「レビュー2019」カテゴリーアーカイブ

翔んで埼玉(劇場で観た映画の感想)

題材が題材(埼玉dis)なだけに、埼玉在住者としては複雑な気持ちになったちゃなったんだけど、さりげに東京都内での上層下層差別も赤裸々。ひっどいこと言うのね~~って、その地域の人が気の毒になったほど。
千葉disにいたっては埼玉disより的を射ていて刺さったワ。千葉施設なのになんでも「東京」って付けちゃうという指摘には、ひっどいこと言うのね~~ って千葉県人が気の毒になったほど。
ようは、誰も彼もが自分の中にひそむ差別感覚、被差別感覚を惹起されて、モゾモゾムズムズ、なんとも言えない不快感にも近い感覚を味合わされて、笑うしかないところに追い込まれていくという展開っちゃ展開。

そういう現実と重なっている面もある一方、面白設定も色々。埼玉県人の最大の悲願が海を県に持ってくることだからと掘って掘って掘りまくるって、おーーい!! 重労働すぎるだろーーー!! しかも霞ヶ浦の淡水が間違って来ちゃったなんて徒労すぎるだろーーー!! っていうか普通に悲しいワッ。そんなで、海に四方八方囲まれた千葉との合戦が番宣ポイントだったわけだけど、あそこが「流山橋」という名称だったの初めて知った。この合戦、ひょっとしてYOSHIKIに始まって延々と出身者対決になるのかと危惧したところ、それは早々に切り上げて、ネタバレになっちゃいけないんだけど、団結して連合軍になっていく、という目の回るようなホノボノ展開。以降、大がかりな群衆シーンの連続で、今どきここまでのモブシーンってレアなんじゃないかしらん? って思うくらい大衆パワーがみなぎっていて、往年の社会主義映画を連想させるほど。

実際、悪の大ボスの東京都知事、通行手形の利権を貪ってブルジョワ階級の頂点。秘境群馬に金塊の山を隠し持っている、という悪も悪なり。ちなみに群馬が秘境なのは都知事の印象操作による陰謀なのだ。この金塊を探し当てるために群馬をさまよっている時の、都知事の息子壇ノ浦百美ちゃんが本当にかわいかった。ちなみに壇ノ浦百美、『この世界の片隅で』で妖艶な娼婦を演じていた二階堂ふみと同一人物とは本気で思えなくて、何度も凝視してしまった。

アホアホ港区民のA組の女子生徒をGACKT(麗)がそのあまりの「都会指数」の高さで熱狂させるシーンが面白かった。この学園シーンが意外と短い。というのも、麗が隠れ埼玉県人なのがばれるのが早いのだ。頭に「さ」が浮かび上がって埼玉県人をあぶりだしてしまうSAT(埼玉急襲部隊)のみょうな装置のせい。このあとGACKTさん、走ったり隠れたりと衣装の華美さと裏腹に重労働。途中であっと驚くキスシーンがあるんだけど。

最後の方は、猛烈な埼玉disとのバランスを取ってくれたのか、ちょっとこそばゆい結末になるので、これはこれでモゾモゾした。
どっちにしろ埼玉はモゾモゾするってことだろう。

◆映画中頻出した謎のポーズの由来→→そうだ埼玉.com発「埼玉ポーズ」とは?埼玉ポーズの由来を作った人が解説 | そうだ埼玉.com

◆参考にした本(サンプル部分)→映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック/魔夜峰央/著 映画「翔んで埼玉」製作委員会/著 本・コミック : オンライン書店e-hon

◆なぜか茨城県人がいじけてるのが印象的→「翔んで埼玉」に関する感想・評価【残念】 / coco 映画レビュー

世界は一人(劇の感想)

公演日程
    2019年2月24日 (日) 〜2019年3月17日 (日) 
会場
    東京芸術劇場 プレイハウス
作・演出
    岩井秀人
音楽
    前野健太
出演
    松尾スズキ 松たか子 瑛太/
    平田敦子 菅原永二 平原テツ 古川琴音
演奏
    前野健太と世界は一人
    (Vo,Gt.前野健太、B.種石幸也、Pf.佐山こうた、Drs.小宮山純平) 

今まで何本か舞台劇の感想を書いたけど、この舞台はかなり違う感触をもった。たとえば流山ブルーバードでは、舞台と客との呼吸がピタリと合う感じがあった。世界は一人はそうではない。「どうしてここで左隣の人、笑うんだろう?」とか「え、すごい可笑しいのに何でピクリともしない?右隣の人」と、感じる瞬間がたびたびあった。ぜんぜん他の客と息が合わない。

他にも変な特徴がたくさんある。一人の役者が担う役が一つじゃない(いや、明瞭にはわからなかったけど、そうだった)。二つとか、三つの、他の人物に変移する。場合によってはいきなりナレーションぽいことまでする。年齢にも縛りがない。なんせ、松尾スズキと瑛太と松たか子が同級生だ。さらには、生まれてきた子がいきなし小太りのおばちゃんだ。 

もしわたしが劇を作れたとしても、ぜったいにわたしの頭の中から出てきそうもない要素が続く。言ってみれば、「他者感覚」が半端ない。これは、むしろ珍しいことだと途中から気づいた。同じ日本に暮らして同じ空気を吸っていたら、どうしても常識的に共有するものが出来てしまうからだ。

といっても、全然共通点がないわけでもない。田辺(という名前だと思った。松たか子)とゴロウ(松尾スズキ)が夫婦喧嘩をする。松たか子の声はとても美しい。この劇、そうとは知らなかったのだけど実はミュージカル要素がふんだんに盛り込まれている。なので役者が歌を歌う。松たか子の歌声はすごく良い。

その美しい声で夫相手に憎悪の声を上げるのだ。「そう、みんなあたしのせいだって言うのね! みんなあたしが悪いのね!」等々。

一体、世の中の夫婦のどれくらいの割合が夫婦喧嘩をするのか不明だけれど、ひとたび始まれば、お互いが子ども時代へと逆行するんだと思う。子ども時代はまだ夫婦でも何でもないし、子ども時代に起きたことにお互い責任があるわけでもないのに、子どもへと変移する。松たか子の罵り声は、大人の女の声であり、子どもの声だ。

自死や洗脳やせいしんの病や産業廃棄物の汚泥など、つらくてどす黒い波が 寄せては返す。そうそう、パイプカットって、いつやったんだ? いやもうそれ確認しないと、と思ったけど、そんなこと、息子が父に聞けるはずもなくて。悲しくて可笑しくて。

毒性の高い汚泥がどこに廃棄されたのか? という疑問がリフレインされる。こっちはすっかり忘れているのだけど、繰り返し出てくる。結論としては、砂浜に捨てられていたらしい。砂浜って、みんなが遊ぶ場所じゃない。ひどい。不安が全身に広がる。

「誰もあたしを求めてない」と最後の方で田辺が言っていて胸にささった。その言葉はどこで言うべきだったのか、その場所でもあるし、子どもの頃でもあるし、客の胸の中かもしれない。言うべき言葉とか人物の要素が分解されて、あちこちに偏在している。少女(例の小太りのおばちゃんと同一人物)が何か言うと、それが救いなのかなと思った(依童や座敷童の原理)。けれど、少女の言ったことは、あー…… と思うことだった。嘘くさい救いではなかった。それに、子どもは依童ではない。あくまでも大人が考えないといけないことだから。

わたしが考えるとすぐに教訓引き出し型になってしまう。そうすると、考えがまとまるような気がするのだ。実際は教訓などはない。ただかみしめよう、絶望と不安とさみしさと、どこからか不思議と湧き上がってくる楽しさを。

『車輪の上』(のサンプル部分)について

乙武 洋匡(おとたけ ひろただ)氏がnoteで「本が売れない」と書いている。乙武氏の処女小説?『車輪の上』が9000部程度しか売れていないそうなのだ。
さまざまなメッセージを込めつつエンタメ性も加味した自信作であり野心作の様子。なのに、どうしてこんなに売れないのだろう? と強く嘆いているのである。

ふーーんどんな本だろ? と興味を持ったのでgoogleプレイで本のサンプルを読んでみた。
デジタルブックの場合サンプルはもくじと最初の数ページだけとなる。ここで読者をひきつけないと「購入ボタン」を押さないため、小説にとってもっとも重要な箇所だ。
いかんせん、ここに無駄な描写が多かった。
イントロなので状況説明しようとしたのだろうが、説明というやつはつまらないので、読者は惹きつけられない。
世の中には面白くするために書き出し5行目で会話を入れろ、などのセオリーもあるくらいだ。
会話は人間同士の絡みになるので、もっとも生き生きとしやすいし、絡みに読者は興味をもつからだ。
最初からホストの世界を出してガツンと惹きつけ、あとから上京当時の様子を回想しつつ説明も織り交ぜるとかでよかった。
実際、ティッシュ配りのあんちゃんが出てきたあたりからは面白かった。

そしたら・・・・

googlebookの画面キャプチャ
夜間モードで読むためやたらと茶色い画面

というのが出てきてしまい・・・・・

当方は絶句した。え??1296円???

どれくらいの時間「1296円で購入」というボタンを凝視していただろうか?

もちろん一時間も眺めていたわけではない。きっと10秒くらい。冷酷な判定が下される瞬間である。自分、ひでーやつだなと思わないでもなかった。車椅子の青年の話であり、この青年には下肢があり(立ち上がってよろける描写あり)、上肢もある(ティッシュの受け取り場面があるので)。
なので、乙武氏とも違う。自分の事が書きたいだけの小説とも違うようなのだ。

ま、いろいろ考えていたら、この先を読めたら読みたかった気もしてきたな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村