高橋まつりさんのお母さんが、慰謝料など解決金の支払いや再発防止に向けた取り組みを進めることで電通と合意した、という。

高橋さんのお母さん、わたしと同じ年。娘をこんな風に亡くすなんてどんなに悲しくて悔しいだろう。少し想像しただけで涙涙になりすぎて、それ以上無理。高橋さん母の手記全文(昨年の12月25日の手記)によると、まつりさんは中学受験することを10才の時に自分で決めたという。

それ以降、東大というトップ 1 を目指し夢に向かって努力してきた。この文にも書いてあるけど、こうなるともう母親だからと言って止めることはできない。本人がやると頑張っている以上、応援するしかない。

悔しいのは、よりによって「地域格差・教育格差・所得格差」の下にいるほう、そして母子家庭であるなどの不利を負っていたほう、そして、若くて女性という、何重も立場の弱いほうに、社会のゆがみのトバッチリがいってしまうこと。

電通って8割くらいが有力者のコネ入社らしいけど、そういう人にトバッチリがいくわけじゃないこと。

まつりさんのお母さんは、もちろんコネ入社の人がどうのなんてことを問題にしているわけじゃないけど。

ほんとに長時間労働やめようよ。わたし達の子どもを殺さないでっ!!

昨今の時間術の本とか、海外CEOの書籍とか読むとみんな8時間睡眠 2 のうえに昼寝までしてるよ。

朝はやたらと早く起きて、夜早く帰って家族との時間も大事にして。あんだけたくさんの本が、睡眠の大切さを説いてて、脳科学みたいのも実証してて。

早く企業も取り入れたらいいのに。

日本の長時間労働の激務じゃそもそも脳が働いてないよね。

わたしなんかこういうブログすら、睡眠時間が少なくて頭がボーっとなってたら脳みそが機能してないなと思って、書くの放棄してるもんね。3

おのおのの生体としてのポテンシャルを最大限に生かせる働き方するんでないと、楽しくないって言ったら軽すぎるけど、どういうんだろ、ぜったい非効率なんだ。

 

東京新聞の記事の切り抜き
東京新聞より

記事より引用

若い人たちに「がんばりすぎないで、どこかにSOSを出してほしいし、逃げてほしい」と訴えた

 


日記・雑談 ブログランキングへ
社会・経済 ブログランキングへ

脚注


  1. トップ、という言い方はお母さんはしてない。けど、頑張り屋で成績もよく周囲も応援してくれてたら、私大はお金もよけいかかるから、東大という選択肢となるだろう、と、わたしが勝手に考え補足的に書きました。 
  2. 8時間とは限ってない。けどだいたい6時間が最低ラインかなぁ。例外で4時間というのもあることはあった 
  3. 書こうと思えばできるけど、それじゃ意味がない。自分比最高に頭が働いているときに書くのが快感だし、楽しいのだ。 

コメントを残す