先週末は微妙に体が怠かった。

インフルエンザの予防接種は受けているし、風邪も滅多にひかない体質なので、「気のせいかな?」と気にせず出勤していた。

昼休みは休憩室でカップラーメンを食べ、居合わせた犬飼さんと世間話になった。
これといって話題がなかったこともあり、ISISに殺されたパイロットの話題になった。
わたしの家は相変わらずテレビが見れないので、どういう番組が組まれているのか不明だが、犬飼さんの話は詳しかった。

犬飼さん曰く「イスラム教では、火に焼かれて死ぬと体がなくなり行けるはずの天国に行けなくなる。天国には迎えの乗り物に乗って行くのだが、その乗り物も焼かれてしまうので天国に行けなくなる」

といった意味のことを詳細は忘れたが、犬飼さんの持ち味であるねっとりした落ち着いた口調でたんたんと話す。

犬飼さんがイスラム教に詳しいとも思えないので、テレビで誰かが言っていたのだろう。

しかし、ということは、パイロットの内心を想像すると、わたしなどが通りいっぺんに感じていた残酷よりもずっと救いのない恐怖を味わっていた、ということか・・・

寒気がした。本格的に風邪を引いた。

02月07日

その日は結局早退した。遅刻はしても早退などしたことはないのだが・・・

翌日は回復したので、iPadを開いた。(早い)

韓国人「ヨルダン人パイロットがイスラム国に殺害される直前の姿を見て思うこと」(カイカイ通信)

ヨルダン人パイロットのことが、カイカイに出ていた。
「オレンジはごみ箱の色」とか書いている韓国人がいるが、それはガセ?の模様。

パイロットに同情している韓国人たちすら貶している日本人コメントを諌めているコメントが印象的だった。

「お遊びの時間はおしまいだ」 | 酒井啓子 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

次に、酒井氏の記事チェック。これ見ると、あの手段の殺し方は「究極の憎悪の表現」として、過去にも前例があるらしい。読めば読むほどいったい何をやっている奴らなんだと、わたしの理解力を超えすぎていて絶句するのみ。

合わせて前回の記事、人質殺害事件に寄せても読む。

くどい様だがほんとに我が家はテレビが見れないので、そっち界隈がどうなっているのか不明だったが(案外、人命重視で冷静なんじゃないか、とかも思っていた)、テレビはやはり、超絶単細胞の過度な興奮で見当違いな方向に被害を及ぼしている模様。

イスラーム国を含めたさまざまな暴力の被害者である現地のイスラーム教徒の苦しみ」を伝えること、それが後藤さんのやろうとしていたことだろうし、報道もやるべきとの強い訴えだ。

斉藤道三とジョン・マケイン

これはネットサーフィングの途上で見つけてしまったページなのだが、衝撃を受けた。ISISのテロリストが生首5個を前に「おれがやったんだぜ」とばかりの写真。その同じ人物がれっきとした中東の会議?に出席している写真、さらにはアメリカの共和党の大物とともに映っている写真・・・・
生首もびっくり仰天したがそれどころではない。<戦争したい人たち同士でグル>的なことはどこかで読んだが、これは露骨すぎないか?!「(ISISなどに)詳しい人ならとっくに周知なのだろうが」とブログ主は書いていたが、少なくとも酒井氏はそんなことは書いていない。それに、三枚目の写真が同一人物かどうもハッキリしないが・・・・

ちなみにこの下には、全裸女性の首を掻っ切っている写真がのっている。なんでこういうことをするのか? 女の裸と血に興奮しすぎ。しかし、このように「テロの写真を拡散しなけばいいのか?」「見な/見せな ければいいのか?」と言われると、見た方がいいような気もしてくるな・・・・