民進党代表が前原さんに決まった

2017/09/01

ちょうどお昼頃AbemaNewsをつけた瞬間に、民進党の代表選挙が始まった。選挙というか、その前に候補の前原さんの演説だ。

前原さんはこの前のYahooみんなの政治では、荻上さんの、もっと具体的に言ってくれないかとの要求に

「社会保障と税の一体改革という答えが具体的じゃないっていうなら、私にはもう何も言えないっっ」と青筋たてて逆ギレしていたっけ。

反対勢力と向き合う場面ではなく、ごくごく良心的な質問者に対してこれだから、それだけで前途多難感がハンパなかった。

が、今回は、味方が相手の場面のせいか、自分の高校時代のエピソードなど披露して、案外と血の通った人間的なところを見せていた。
一言でいえば「貧乏人の味方」であることを、アピールしていた。
のだけど、前原氏は、再分配(この場合だと、金のある層だけが子どもを大学進学させられるのを是正し、すべての子どもが機会を得られる社会)のためにはまず消費税増税を考えているようだ。

で、ここからが「高度不信社会」の出番で、そうやって増税された分は、結局再分配には使われず、官僚や要領のいい政治家、利権のある誰か、もしくはその人たちと懇意な誰かのフトコロに入るだけ。という感覚をぬぐうことはできない。

それならば、もっとズルができなさそうな景気回復、内需の拡大、給与のアップ、金曜日の早上がり政策の方がマシなのではないか? つまり、ある程度は国民が舵を握れる何か。という気持ちを消すのは難しい。

難しいよ、前原さん。

そんなこんなで、代表になった前原さんの青筋は、この後もどんどん立つことだろう。←予言
とりあえず、わたしは枝野さんを応援していたけど、こうなったら前原さんの方を応援するので、冷静になってほしいものである。

社会・経済 ブログランキングへ

民進党の政策に、この国の夢はあるか?

民進党の話題なんか出すと人が寄ってこない、寄ってこない。「民進党? 縁起でも無い」「みn…、やめて、聞きたくもない」といった空気をひしひしと感じる。試しにプロブロガーのサイト内検索したところ、民進党を取り上げている人は皆無に近かった。ブログで稼ぎたかったら民進党の名を出すなって教訓を得た気分だ。

幸か不幸か当ブログはプロブログじゃないので、あえての民進党だ。前振りはここまでとして民進党の代表戦が9月1日。の続き。

(33) 【政治ライブ】民進党代表選・候補者討論 – YouTube

ここでのポイントは、民進党の人が何を言うか? ではないのだ。言うことはだいたい見当がついている。1実現できるのかどうか分からないことを言う。2財源も調達が可能かどうか分からないことを言う。3民進党が信頼に足るのかどうか分からないことを言う。

ポイントは、聞き手が何を聞くか? ということ。

民進党相手に何を聞き得るのか? を知ることで、今後の政治ブログの方針もある程度定まるだろう。なぜなら四方八方、思いつくままdisったり嘆いてもしょうがないから。これはひいては、有権者としての行動にもつながるかもしれないし、理想を言うならば、エダノンの言う「草の根」的なる活動につながらないとも限らない。

有権者の意識をある程度は一致させないと、少しも話が進まない。いくら多様性を認め合う社会(byエダノン)とはいっても、それは、「多様性を認めない人も認める社会」という意味にはならないはずだ。つまり、どっかで多様性は切り捨てられる。人間に無駄な時間がそうそうあるわけじゃない以上、しょうがない。わたしが最近考えた多様性とは、「民主主義は戦いなあなあじゃないものだから、勝ったり負けたりする。戦いだけど、相手の存在を否定するものでない。もちろん負けたからって悔しいだけで、生存権はむちゃむちゃある。断固としてある」ってあたり。

ということで把握した範囲の質問と答えの一覧表だ。
(なんでもかんでも表にすると著作権に関わるので、ほどほどにしてある。あと理解不能ですっ飛ばしたところもある)

質問内容 枝野 前原
アベノミクスへの評価 否定 否定
最初に行う政策 公的資金で介護職や保育職の賃金を上げる オールフォーオール/社会保障と税の一体改革
景気への取り組み ↑上記に仮に一兆円をかければほぼ一兆円が消費に使われる/建設国債を減らし、赤字国債でつなぐ。建設国債でやっていることでは人件費比率が低い。かつ海外からの資材調達に使われており、日本の景気にとってプラスではない ←これに反対。徴税とその再分配方法を変える模様?
消費税を上げるのか否か。上げるならいつか 今は上げない  
民主党政権時代の反省 いろいろ いろいろ
若者を鼓舞する、この国の夢、希望 ▼下の本文をごらんください ▼下の本文をごらんください
日本は高度不信社会。言うようにうまくいくか? たとえば少子化対策で税負担が多くなったとしても、その子がいづれは自分の老後を支えてくれる。いづれ自分に戻ってくることなのだ、ということを説得するのも政治家の役目(強い主張) 分断をなくす
情報公開への取り組み する  
二重国籍への考え方 ▼本編をごらんください ▼本編をごらんください

(▼はわたしからのコメント)

前原氏の方がよりいっそう適当になってしまったけど、印象に残りにくいことを言っていたので、しょうがないと思う。前原さんはAIが喋ってるみたいで面白い。まず先に、彼が代表になるんでもいいのじゃないかなあ。

印象的な質問は、「若者がよく言う支持しない理由は、『民進党は夢を語らない』ってこと。アベノミクスはうまくいってないとしても、まだ前向きのビジョンがあった。民進党にはこの国を動かすドライブになる政策はないのか?」

質問者は前AERA編集長、浜田氏。
なるほどねえ、と感心した質問だ。残念ながらふたりとも浜田氏の言った意味がピンとこなかったようで、反応が薄かった。

とはいえ、枝野氏にしてみたら「介護・保育職の賃金を上げる」ことの経済効果、および、その職の人が金を得ることで見られる夢の範囲の拡大は、無視できないだろう。これをもって、枝野氏の答えではあるのだ。ただ、その職種以外の若者を鼓舞するような、キラキラした夢はないのか?

………うんないない。少なくとも、あの二人にはない。

前原、枝野の両氏がそんなことを思いつく顔に見えるだろうか? その夢は、こっちサイドが上げていかないと、ダメなことだ。だいたい政治家が「これからiPhoneを売り出して、世界中の人々がスマホを活用するようにする、とてつもないIT革命を起こします」なんて言うだろうか? そんなのはジョブスさんしか思いつかなかったことで、政治家は、法案を作ったり通したりするために議論することくらいである。

ただまあ、そうだとしても、これからの急激なITやAIや、なんらかの科学の何か(としか言えない…)の進化をふまえて、党内にサイバーチームを作りますとか、VRでコミュニティを作りますとか、なんか気の利いたっぽいことを言って欲しかったかな。あとは結婚につながる何かとか、就職氷河期対策とか

社会・経済 ブログランキングへ

民進党の代表戦が9月1日。

yahooみんなの政治のイラスト

8月8日夕方のこと、ハンバーグを作ろうと思って AbemaTV を付けた。

AbemaTVでハンバーグの作り方を調べようと思ったわけではない。AbemaTVはふつうのTVと同じく調べ物はできない。第一、ハンバーグの作り方くらいわたしは知っている。(太字ですw)

ハンバーグ種をこねる間に退屈しそうなので、何か付けようと思ったのだ。台所仕事は水やら火やらの作業音がたつため、本物のテレビでは遠くて音が聞こえない。かといって、ニコニコはチャンネルを選ぶ手間があり、手のふさがるこういう場面では無理。

AbemaTVは一回のタップで番組が始まる。最初のチャンネルは自動でAbemaNewsだ。

その日、聞き覚えのある声が聞こえて来た。「枝野幸男? 珍しいな、なんかあったのかな?」と思った。次にタブレット画面に目をやると、数年前の原発事故対応以来すっかりリンパの流れが滞った(って感じの)、むくみ気味の顔で、なんやらかんやら答えていた。

どうやら、まさかの記者会見らしかった。

顔こそむくみ気味だが、さすがに官房長官時代に地獄を這いずり回っただけのことはある。貫禄十分の余裕で答えていた。「はい次の質問どうぞ」と「次」「次」「次」と、優雅に手のひらを差し伸べていたほどだ。

そして、次々に質問に答えるエダノン。

どうやら蓮舫さんが退陣したため、民進党の党首を選ぶ選挙があり、枝野さんは立候補したようだ。

わたしは、「やったー!!」と小躍りした。

念為で書くと、自分の居住地である○玉県選出の衆議院議員だから小躍りしたわけではない。それどころか、枝野さんがTwitterを始めたというので見にいったところ、そのカバー写真が大宮駅?前で、「埼玉りそな銀行」だの「東武バス」だのと看板が写り込んでいたのは、まじ焦った。「そこまでローカル色出してどうする!!埼○県人と国民全部じゃどっちのが数が多いと思ってるんだ!!?」と。

幸いカバー写真は、その後他のものに変わっていた。

のだけど、「みんなと進むリーダーへ」のキャッチフレーズに若干の不安がこみ上げた。「みんな」って言葉、くせ者だもの。

とは言っても、みんなで考えないといけないことは山積しているのは確かなわけで。このままだと、2025年には、あなたのお子さん、無理矢理介護職に就かされる。→一例が拙記事

おすすめリンク

民進代表選、枝野幸男氏が出馬表明会見遠からず政権を奪い返す決意
↑↑ThePageによる文字起こし。以前の民進党ほどは、あれもこれもこれもあれもと、無駄に盛り込んでないような気はする。「夫婦別姓」がこの方の目玉政策だったとは知らなかった。

yahooみんなの政治の写真
今月21日、yahoo!みんなの政治にて、討論会あり

#民進党代表候補に聞きたいこと というハッシュタグでTwitterにて質問募集している。

yahooみんなの政治のイラスト
yahooみんなの政治のイラスト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
社会・経済 ブログランキングへ

追記:「やったー」と喜んだ理由は、少しは政治に興味が戻りそうだから。
安倍政権、ハイブローすぎてナニが起きているのかわからない……

マストドンは枝野幸男と民進党を救うのか?

民進党・枝野幸男氏が『マストドン』開始! 「さくらシンデレラさんは、なかなかのレベル」 | ガジェット通信

2017年4月に入ってから急速に勢力を伸ばしている分散型SNS『マストドン(Mastodon)』。ここに民進党の枝野幸男衆議院議員が「friend.nico」インスタンスに「えだのん」名義で登録。確認される限りにおいて、大臣クラス経験者の大物政治家としては初の『マストドン』ユーザーとなりました。

↑てっきり4月に入ってから民進党が急速に勢力を伸ばしているのかと思いきや、伸ばしているのは分散型SNS『マストドン(Mastodon)』なのだった。

ってことで話は終わりだ。早すぎるが終わりだ。わたしにはこれ以上民進党に関して手持ちのネタがない。ない袖は振れないのだ。

民進党と枝野幸男氏、頼むから政治家および野党らしいことをなんかやってくれ!!


社会・経済 ブログランキングへ