先日、大分の両親の元へ行ってきた。
父が喋りたがっているというので、聞きに行ったのだ。

父の話は毎晩3時間くらいに及び、長兄に豆炭の炭鉱で殺されかけた話しに始まり、次男、三男、および三男の結婚相手の弟に殴られた話と、もうどこまでろくな奴のいない家系なんだと、げっそりした。

わたしは長兄がそこまでひどい奴だとは知らなかったので、帰宅後、そいつの写っている写真に向かって「ばかやろーあやまれ」とどやしつけ、指でビンビンと激しくデコピンをしてやった。

ま、そんなことをして何になるって話であるが、せめてそれくらいはやってやろうと考えながらの帰路だったのだ。そんな「伯父さん」でもあと100年くらいしたら「祖霊」に昇格しないでもないだろうが、今の時点では憎しみしかわかない。

その一方、母親の方の熱弁もすごかった。「九条を変えようとしている安倍政権許すまじ!!」「ぜったいに憲法は守る!!」などなど。他にもいろいろ言っていたがその内容よりも、キイキイした声がとてもじゃないが聞くに堪えない。「お前んとこの若いモンにも、今、戦争を止めないと大変なことになるって言ってやるんだよ!!」と、すごい剣幕。

たまりかね「ちょっとトイレ」と立ち上がったきり、隣室でしばらく寝込んでしまった自分だ。

その後、母はさすがに声がでかすぎたと反省したのか、冷静になってくれたのだが。

冷静になった母親が言うに、
「18歳から選挙権もらえるようになったけど、10代の投票率大分は低いんだよ。全国で一番低い。」

なるほど。そういえば18から投票できるようになっていたけど、どれくらいその権利をみんなは行使しているのだろう? と、その場で調べた。

出てきたサイト→ 18-19歳投票率

「え、大分、一番低いわけじゃないよ。一番低いの高知県だよ」

「おや、そうかい? 一番低いと思ったけどねえ。高いのはどこが高いんだい?」

「一番は東京だね」

「ああ…… 二番は?」

「二番は神奈川」

「三番は?」

「三番は愛知、四番は奈良。ふーーん、埼玉は五番目なんだなぁ」

「じゃあ大分は低い方の何番目なんだい?」

「えとね、1,2,3,4…24 24番目だワ!!(やっと数え終わった。ホッ)」

「そう。そんなに上なんだ?」

「うん。けっこう上だね。といっても24番あたりに同列で集中してるけどねえ」

そんなで、「一番低い」という思い込みを打破できたのでよかった。

で、帰宅後に追加で調べると→ データえっせい: 18歳と19歳の投票率

郷里に住民票をおいたままにしている大学生が多いため、投票率に影響してしまう可能性が示唆されていた。

うーんもったいない。けど、投票のために10月22日に郷里に帰るってのは、いかにも現実的ではない。どうしたらいいのだろう?

毎日新聞に書いてあったが、郷里に帰らないでも投票できる。「不在者投票請求書・申請書」というのがあるのだ。例として高知県を挙げてみよう。

不在者投票のための宣誓書・請求書
高知県専用の用紙だ。

高知県が郷里の人は、この用紙をプリントして必要事項を記入し、ここに書いてある住所に送る。すると、投票用紙が届くので、それを持って、自分が現在居住している地域管轄の選挙管理委員会に行く。

問題は選挙管理委員会がどこにあるのかって話だけど、市区町村単位である?ようだ。(もし今、神奈川県に住んでいるならこのどれかに連絡) で、投票は選挙管理委員会に行ってそこで書く(投票用紙が届いても、その場では書かない)。

と、概要はそんな感じか? どの県にも「不在者投票」のページはあるので、まずそれを確認だ。ちなみに、「選挙人名簿に登録されている市区町村」という言い方されているのが、郷里にあたるのだ。あと、今すぐ転出しても、4ヶ月は前の住所の「選挙人名簿」に入っているので注意だ 選挙人名簿 – Wikipedia

そんなこんなで、ぜひ、投票してみてください。


社会・経済 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村