奥田瑛二の長女・安藤モモ子の初監督作で、原作は桜沢エリカによる少女コミック「ラブ・ヴァイブス」。主演は「愛のむきだし」の満島ひかり、中村映里子。平凡な女子大生のハルは、セックスにしか興味のない彼氏との心の通じ合わない関係に疑問を抱いていた。そんなある日、ハルは喫茶店で、人の身体のパーツを作るメディカルアーティストのリコに出会う。ともに時間を過ごすうち、リコは大胆にもハルに好意を寄せるが、ハルはそんなリコに戸惑いを隠せずにいた。

via:カケラ : 作品情報 – 映画.com

「特集 満島ひかりがみたい!」で観た第2作目。

ダランと弛緩しながらお茶の間で見始めたこの映画、途中で何回も家の模様替えしたくなって困った!! メディカルアーティストにしてクリーニング屋の娘にして、いきなし見知らぬ女子にアプローチしてしまう「りこ」の部屋のステキなこと!! 方や、惚れられてしまうハルのぼろいアパートのインテリアも金をかけずにここまで楽しくまとまるんだというお手本になっていて。

見てるのそこかよ? と言われそうだけど、すぐに真似したくなるくらいに自分にとっては魅力的なポイントだ。
もうひとりかたせ梨乃演じる山城さんのお部屋もステキなんだけど、あちらは金がかかっているし、植物だらけでやや偏執的。わたしも植物だらけにしたい気持ちはあるけど世話が大変だから、やれない。

ハル(満島ひかり)にセッ○スを求めるばかりでそれがすむとあとはどうでもよくなるのを隠そうともしない了太の団地の一室も、意外とステキ。

そんなで登場人物の後ろばっかり見ていた笑

タイトルの「カケラ」は、失った身体パーツ–指やおっぱい–という意味合いもあるだろうし、それぞれの完全ではない心の状態を表しているかもしれない。

インテリアも映画中のカケラのひとつ。でもカケラでもいいじゃないか、輝いているならば。人は完全な愛、完全なセックス、完全な関係、完全な身体と、あれこれ求めるけれど、一個でも輝いているならば全部でなくていい。<もともと月は一日以外はぜんぶ欠けている(via:作中)>。

好きだなーーと思ったシーンが、ちょうど宣伝スチールになっていた。ハルがリコのお尻の肉をプニプニ、プニプニとつまんで遊ぶところ。体って面白いなって思った。セッ○スばかりが能じゃないというか。自分も誰かの体のお肉をつまみたくなった!!(^肉^)

+。…☆。+。…☆。+。…☆。+。…☆。+。…☆。+

※当方、こちらの作品世界に無縁な年代ですのでズレた感想かと思われますけどご容赦を……