ふたつの九条改定案、読み比べ


ふたつの九条改定案を読んだ。もっとも石破サンの方はまとまった案と言えるのか不明。どっちも九条を大幅に変えることでは同じだけど、かなり様相が違う。もしもふたりが議論をしたとして、話がかみ合うのだろうか。

両者への雑感を述べる。

注:憲法を変えるよりも先に、日米地位協定を変えるべき、という意見もあり。そうでないと、現状だと米軍は日本の国土を自由に軍事利用できるし、戦時には自衛隊を自由に指揮できるという※。九条を変えることで、アメリカにとって軍事的に使い勝手の良い国に余計になってしまう。

山尾志桜里議員「自衛権に歯止めかける改憲を」:日経ビジネスオンライン

山尾氏の案は、「立憲主義を貫徹しその価値を強化する立憲的改憲論」というのが根本。特徴は、自衛権という言葉を厳密に使うこと。自衛権が集団的自衛権なのか、個別的自衛権なのか。

「憲法9条、日米安保、そして地位協定はセットにして理解しなければならない」石破氏、改めて9条改正の必要性を強調 | Abema TIMES

こちらは集団的自衛権も個別的自衛権もごちゃごちゃにして区別がないため、いかにもアメリカ迎合的だ。石破氏の言うことには変なエグ味があって(昔からだけど)、最初はアメリカに守ってもらっている以上はーー という自虐的自嘲的な認識でいたかと思うと、くそおおあんな奴ら、みたいな雰囲気になる。素直に山尾さんみたいな意見にして集団的自衛権は捨てる方に行けばいいのに。そういう改定なら日米地位協定を変える根拠が大きく生まれる。

ただし石破氏の場合は立憲的に憲法を変えるわけじゃないから、日本を守る守るっていうけど、日本の何を守る気なのかぜんぜん分からない。単に日本のメンツ(っていうか自分のメンツ)を守りたいだけじゃないかって感じ。命よりメンツが大事な人って案外多いけど、はた迷惑なのはやめてほしいものだ。

知ってはいけない 隠された日本支配の構造より


社会・経済 ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

コメントはまだありません

コメントを残す