TOKYO TRIBEを映画館にて体感☆

投稿者: annaka 投稿日:

映画『TOKYO TRIBE』を観てきた。

面白かった!!・・・・・という言葉でいいのかな? 適当な言葉が浮かんでこない。

なんかギュウギュウ詰めにいろんなものがひしめいて画面全部が充実しきっている映画だった。

準主役の清野菜名ちゃん、えらいキレイ。ネットにあがってる写真よりぜんぜんキレイ。表情もいいし。

「練馬ザファッカー」にはブッ飛んだね。練馬ンコよりはいいけどwそれじゃ下品すぎだし!! 

とか思ってたら最後「おれのチ○ポは大きい」的な話になり、「そっちですか?!」とあっけにとられた。
まさかねーそういうこと言う人がいると思ってなかったし。いやわたしも前から男性の人って、そういう事で競ったりするのかなとは思っていた。特にナニの場合計測可能だから、よりいっそう競争意識に拍車がかかるというか何というか。

そこへ行くと女性の場合、計測できるものが特にないから(あえていえば年齢だけど)(バストサイズとかだったらマツコデラックスの勝ち!!)、たいがい自分が一番キレイ、ヤサシイ、モテル、ぬぐとスゴイと思ってる気がする。

女の格差ってすごいのに、そのせいで認めたがらないじゃないかという気がする。思いつきだけど。

でもほんとそうなの。わたしの知ってるケースだと、とある若い医者がいたんだけど、50人以上の女性と遊んでいた。顔もスタイルも性格も普通程度で特にパッとしない男。けど、とにかく「ドクター」ってだけで女性がついてくるらしくて。

きっと、結婚でもにおわしたんじゃない? で、しばらくしたら、

ずっと前に研修に来ていた、若い医師の女性と結婚した。

なんだかねえ・・・・・・

とくにドテッパラ刺されてないところを見ると、うまく逃げ切ったんだろうけど、わたしはその人のこと、顔見るのもイヤになった。

ほんと、やだった。

『TOKYO TRIBE』とはぜんぜん関係なかった。そうそうショコタンが逃げた?と思わせといて、また出てきたシーン受けた なんか細々としたところで受ける映画だyoー

カテゴリー: レビュウ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。