共謀罪について必死で調べてネットやってたら、youtubeから通知が来たんですワ。
クリエイターズファイルが更新されたって。秋山サンが、今度は伝説のロックバンド「ジ・エマージェンシー」に扮した模様。
そんでさっそく見たら、外国人を五人くらいそろえてジ・エマージェンシーとする大がかりさはすごかったんだけど、どうにも中途半端な企画倒れ感で、それはそれで笑った。

ここだけの話だけどロバートの秋山サン、この前ブレイク芸人になるチャンスを棒に振ったばかり。
「精霊の守人」の音響効果マン明智國重(60)に扮して、レタスやトマトをきゅうきゅうさせてへんな音を出したりまでは良かったんだけど、こともあろうに、社会の窓のチャックをシャカシャカ上下させて、音響させていた。
笑ったなんてもんじゃなかったね。劇爆笑だった。
ところが以来、ぱたっと、NHKからお呼びがかからなくなった。

逆鱗にふれたんだと思う。やっちゃったねと、思った。
NHK、おっぱいと股関のファスナーはご法度中のご法度中ってことだ。ずっと前の紅白でおっぱいスーツを披露して以来出入り禁止になったDJオズマみたいなもんです。←でももう、復活してますっ!!

「なんでも好きにやってください」と、NHKは口では言うけど、いざほんとに好きにやったらものすごい制裁がくるっていう、共謀罪かテロ特措法かって怖さ。

そら、精霊の守人のファンがいるのに、随分ふざけた企画が通るもんだなとは、思ったけどさ。

でも、それが表現の自由ってもんじゃないですか? (当のNHKがやっているのには、じゃっかんの疑問はもったけど)

そんなこんなで、どこにどんなトラップがあるか分からない世の中です。

そういう萎縮効果もふくめ、共謀罪、はんたーーい!!

以上、個人の感想です。真相は知りません。NHKに知人もいませんし。

コメントを残す