防弾少年団が原爆礼賛のTシャツを着ていたりとか、イヤな話題も出てくるK-POPです。(椎名林檎がキレる?原爆万歳グループBTS「Mステ」出演で一触即発の危機! | アサ芸プラス
いやんなります。
「(若者の)理由なき反抗」なのか誰かの差し金なのか知りませんが、だめなものはだめ日本という国家を嫌いになるのは自由。でも原爆でたくさん殺されたのは、あなたやわたしと同じひとりの人間。生きたかったひとりの人間なんです。

くらーい気分はとりあえず置いておいて、4年ほど前にK-POPのファンになったワタクシが、ほんとうにヘビロテして視聴したYouTubuを紹介します。
ここに紹介した動画以外にもよいのはたくさんあります。が、きりがないので、これくらいにしました。

現在は活動休止中??もしくはソロで活動中の2PM。このイキのよさ、かっこよさ、リッチ感、パーティー感、まじでヘビロテしました。

同じく2PMが、アダルトな魅力全開で女性と絡む蠱惑のMV。もうだめ、ノックアウトとはこのことです。余談ですがこの女性、ひょっとして日本女性? と推理したんですけど。(それもなぜか京都出身。職業舞子はんみたいな。←妄想)

男女の浮遊するような愛の感覚を、スーツ姿のV.Iが簡潔な動きで表現します。このアーバンな音楽世界がめっちゃ好きになってアルバムもかなりききこみました。

有名な「江南スタイル」の、HYUNAさんをftしたバージョン。眉を剃り落とした異形なセクシーさです。わざとテンポを少しずらしたような動きが、いっそうセクシー路線に拍車をかけています。

ハロービーナスの「ミステリアス」。ピンクを基調にした列車を舞台に、イケメン科学者をめぐる恋のさやあてストーリー。心が浮き立つメロディとリズム。イケメンくんのスペシャルなまなざし。ハロービーナスのメンバーのちょっと意地悪そうな顔がすごい魅力あります。特に髪の短い三白眼の女性から目が離せません。

「江南スタイル」のHYUNAさんと同一人物とは思えないくらい表現を変えてきた、別タイプの女性です。力強い妖艶さ、といいますか。曲調も日本の歌謡曲に似ていて、昭和歌謡育ちのわたしには中毒性が高いです。相手役はチャン・ヒョンスンさん。彼の破滅的なイカレた感じもほんとよいです。

K-POPのガールズグループの女性たちはほぼみんな「お色気」が中心なので、身体のラインを強調しまくります。
BoAさんは純粋にダンスの魅力で勝負です。こんなダボパンツで勝負できるのはBoAさんだけでしょう。
曲もすばらしくて、惹かれては反発し、反発しては惹かれ合う、そんな恋愛模様を身体の動きで表現しています。
一度見始めたら必ず最後まで見てしまう、でもって何度も見てしまう、素晴らしいMV。

初期のEXOなので今さら出すのもどうかと思いましたが、ほんとうにヘビロテしたんですからしょうがないです。

ヘビロテなんてもんじゃないくらい何度も見たMV。とくにダンスの白眉、キレッキレに腕を刀みたいに振り下ろすとことか、その時の眼光の鋭さとか、カメラの切り替わり方とか、全部がすごかった。

世界を獲りにいっているEXOなのですべてがハイクオリティ。音楽とダンスが素晴らしいのはもちろん、映像もアイデア、技術と最高レベルな感じがビンビン伝わってくるのです。ここまで魅力的に被写体を切り取ってくれる、そのためにすべてを注ぎ込んでくれる。すごいなあと思います。

こちらは白い背景にただ踊っているだけなのに、なんともいえない魅力にあふれたMV。ダンスってすべてを表現できるんだと気づいたり。たとえば、道を歩くこと、電車でつり革につかまること、遅刻しそうになって走ることetc…

2013年のアルバムLET’S TALK ABOUT LOVEから最近カムバックしたV.I。ヒカキンの動画に出演するくらい実に積極的な方。このMVにもその挑戦的な姿勢が出ています。でもって、とても楽しいMVになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です