NHKが最近報じた格差の上と下

格差の下の方↓ 12日放映の「見えない貧困」。当方もみた。

この前の女子高校生の貧困報道では失敗しているため、今回は「相対的貧困」と「剥奪指標」という二つの論理性をバックアップするデータを駆使して、全体の説得力をあげていた。

なにせ、[【佐藤優】エリートには貧困が見えない ~貧困対策は教育~ というのがあるくらいに、富裕層に貧困は想像も出来ない世界。NHKの視聴者が必ずしも富裕層ではないとしても、貧困感覚にうとい人は多いだろうから。

視聴者の反応→見えない貧困 – Twitterによる反響

格差の上の方 もしくは上を目指すべく頑張っている方↓

わたしは見てないが、「稼げる大人」になる!? 過熱する受験競争 – NHK クローズアップ現代+ というのを放映したそうだ。

「体験が人生とか学力に影響するのは、ショックなんです。
年収1,000万円の家庭のお子さんは、放課後、塾に行ってお稽古に行って、夏は海に行き、冬はスキーに行ける。
年収300万円を切った家庭のお子さんは、お父さんお母さん、頑張っていらっしゃるけれども、なかなか、お稽古も塾も行けない。
家でテレビと漫画とテレビゲームを見て、言葉で言うと“貧困な体験”しかできない。」

体験の格差については、データえっせい: 小学生の体験格差(2016年10月17日)も見たことがある。プアとリッチでは如実な差があった。

☆ ★ ★

追記就職氷河期とコレカラに、よくわからないながらも、ピケティとか追加してみました~r>g とかw

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


わずか15人しかいない「社会変革」ブログカテゴリーだっ!!レアレア

NHKの子どもの貧困報道について自分の考えたこと。人の考えたこと

昔の貧困女子高生のイラスト
つぎはぎだらけの服を着、学校帰りに思い切って100円で長ネギを買った高校生。「これで今夜はおかっつあんに栄養たっぷりのネギ味噌を食べさせてあげられるわ」と喜んでいる。ちなみにバッグは弟の着れなくなったズボンをばらして学校のミシンで縫いました。(というイメージ)
もくじ

  1. 高校生は、「子どもの貧困」を当事者として語れる、子どもとしての最後の年齢jump
  2. 文字数にして6万字超のコメント欄jump
  3. ONE PIECEもアニメもEXILEも、消費者の「好き」という感情を糧にしている産業。ここで女子高校生を責めるのは、日本の内需を縮めるだけjump
  4. リンクプラス (とくに当方の目に目立ったリンクを時系列に並べ、コメントをしました。時間のない人はここだけ見てください)jump

“NHKの子どもの貧困報道について自分の考えたこと。人の考えたこと”の続きを読む

視点・論点 「色覚と社会の認知」

視点・論点 「色覚と社会の認知」

NHKの<視点・論点>に、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構
副理事長 伊賀公一氏の解説がアーカイブされました☆

もともと「色の見え方」という人の主観を、異常だ正常だと判定すること自体、もうぜったいに無理のある話でした。とはいっても、サイエンスの立場にしたら、遺伝子という現象を扱っているにすぎないことではあるわけで。わたしも一時期はサイエンスを目の敵にしていた時期もあったけど、色弱者の人には大のサイエンス好きが多いので、すごすごと引き下がってみたり笑

要は、誰が、どういうスタンスで語るのかで変わってくるのが色覚だし、あるいは身体・感覚器官なのか? とか、いろいろ考えました。

しかしそんなことよりも、日常を生きる生活者としての色弱者にしてみたら、不便なことや困ったことは、できるだけ抵抗なく言える/訴える ことのできる世の中がいい世の中のはずです。※

そのための助けとしても、こういう解説がひとつ、NHKの<視点・論点>に加わったことは心強いです。色弱者について理解の少ない状況に出会ったら、このURLを参照してもらってもよいですね。NHKは、なんだかんだ文句をいわれつつも、日本の公式見解と位置付けられているはずですし。

にしても、多様性とは、「多様であるな」とする圧力とたたかうことを意味しますね。廃止された色覚検査にしても復活を唱える声もあるそうです。「異常は異常と早く知るべし」「異常とわきまえて生きるべし」という意味の声なのかと邪推します。

もともと色覚検査は、多様性を前提として行ってきたわけではなく、異常のレッテル貼り、というのは言い過ぎとしても、検査後、当人の不便を緩和するための環境整備をするとか、あるいは本人に、色彩・色デザインについて教育をするわけでもなく、ほんとに無目的なものでした。

で、そのことに、皆が途方に暮れて、どうにもならなくて廃止になったわけで。
一部に「人権厨が廃止に追い込んだ」的なこと書いてあったけど、そんなものではないでしょう。

えーーと、話が長くなってきました。

まだまだ、パイロットのお題の答えは、わたしには出せてません。

なんだかんだいっても、面白い話なんです。色は、光は、そして人は。

とにもかくにも、カラーユニバーサルデザインCUDOさん、頑張ってください。

※(この解説では、「色弱者は、一般の人が配色による利便性を享受していることに気づいていない」という点を、まずひとつの問題点としてあげているため、不便かどうか以前にも問題が)