今年の3月16日にオープンしたムーミンバレーパークに、4月1日(月)に行って来た。
いやーー楽しかったなあなんて思って、撮影した写真にちょっとした編集をほどこして遊んだりしていた。(ここ ここ ここ

一応公式ページ( 【公式】ムーミンバレーパーク ムーミン一家と出会えるテーマパーク|metsa(メッツァ) )も見ておこうと確認のため検索していたら、ひどいページをみつけた。「ムーミンバレーパーク」があまりに“がっかり&うんざり”…駅から30分、別料金の嵐」というのだ。

https://biz-journal.jp/2019/04/post_27335.html

書いた人が挙げるうんざりポイントは以下のものだ↓↓

  1. 駅から遠い
  2. クルマのほうがアクセスしやすいかもしれないが、駐車場料金は土日祝で2500円
  3. テーマパークの入場料の他に、施設毎に別料金が取られる
  4. アトラクションショーが物足りない
  5. キャラクターショーはデパートの屋上レベルのショー
  6. ムーミンバレーパークはメッツァヴィレッジを抜けた先にあるため、メッツァに到着してから15分ほど歩かないといけない。
  7. 都心から各最寄り駅までは、西武池袋線の特急号を使っても1時間以上はかかってしまう
  8. 行きも帰りも滞在中も、「埼玉にいる」という現実を実感する

一番腹がたったのが最後の<行きも帰りも滞在中も、「埼玉にいる」という現実を実感する>という箇所。よくもまあ真顔で特定地域を誹謗中傷できたよね。いったいどこに建設すれば北欧の気分が味わえたっていうんですか? フィンランドは国土全体が北緯60度以上ですよ? 関東は北緯35度程度。育つ植物相が全然違うのに、どうやって北欧みたいになるの? 最初から期待しちゃダメなことでしょ? そんなこともわかんない? それとも渋谷や鎌倉やあなたがお住まいのセレブな土地にでもできてたら北欧っぽくなくても文句なかったわけ?

どうしても北欧ぽくしたいなら、少なくとも北海道に作らないとダメだった。
確かに釧路市とかに建設した方が、経済効果も兼ねるし、より北欧ぽくはなり、ムーミンの世界に近づく。
その代わり、1000万都市東京からは遠ざかる。この人のように、飯能のムーミンバレーですら「都心から一時間もかかる」「駅から遠い」と難癖付ける人がいるのに、可能なことだろうか?

都心から20分程度で駅から近い北欧に来たような気分が味わえるムーミンバレーって、どこなの? 代替案だしてから文句いってほしい。絶体無理だろうけど。可能にできるとしたらVRしかないのよ。それじゃ方向性ぜんぜん違ってくるでしょ。

その他の文句、都度都度で金を取られることって、しょうがないじゃない? 駐車料金とか。それでも、一円も払わないで遊べるスペースが、ムーミンパークに入場する前にたくさんとってある。メッツァという。スターバックスもある。わたしはスターバックスはあんまり好きじゃなかったんだけど、飲んでみたら、ここのコーヒー本当に美味しかった。水がいいからだろうか?

あと、キャラクターショーはデパートの屋上レベルのショーって。そんなに本格的なムーミンの舞台劇を見たいなら、東京芸術劇場とか国立芸術劇場とかで12000円くらい払って見なさいな。わたしは子連れじゃないから見なかった。そんなの大の大人が喜ぶものじゃないでしょ。

ビジネスジャーナルさんも、しょうもない難癖記事を載せることは、ビジネスおよび日本経済のためにならないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です