東京新聞:雲隠れ半月「謝罪遅い」 「はれのひ」社長会見:社会(TOKYO Web)

-なぜ成人式当日に営業できなかったのか。

「前日のぎりぎりまで交渉を続けていたが、着付け費用を支払うめどが立たなかった」

-当日はどこで何をしていたのか。

「知人の家にいた。一生に一度の成人式を台無しにし、取り返しのつかないことをしてしまったという気持ちだった。こうした事態になったのは、全て私に責任がある」

-被害者への言葉は。

「深くおわびを申し上げたい。顧客には着物が届くよういち早く対応したい」

-弁済できる資産は。

「個人の資産は預金が数十万円あるだけで、それ以外はこの一年間で会社に入れてしまった」

感想:この社長が情けないのはもちろんだけど、成人式だけに「はれのひ」が集中しすぎている女性のイベントライフにもモンダイがあると思う。

うちも娘の成人式に晴れ着を購入した。けど、娘にはその後、一回も華やかなことが起きない。(いや、大きな声で言ったら彼女が気を悪くするので、内緒。ここだけの内緒)

「レンタルじゃなくて、いっそ買ってしまいましょうよ。晴れ着を持っていると、お友達の結婚式にも着れるし、お見合いの席でも着れていいですよ」

なんてのせられて、ン十万も払ったけど、その機会が一度もこない。クリーニングや保管の面倒も考えたら、やっぱレンタルの方がよかったわけだけど、レンタル晴れ着の争奪戦はものすごくて、ステキでオシャレなやつから予約されてしまう。百人一首のプロとカルタ取りをしているみたいな惨敗を味わってしまった。

思えば、そんな市場にうっかり参入した、わたしと同年齢のこの社長はかなりのマヌケですね~。

小倉智昭キャスター「成人式で着飾るのをやめたほうがいい」発言の真意は… : みんみん芸速(・ω・)

ナイスな意見。賛成。
今、成人式といったらイコール振り袖。ためしに横浜市、港区、自分の市、隣の市で画像検索したら、振り袖じゃない女性はひとりもいなかった。それもなぜか白いフワフワのを必ず肩にのせている。

これを着るための会、と化しているのが成人式であり、これを着ない(着れない、着たくない)なら成人式は不参加、ということだろう。

小倉さんの意見に加えて、どうしてもと言うなら成人式に振り袖もいいけど、成人式以外にもっとイベントがあったらいいなあと思った。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村click!

なんか企画しますかね。

あと、 港区公式ホームページ/「成人の日記念のつどい」を開催しました 見たら、ドレスの女性もいた模様なり。