日別アーカイブ: 2019-02-13

ブログの書き方

ブログの書き方といっても、儲かるブログの書き方とか、成功するブログの書き方ってわけではない。
では何か? あえていうと、Twitterだけじゃなくて、もう少し深く考えたい、もう少し長い文章を書きたいって人がブログを書くときの方法かな。さっそくリスト化していこう。

前準備

  1. やらなければならないことを書き出しておく(食材の買い出し、○時までに寝る、約束、予定、取るべき栄養、銀行への入金、親孝行タスクetc…)
  2. 可能なら部屋の片付け
  3. よく寝る

やらなければならないことをやり忘れると、後で何倍にも面倒になるので、先手必勝が吉。部屋の片付けは、大きな段ボールを用意して目障りなのはそこへ放り込むという、誰かに教わった方法でも可。
よく眠れた状態で書くから気持ち良いので、睡眠不足なら何もやらない方がいい。
ブログは誰のために書くか? 一番は自分なので、自分の脳が解放されなかったら気持ち良くない。なのでそこらを気をつけよう。
同じ理由で「習慣化」もする必要ないと思う。毎日書いたりとか、大変だ。(したかったらするとして)

道具

  1. 可能ならネットにつながっていない入力機器
  2. 気に入っているキーボード

ガジェットが好きなので、もっともっと必須アイテムがあるといいのだけども、ブログは道具はあまりいらない。残念。
ネットにつながっていない入力機器があると気が散らないので便利だ。すっごい集中力のある人、もしくは集中できるテーマをみつけたら直接PCとかスマホ入力で良いと思うが。わたしのようについつい脇道にそれてしまう人は、ポメラ推奨。実際、この記事も、ポメラをいじってて浮かんできた。過剰な情報の中で、先をいそぐ人波にもまれてると(歌の文句のようだが・・)受け身かつ無力感的なものがベースの気分になってしまう。他、いろいろ工夫をして、自己を失わないように気をつけよう。

必要なマインド

  1. 嘘をつかない。正確さを心がける
  2. 他人への信頼(もしくは楽天性)
  3. それを書く動機を点検する
  4. アクセス数を気にしすぎない

わざわざブログに嘘を書くくらいなら、小説でも書いた方がいいでしょう。
動機が不純、たとえば、仕返しをしたい、誹謗中傷しおとしめたい、苦しめたい、虚栄心、見栄、プライドetc… どれがいけないと一概に決めつけられないが、間違った動機で書くものは、どんなに良く見えるものでも間違っていると思う。
楽天性をもつのが難しい時代になっているので、なおさら動機の検証は必要かなと、思う。
アクセス数の多寡を気にしているとキリがない。最初に書いた通り、「少し深く考え、少し長く書く」ことに集中する。

少ないけど以上なり。