レビュー2019

続カイカイが~ もしくは、天皇の謝罪についての日本人の国民感情

前回紹介した「日韓問題解決は謝罪でも合意でもない、韓国人の克日快楽症を治療することである」では、長年イルベ掲示板を翻訳してきた管理人氏の意見を知ることができた。

本日4日には管理人氏、上記記事の補足として「韓国人の克日快楽症治療に鳩山由紀夫元首相が必要な理由」を発表した。読者から非難の的となった「鳩山氏云々」のくだりを、誤解なきよう補足説明した内容だ。

この記事には大きな示唆が含まれている。わたしが受けたのは二つの示唆だ。一つは、「皆さんもよく覚えていると思いますが」と管理人氏が書いたくだりなのであるが(そしてわたしはすっかり忘れていたのであるが)

今年2月、韓国の文喜相国会議長が「天皇が慰安婦おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言いえば問題は解決する」という、いわゆる天皇謝罪要求をして物議をかもしたことがあります。これに対して、日本政府は大きく反発し、文喜相議長に謝罪を求めました。

しかし、彼は頑なに謝罪を拒み、むしろ「謝罪する側が謝罪せず、私に謝罪しろとは何事か」「盗人猛々しい」などと日本側を強く批判しました。

日本人が思わず強く反発してしまったのは無理もないし、実際わたしも嫌な感じ~~と思ったのは確かであるけれど、本当は「天皇が慰安婦おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかった」と、言うべきなのだ。

‥‥‥ 少なくとも、言って、少しもおかしくない。

いくら天皇が憲法上政治的発言はできないことになっているからといっても、それを理由に「本当に申し訳なかった」と言わない(言えない)わけではないだろう。日本人が国民感情として言わせない、というのが真相だと思う。

この国民感情、間違っているんじゃないの??????

記事には続きがある。

当時私は、このおじさんはジャバザハットに似てるし絶対に発言撤回や謝罪はしないだろうと思っていましたが、今年6月に事態は一転しました。韓国を訪れた鳩山元首相が、文喜相議長と面談し、「韓国人の立場では納得できるが、日本人にとっては天皇まで取り上げたのは失礼だと考えられる問題」と指摘すると、文喜相議長は、「(その発言によって)心を痛めた方々に申し訳ないという気持ちを伝える」とあっさり謝罪したのです。

なんてこったろう??!!
鳩山さん、あーた。いろんな意味でなんてこったろう??!!
事態は非常にややこしいと言わざるを得ないのであるけれど、鳩山氏がとてつもない影響力をもっていることと、鳩山氏のおかげで我が国の天皇陛下も謝罪をせずにすんでしまった。
とういうか、ある種のタイプの日本人からしたら考えるのすら不敬極まりない「謝罪がどうのこうの」論のまな板から降りることができた。

良かった良かった、という話だろうか? いやいや、降りて本当に良かったんですか??? って話だ。

ただ、向こうもなぜだかあっさり降りてしまったために、立ち消えになった。

本当にそれで良かったのか、という疑問が、実は残っていたのである。

ここまでがひとつ。

もうひとつ思ったのは、○○はダメだ(この場合は鳩山さん)とジャッジして切り落とす、その自分の尺度だけがすべてではない。

100パーセントの正義を体現する人がいると思うのは幻想。正義のかけらを持ち寄って何とか形にするしかないのは、あっちの国もこっちの国も同じじゃないかっていう、そういう示唆を受けた大事な記事なのだった。