――現代家計の滞納問題が、学校給食費や高校授業料、国民健康保険料などを滞納する人に対し、「家計管理能力が低い」「だらしない」「やりくり下手」「最初から払う意志がないモラルの低い人」と判断されがちであることについて、そうではないと説明していた。

これにはホント、力強い説得力のある記事が出てくれたと、我が意を得たりな気持ちになった。そうではないに、決まっている。そも家計管理はどんなに少なくてもいいから一定の貯蓄ができるくらいの余裕のある世帯でなければ、とてもできるものじゃない。下手に家計管理しようとしたら、イライラ、カリカリ、がーん、ぞーと、絶望的になったり殺伐とするだけに決まっているからだ。挙げ句の果てに一家心中するのオチだから、やらない方がいい。

そんなで今我が家は、【基本支出2】を全額、月の初めに用意できることに、深い幸福を感じている。貧困だったら、食費を第2週まで用意できるかどうか?? 

できなかったら、固定費の支払いを遅くすることで、なんとかやりくっていくしかないのだ。

★☆★☆★☆★☆

そんなこんなで、かろうじて【基本支出2】を算出し、袋に全部分け入れてホッと一息ついた後どうするか。あと、何が膝ポンなのかの説明がまだなので、つづきはまた

→最近、SIMフリーなどで変わってきた? うちはまだこれからだ。
 地元の役所などに相談窓口がありそうなので、そちらに行くのも良いかも

 


日記・雑談 ブログランキングへ

社会・経済 ブログランキングへ

 

2:来年の家計簿買った

記事の分類:家計と暮らし

maney7

前回のつづきである

あちこちネットを見ていたら、Excel online なんていう便利なものをみつけたので、そっちでも作ってみた。中身は前回のと同じ。

◆左端は、とんとん病院で働くわたしの天引き前の収入。その下が家族が家計に入金した額。
その下がポイント還元やキャッシュバックだ。金額としては微々たるもの、などと軽視せずにちゃんと付けたい。でないとやはり、社会との兼ね合いでのマネーの流れがつかめない。我が家は今月、楽天ポイント2000円で百人一首を買った。あと、某所のキャッシュバックが2万円、某所からのバックでクオカード5000円もらった。

うちが今より貧乏だった頃はろくに金を使えなかったからキャッシュバックもないし、ポイントも増えなかった。本来、貧乏な世帯にこそ必要なポイント還元やキャッシュバックが発生しない典型例だ。

◆左端の一番下は、この中で唯一「社会へのBack」ではないマネー。いわゆる貯蓄である。前述の「レシート貼るだけかんたん家計簿」も非常に貯蓄を重要視していて、記入欄も大きい。コラムのページにも「目指せ1000万円!!」とか「夢の実現のためにお金を貯める」とかいろいろ書いてある。

確かにそうなんだが、しかし多くの人にとっては、夢うんぬんよりも将来や老後が不安だから貯める、というのが実情ではないだろうか? 当家は少し前までは子どもの学費のために貯めていたが、今秋に解放されたため、今度は闇雲に「とにかく貯めないと」となった。

しかし困るのは、月にいくら貯めれば安心できるのか、見当がつかないことだ。試しに何歳まで生きるか仮定して計算してみたら、16万円は月々貯めないとダメだった。

なんじゃそりゃ????? 不可能。というか何も食べなきゃなんとかなる。老後のために今死のう!!w

そんでも、ぜんぜん貯めないよりは安心なんだろうか。けど、その貯蓄がなかったら社会福祉に頼るしかないことを思うと、結局の所、貯めているお金も福祉の金を自前で用意した、ということであり、社会福祉費を払ったのと意味としては同じじゃないか・・・・

実際、生活保護は持ち家や財産があっては受給できない。現金に換えそれを使い切り、ほんとのスッカラカンにならないと受けられない。その間に寿命が尽きてしまえば、社会福祉からのお金はいかなかったということになる。ってことは、自分で自分に社会福祉したということだ。

そういえば、貧乏な格好をしていてお小遣いもろくにない患者サマが実は都心の一等地に持ち家があったり。それをどうしても売りたくなくて貧乏で貧乏で情けない案配になっているケースをちらほら見かける。必要なのは財産じゃなくて現金デスカラ!!って言いたくなったものだ。

◆その右のブロックは典型的な「社会へのBack」天引きされる税金や社会保険だ。年々金額が高くなっている。本来、社会のためにちゃんと使われているならば文句はないお金だ。ここらへん何にどう使われていくのか関心をもつためにも、明細を見ながら数字を細かく書き込みたい

◆その下の「基本支出」が、「レシート貼るだけ!かんたん家計簿」にレシートを貼って管理、集計していく分(という消費。単純に消費と言うには、ないと困る生死ラインでもある)

ちなみに、一週間に必要な食費を算出するのは、けっこう試行錯誤がいる。菓子やアルコールもいれるのかどうか? うちは、ギリギリライン(生死レベル)のみを計上し、嗜好品はそれを買ってきた人のお楽しみ、ということでその人の小遣いとしている。が、厳密にやりすぎてカリカリするのも味気ないものだ。てきとうな緩さも家計には必要。

◆その隣は世帯の中での分配(分配された人達が消費する分)。子どもが小さかったり自分一人の世帯なら不要かと。さらに、同居はしていても、みなが家計に入金しつつ小遣いは自分で確保している場合はたぶん不要。うちはそういうわけにはいっていない。早く、ひとりひとりが独立してほしいと思う。その理由は後述する予定。

あと、これを作ってて気づいたのは、娘には何もあげてないなーと。毎月入金してくれるのに、バックがない。だんなのテルテルですら、収入のうち好きな金額を家計に入れておいて、出勤日のたびに一定額を受け取っている。

娘はそれでお金に困ってはいないだろうけど、不公平が発生している。お金を入れてくれる人には何らかのバックが必要。なぜかといえば、バックを受け取っているメンバーもいるのだから。と、思ったりした。

◆さて、みなに必要額、もしくは要求額を配ったあとの残りがわたしの分だ(右端のブロック)。といっても、カードで欲しいものは買っているため、カード支出の中にわたしの小遣い分は相当含まれている。そんでも飲食代他、現金ももっていないと困るので、この額は多い方がいい。

◆その下寄付は、本来は余裕資金から出すもの。が、面倒なので(という態度もどうかと思うが)毎月カード払いにしている。その他イレギュラーに払う時は払う。寄付は一定額になると、証明書を持って確定申告に行けば、優遇してくれる。つまりキャッシュバックがある。(
投資にいたっては、思いついただけでやってはいないので、いつかお金がたくさん出来たらやりたい。)

と、いろいろ考えると、自分では無駄遣いと思った支出も、消費という社会貢献、消費という社会福祉をしたのと同じだ。それがなければ、ユーザーの消費という形でお金を受け取れなかった人が、いずれ生活を成り立たすことも困難となり、社会福祉を受けることになる可能性があるのだから。

酒飲みがバカみたいに酒ばかり飲んで、あとで金の使い道に後悔したとしても、社会貢献したことに変わりはないので、そんなにめげることもないってことだ。

ただ、多くの場合、その人にはそういう自覚はない。飲むのをやめられずに飲んだだけのことである。うがった見方をすれば、会社(この場合酒の会社)は、そういう酒飲みのサガに乗じていると言える。

できるならば、自覚をもった消費者でいたいものだ。

さて、次回は、「家計について気がついた、もうひとつの側面」だ。

何に気がついたのか、先に結論を言っておこう。

  1. 支出には時間差がある。早いものと遅いものと
  2. 時間差を利用すると金の性質を変えることができる
  3. 時間差の中で「先の支出」ほど、権力が強い
  4. 時間差の中で「後の支出」ほど、混沌としている

参考になった記事:やりくりが下手だから払えない?――現代家計の滞納問題 /シノドス(2015年10月23日)


社会・経済 ブログランキングへ


日記・雑談 ブログランキングへ