その他2019

献血、しないとなあ。

日本赤十字社の献血推進ポスターがセクハラであると、英語圏の人がtweetしたのを皮切りに、日本でも怒っている人は怒っている。
この件について私見を述べたい。先に結論を言ちゃうと「セクハラってわけじゃないけどー」です。

資料1:Q5. どうして血液が不足するの?|東海北陸ブロック血液センター|日本赤十字社

献血をする人の割合、「16~29歳の方は約25%であり、健康的な若い世代の献血が高齢者医療の多くを支えている現状」がある、とのこと。

資料2:若年層献血者について(平成27年度報告)

↑↑を見ると、複雑な統計ながら、男性の方が女性の2倍以上献血していることがわかる。

どうしても若い女性には生理というものがあり、献血に二の足を踏む、という心理はあるだろう。

(恥ずかしながら、若いときを含めわたしも献血をしたことはない。
この年齢でも遅くないなら、ぜひしたいと思っているところだ)

以上のことから、献血呼びかけの対象が、若い男性におもに絞り込まれていることが推測できる。

さて、ではどの絵がセクハラなのか?


↑これ。
とゆうわけでわなくて、宇崎ちゃんは遊びたい ←このページにあるのでご覧あれ。
実物をはりつけて怒られたくないので、必死で似せたけど似ても似つかない。あと、当方右利きなので、左向きの顔しか描けないので逆向きにした。

この絵の特徴なのであるが、胸にあるのは確かだろう。
漫画絵で女性を描く場合、おうおうにして胸はドデカくなる。むしろドデカい胸を描きたいがゆえに漫画を描く。漫画の絵は美的だからとか、一種の批評とか、一種の芸術として描かれるのではなく、本能の目覚めなのである。

それゆえ一口に巨乳といっても、その表現方法はさまざまである。
ここに描かれた女性、一見して「鳩胸」だ。豊胸手術だと「お椀型」になるところ彼女は鳩胸なので天然だ。ちなみに鳩胸は先天的に肋骨・肋軟骨が前方に過剰発育するため起きる。彼女の「巨乳」はいささかエロティックさに欠ける(私見)。

胸以外の大きな特徴は「眉毛」である。眉毛は感情を表現するもっとも重要なパーツである。彼女の眉が逆弓形に反った形を描いていることは特筆にあたいする。実に理解しがたい感情表現で、しばし考え込んだ。

セリフとの関係で言うなら、この眉が表してるのは「拒絶へのあらかじめの覚悟」であろう。
誰がどんな拒絶をするのか? 彼女の誘いを拒絶するセンパイ。この場合だと、献血の誘いを拒絶する無関心なセンパイ、というのが一番しっくりくる。

なるほど。深い。

まず献血をして、それからポスターの是非を考えても遅くはない。