夢野久作の「森の神」、なにかを連想するミニミニ小説

森の神 森の神様が砂原を旅する人々のために木や竹を生やして真青に繁りました。その真ん中に 清い泉を湧かして渇いた人々に飲ましてやりました。すると大勢の人がやって来て木の下へ家を立て並べて森の周りに柵をして、中へ休みに入る … 続きを読む 夢野久作の「森の神」、なにかを連想するミニミニ小説