EXODUSもろもろの事象と絡めつつ、時たま語ってきたEXO。

この春に彼らの二枚目のフルアルバムが出たのでAppleストアで購入、聴いてみた。その第一印象は・・・・・

アメリカかっ!!!!バシバシバシ」(元ネタ・タカ&トシ。いや~古いなあ。うちテレビないからどうしても・・・

あの大傑作Growlがあれほど中国ぽい大陸の空気を感じさせて、歌もダンスもカメラも全部で魅了したというのに、どうしてその路線を放棄するのだ!!

『EXODUS』からは中国っぽさはほぼ完膚なきまでに消えたといっていいのではないだろうか? その事実にがっくしと、肩を落とさざる得なかった自分・・・・ 他の方々の肩はどうなんだろう。

が、しばらく聴いていたら、だんだん慣れた(いいかげん)。まあ元より、振り付けとかダンスとかの元祖はマイケルジャクソンとかだし、ラップというジャンルからしてアメリカ黒人のものだろうし(詳しくは未調査だが)、最初からアメリカ音楽のパクr・・・もといインスパイアされているわけで。

と思っていたら、EXO_LOVE ME RIGHT_Music Video – YouTubeではアメフトまでやっててビックリ。そこまでやるか。

Luhanが脱退した時はショックを受け失意の日々を過ごしたが、今のEXOは彼の不在をまったく感じさせない。それぞれが成長して大きくなったためか、10人でぜんぜん充満している感じ。どの曲でも、10人のメンバーが代わる代わるに歌って、時に重なり合い、時に単独で熱唱したりで楽しい。

ダンスパフォーマンスの方はまだ、EXODUSとCALL ME BABYしか見てないが、どちらも素晴らしいと思った。EXODUSの首を持ち上げるような動き(首つりを表現?)など、ユニークな動きを新たに開発していたし。妙に嬉しいのは、シウミンが今までのミソっかす感から脱皮して、オトコっぽくなったところだ。

そんなで彼ら、日本へ小遣い稼ぎに時々来て、メインターゲットはアメリカってことなのかもしれない。とりあえず応援しようっと

エンターテインメント ブログランキングへ

写真はEXO’s ‘Exodus’ Album Earns Biggest Sales Week Ever for a K-Pop Act | Billboardより