sekaiiti福島の酪農家に降りかかった、災難と言うには余りに過酷な出来事を、前回取り上げた。

その過程で頭に浮かんだのは、「いったい電気と家畜、どっちの方が人類にとって必要不可欠な存在なのか」という疑問だった。

ことに今現在、・脱原発的空気が漂う中、家畜に関わる人だけが取り残されたように引き続き原発への抵抗を強く表明している。

それは、もっとも直接の被害者である動物たちのためにもしなくてはならない事だからだと思う。しかし当方も含めた多くの人々、人間たちは、思ったほどには(即座に直接生死に関わるほどには)原発の被害を受けなかったこともあり、脱原発感覚は後退した。

「いったい電気と家畜、どっちの方が人類にとって必要不可欠な存在なのか」

そんな問い自体、ナンセンスなのかもしれない。が 文明にとって電気ばかりが命の次に大事な位置づけになっているのは変だと思い、NETをうろちょろしてなぜか出会った本がこれ。

わたしはまるっきり記憶になかったけど、発行年2009年のベストセラーでもある。参照

作者のエリカ・アンギャルさんは、8年間ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして活躍

ダイエットときくと、日本の女性はただやせることをイメージしがちですが、本当は違います。ダイエットとは、賢く食べること。何を食べて、何を食べないか。それによってあなたは美しくもなれば、美を害することにもなるのです。世界の美女たちはもう知っています。美しくなるには、しっかり食べなくてはならないことを。そして、始めています。美しくなる食事のとりかたを。

(中略)
化粧品では手に入らない永遠の美を携えて、日本の女性にいきいきと輝いてほしい。そう思ってこの本を書きました。読み終ったあと、何かひとつでも始めてみてくださいね。1カ月後、あなたは自分の美しさに気がつくはずです。

#まえがきより引用

当方、論理的っぽい話しの影響を受けやすいため、読んですぐさま、何を食べ、何を食べないかを実践した。期間は約3週間。全部の実践は無理だったので、菓子のかわりにアーモンドやドライフルーツ。白いパンの代わりにブランフレーク。揚げ物料理の代わりに揚げない料理。さらには、積極的にオリーブオイルをとり、積極的にアボカドを食べ、積極的に魚を食べた。

おかげで一気に食材費が跳ね上がったのには、それだけで冷や汗が出て痩せそうに。笑

たった100円のポテトチップがどんだけ手軽に空腹を癒していたか、思い知った。

この本でもっとも白眼視されている食品が「ソフトクリーム」なんだけど、これも実に手軽な値段で至福のおやつタイムを提供してくれる一品だ。

昔なら、大富豪だって、そうそうソフトクリームほど美味なものは食べられなかったと思う。(わたしはスーパーで買えるやつだとチョコレートアイスクリームバーPARM(パルム)大好物すぎる) いわば現代文明の最大の(とまで言うと大げさ)恩恵。

それを悪者だというのだから、残酷だ。が、食べないで我慢した。不可能に思えたが我慢した。

そのための方法もこの本に書いてあった。

ここさえ押さえれば、読んだも同然の情報POINT☆

食べてから急激に血糖値が上がる食材を「GI値が高い」という。血糖値が急激に上がると、下げようとして大量にインスリンが分泌され血管を痛める。これが老化の原因。また、急激に上がった血糖は、急激に下がり我慢できない空腹感となるなので、GI値の低い食材を選んでいけば激しい空腹感に襲われずにすむのだ。

GI値の一覧はネットでたくさん見れるため、参考にしつつ、食べるものと食べないものを決めて行く。

これ、「低インスリンダイエット」と呼ばれてすでに市民権を得ている模様。

そんなでベースの体重(朝の体重)は4キロは減った。まだ白いもの=白米は食べているので、玄米に変えたらもっと減るかかも。

だからといって「はい、美女になりました」と宣言できるわけではない。が、少なからず成果もあった。今までよく「疲れてる?」と聞かれることがあったのに、めっきり聞かれなくなった。あと、無駄に砂糖を取らないだけで気持ちが安定することに驚いている。高所恐怖症がひどかったのであるが、屋根裏にもヒョイヒョイ上がれ小学生の時以来の身軽さだし、人前でも堂々としていられるし(自分比) 。著者曰く「砂糖は麻薬より怖い」が、大げさではないと思った。

もっとも続くのかどうかが大きなキーなので、後日談は必要だ。しかも著者は「グルテンフリーダイエット」なる本もその後出していて、小麦、ライ麦、大麦全部にダメ出しをしている。いくらなんでも、厳しすぎないか? そこまでいくとカルトじみてくるので、どうなのかなあと不安だ。

そんなで、1年後くらにはまたこの話題を取り上げたい。

やめちゃった場合は、さりげにスルーかも^o^