絶滅危惧種

アメリカ、鳥や魚など23種を絶滅認定/9月30日のNEWS

「FWS(アメリカの魚類野生生物局)で評価に参加しているブリジット・ファエイ氏はニューヨーク・タイムズに対し、「この23種はアメリカの自然遺産と世界的な生物多様性から永久に失われてしまった」と語った。アメリカ、鳥や魚など23種を絶滅認定- BBCニュース

哀しい話です。
ちなみに絶滅の原因は、原生林の消滅などです。

詳しい話は
News Releases – U.S. Fish and Wildlife Service

その翻訳文

合衆国魚類野生生物局は、絶滅の危機に瀕した絶滅危惧種法(ESA)から23種を削除することを提案しています。これらの種のそれぞれについて利用可能な最良の科学の厳密なレビューに基づいて、サービスはこれらの種が絶滅していると判断し、したがってESAの下にリストする必要がなくなりました。

delisting

ESAの目的は、絶滅危惧種とそれらが依存する生態系を保護および回復することです。本日■リストから除外■が提案された種の場合、ESAの保護は遅すぎ、ほとんどが絶滅したか、機能的に絶滅したか、上場のタイミングで急激に減少しました。

「気候変動と自然地域の喪失により、ますます多くの種が危機に瀕している今こそ、アメリカの野生生物を救うための積極的、協調的、革新的な取り組みを立ち上げる時です。絶滅危惧種法は、種が絶滅するのを防ぐのに非常に効果的であり、絶滅危惧種または絶滅危惧種としてリストされる前に、危険にさらされている種とその生息地を保護する行動を促しました」とデブハーランド長官は述べています。 「私たちは、州、部族、私有地所有者、および連邦政府機関が、アメリカの生物多様性と自然遺産を保護するために必要なツールを確実に利用できるようにし続けます。」

これらの種の絶滅は、ESAの重要性と、衰退が不可逆的になる前に種を保護するための努力を浮き彫りにします。それぞれの状況はまた、生息地の喪失、乱用、侵入種や病気の導入に寄与することにより、人間の活動がどのように種の衰退と絶滅を促進できるかを強調しています。気候変動の影響の増大は、これらの脅威とそれらの相互作用をさらに悪化させると予想されます。また、サービスの継続的な保全の課題を強調しています。 1970年以来、北米では30億羽近くの鳥が失われています。これらの絶滅は、さらなる損失を防ぐための行動を取る必要性を浮き彫りにしています。

この絶滅の危機を食い止めることは、バイデンハリス政権のアメリカザビューティフルイニシアチブの中心的な要素であり、2030年までに土地と水域の30%を保護、接続、回復するための地域主導の自主的な全国的な取り組みです。イニシアチブの目標の1つは野生生物の生息地を強化し、生物多様性を改善します。これにより、種が絶滅の危機に瀕したり、遠すぎて救うことができなくなったりするのを防ぎます。

「サービスは、さらなる絶滅を防ぎ、リストされた種を回復し、そもそも連邦政府の保護の必要性を防ぐために、全国の多様なパートナーと積極的に関わっています」とサービスプリンシパル副所長のマーサウィリアムズは述べています。 「絶滅危惧種法は、絶滅の防止と、増大する21世紀の保護の課題に対応するために必要な多様なパートナーシップの促進の両方で信じられないほど成功しています。」

これらの23種の保護は遅すぎましたが、ESAは、記載されている種の99%以上の絶滅を防ぐことに成功しています。合計54種が回復のためにESAから除外され、さらに56種が絶滅危惧種から絶滅危惧種に除外されました。サービスの現在の作業計画には、回復努力の成功による潜在的な■リストから除外■または■リストから除外■のための60種を含む計画された行動が含まれています。さらに、連邦政府機関、州、部族、民間の土地所有者の協力により、多くの種がESAの掲載を回避しており、ESAは、絶滅危惧種とその生息地を保護するための保護活動の触媒として機能しています。

■リストから除外■が提案されている種には、ハシジロキツツキ、ムナグロアメリカムシクイ、2種の淡水魚、8種の南東部淡水ムール貝、11種のハワイと太平洋諸島が含まれます。

ハシジロキツツキ–かつてはアメリカ最大のキツツキでしたが、1967年に、ESAの前身である絶滅危惧種保護法(ESPA)の下で絶滅危惧種に指定されました。ハシジロキツツキの目撃で最後に一般的に合意されたのは、1944年4月にルイジアナ州北東部のテンサス川地域のシンガートラクトでした。米国南東部とキューバ全体で何十年にもわたる広範な調査努力にもかかわらず、移転されていません。その絶滅につながる主な脅威は、成熟した森林の生息地と収集の喪失でした。

バッハマンのウグイス– 1953年には、バッハマンのウグイスは北米で最も希少な鳴き鳥の1つでした。 1967年に絶滅危惧種保護法に基づいて絶滅危惧種として最初に記載されたとき、鳥は1962年以来米国で見られていませんでした。1981年にキューバで最後に記録されて以来、その国では検証可能な目撃情報はありません。原生林生息地の喪失と広範な収集が、その絶滅の主な理由です。

8種の淡水ムール貝–きれいで信頼できる水を備えた健全な小川や川に依存している淡水ムール貝は、世界の淡水ムール貝の半分以上が生息する、米国で最も危険にさらされている種の一部です。絶滅により■リストから除外■が提案されたムール貝はすべて、アメリカ南東部の淡水ムール貝の生物多様性ホットスポットにあります。それらは:フラットピグトゥ(ミシシッピ)、サザンドングリシェル(アラバマ、ジョージア、テネシー)、スターラップシェル(アラバマ)、高地コムシェル(ジョージア、アラバマ、テネシー)、グリーンブロッサムパール(テネシー、バージニア)、ターギッドブロッサムパールムール貝(テネシー州、アラバマ州、アーカンソー州)、黄色い花の真珠貝(テネシー州、アラバマ州)、結節状の花の真珠貝(アラバマ州、イリノイ州、インディアナ州、ケンタッキー州、テネシー州、ウェストバージニア州、オンタリオ州南部、カナダ)。

ハワイと太平洋諸島–ハワイとグアムからの11種が絶滅により■リストから除外■の提案を受けており、その多くは、カウアイアキアロアとヌクプウの長く湾曲したくちばし、カウアイ「オ」の忘れられない呼び声など、印象的な特徴を持っていました。 o、そしてマウイアケパとモロカイクリーパーの鮮やかな色。島に固有の種は、孤立していて地理的範囲が狭いため、絶滅のリスクが高くなっています。ハワイと太平洋諸島には、ESAに記載されている650種以上の動植物が生息しています。これは他のどの州よりも多く、これらの種のほとんどは世界の他のどこにも見られません。

サンマルコスガンブシア– 1980年に上場されたこの淡水魚は、テキサス州のサンマルコス川の流れの遅いセクションで発見されました。サンマルコスガンブシアは、歴史的な発生範囲が限られており、1983年以来、野生では発見されていません。その絶滅の主な理由には、地下水の枯渇による生息地の変化、春の流れの減少、底の耕作、水生植物の減少、および交配が含まれます。ガンブシアの他の種と。

サイオートマッドトム– 1975年に絶滅危惧種に指定されたサイオートマッドトムは、オハイオ州のサイオート川の支流であるビッグダービークリークの小さなセクションで見つかった魚種でした。 Scioto madtomは、日中は岩の下や植生の中に隠れ、暗くなってから小川の底に沿って餌を探すことが知られていました。 1957年に最後に確認された目撃で、マッドトムの18個体のみが収集されました。Sciotoマッドトムの衰退の正確な原因は不明ですが、埋没、水路への産業排出、農業流出による生息地の変更が原因である可能性があります。

絶滅により■リストから除外■が提案された種:

(◆ここに表)

サービスは、これらの23種をESAから削除し、絶滅を宣言するというこの提案に関して、一般の人々からの情報、データ、およびコメントを求めています。提案された規則は、2021年9月29日に連邦官報閲覧室(https://www.federalregister.gov/public-inspection)で、魚類野生生物局の絶滅危惧種および絶滅危惧種の野生生物および植物のセクションにあるリンクを使用して入手できます。これは、2021年9月30日に連邦官報に公開されます。

2021年11月29日以前に受信または消印が押されたコメントを受け付けます。FederaleRulemakingPortalを使用して電子的に送信されたコメントは、午後11時59分までに受信する必要があります。締切日の東部標準時。

合衆国魚類野生生物局の使命は、他の人々と協力して、アメリカ人の継続的な利益のために、魚、野生生物、植物、およびそれらの生息地を保護、保護、強化することです。私たちは、優れた科学、土地と天然資源の管理、献身的な専門家、公共サービスへの取り組みで知られる、魚と野生生物の保護におけるリーダーであり、信頼できるパートナーでもあります。私たちの仕事とそれを実現する人々の詳細については、www.fws.govをご覧ください。

私たちの仕事とそれを実現する人々の詳細については、http://www.fws.gov/をご覧ください。 Facebookページに接続し、ツイートをフォローし、YouTubeチャンネルを視聴し、Flickrページから写真をダウンロードします。

補足:■マークはこちらの目印です😅

ただ、よくわからないのは、本記事中盤で「ESA(絶滅危惧種法)は、記載されている種の99%以上の絶滅を防ぐことに成功しています」と胸をはっていることです。

その割には「1970年以来、北米では30億羽近くの鳥が失われています。これらの絶滅は、さらなる損失を防ぐための行動を取る必要性を浮き彫りにしています。」とも。

以上、
ながながと引用しました

トップへ戻る